--スポンサーリンク--

60話の感想やポイントまとめ考察


管理人の九兵衛です(^o^)

今週は喧嘩稼業が休載のため前回のポイントまとめなどしていきます。

60話のポイント

①梶原はもういない
②第三試合以降の針回収は濃厚
③カワタクのジェスチャー
④針は刺さずとも良い
⑤十兵衛の体力
⑥屍は違反にならないのか?
⑦雅夫の死亡を認識した?
⑧金剛は決まったのか?

 

★会場を後にしていた梶原

徳夫が屍を喰らった時点での時系列はハッキリしてませんでしたが、

すでに梶原は会場を後にしていたようですね。

これでは徳夫の解毒がどうなるのか・・。

タンが梶原から解毒方法を聞いていると思うので、

最悪治療はタンや板垣組がする可能性はありそうですね。

 

★屍は今回で最後?

田島が屍針に気がついた様子でしたね。

これで次戦以降の屍の登場はなさそうです。

屍祭りでも面白いと思いますが(笑)

ただ、梶原が吉田に渡した瓶の中身が屍なら工藤が十兵衛戦で使う可能性も?

 

★ジェスチャー自体がサイン

この件は回収済みと思ってましたが、

超驚くとまではいきませんが、地味にそうだったのかと思うポイントです。

「屍発見のサインを決めておこう」的な会話を

十兵衛サイドは梶原戦時点でしてましたが、

『屍が動いてません』のサインだったのは驚きです。

その後に徳夫に近づきからのパフォーマンスなので徳夫も気が付けないですね。

 

★針は刺さる必要がない

これもなるほどという感じでした。

工藤が針刺さっても感覚がないのはおかしいな
(元々その設定でボツになったわけだし)

と思ってましたが、針は突き刺さるまでもなく、

身体に軽く触れる程度でも効果ありのようでしたね。

今回で仕掛けの細かい部分まで判明しました。

 

★十兵衛の体力

何気に屍説明を終えた時点で回復している様子でしたね。

ということは、やっぱりもうひと波乱起きる可能性が高いかなーと。

 

★屍は反則じゃないのか

田島が毒に気がつきましたが、

なんか十兵衛は強い的なニュアンスの発言していますね。

これって毒はOKってことなんでしょうかね。

これがOKなら場外戦もバレなけゃOKって考えになりますよね。

 

★徳夫は雅夫の生死を認識した?

これは曖昧でしたが、十兵衛が教えてあげた感じでしょうか。

これはあまりに偶然な感じしますが、徳夫が何か悟った感じですね。

次回以降の楽しみですね。

 

★金剛は決まった?

これも意図的に描写を分かりにくくしている感じがあるのと、

ストーリー展開的にも、最後のコマにしているあたり、、

決まってない可能性が高いと思われます。

これは次回即分かる可能性が高いでしょう。

---広告---

予想まとめ

次回以降の予想です。

僕の予想は外れまくったので、

前回コメントしてくれた他の方の予想の一部を紹介させて頂きます(^o^)

 

予想①

『徳夫が十兵衛を父親だと思い込む』

↓↓↓

徳夫が覚醒し、十兵衛大苦戦

 

 

予想②

『吉田の持ってる瓶が問題になる』

↓↓↓

梶原はこの騒動をある程度予想して瓶を渡した

 

 

予想③

『金剛にカウンターを決める』

↓↓↓

・徳夫はまだまだ動ける。
・「卑怯者」で心が折れたふりをしている。
・大技の後に隙が生まれるため

 

 

予想④

『金剛はガードするも空いた脇に煉獄初手を入れる』

↓↓↓

・徳夫も煉獄返しで応戦
・体力差があるので煉獄返しは不完全で徳夫の負け

 

 

予想⑤

『金剛⇒煉獄⇒煉獄返し⇒高山で決まる』

↓↓↓

煉獄返しまでは予想④と同じで、最後のトドメが高山。

煉獄返しの予想は「2手先」に合せるカウンター。

 

ざっとこんな感じです。

お知らせ

~喧嘩稼業ニュース~

喧嘩稼業7巻発売決定!

発売日は6月6日(月)Amazonで予約受け付け中!

↓↓↓↓

喧嘩稼業(7) ヤンマガ 木多康昭

 

~関連ニュース~

HUNTERXHUNTER最新刊33巻も発売決定!

発売日は6月3日(金)Amazonで予約受け付け中!

↓↓↓↓

HUNTER×HUNTER 33 冨樫義博 (ジャンプコミックス)

 

漫画全巻買うのに激安でおすすめサイト

↓↓↓


漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!




 

良かったらアンケート協力お願いしますm(__)m



まとめ

大まかに試合の展開だけいえば・・・

 

①金剛でKO決着
②金剛はフェイクで煉獄へ繋ぐ
③金剛決まらず徳夫反撃展開へ
④金剛決まらないが、まだまだ十兵衛の攻め続く(煉獄以外の)

 

展開的にはこの4つのどれかに必ず分岐しますが、、、

個人的には③かなーとは思います。

 

徳夫が金剛を防ぎ、まだ煉獄とかは出ないけど、

徳夫覚醒の流れになるんじゃないかなーと思います。

ちなみに、個人的な要望としては①希望で、早くこの試合は終わって欲しい感じです^^;

--スポンサーリンク--

“60話の感想やポイントまとめ考察” への46件のフィードバック

  1. 名無しんぼ より:

    もう徳夫の勝ちは100%ないですからさっさと次にいって欲しいですけど、煉獄返しのくだりは回収するでしょうね。

    煉獄にはこんな返し技があったのかと一同騒然となるなか、徳夫はそこで毒で力尽きるとか

    • 九兵衛 より:

      名無しんぼさん
      衝撃展開にはしにくい流れですが期待してしまいますね。
      まだまだ何かネタがあると期待したいです。

  2. パルプンテ より:

    更新お疲れさまです。

    私も①希望です。
    はやく文さんの試合が見たい!!!!!!
    のりのりはきちんと解毒して、裏になりきれないちょい裏人間として復活してもらい、まず石橋を秒殺、、なんて胸熱です!

    • 九兵衛 より:

      パルプンテさん
      次の試合も見たいですねー。
      櫻井登場の前に場外戦ありそうな予感がします^^;

  3. 紅頭 より:

    僕の予想を記事で取り上げて頂き光栄の限りです、何にせよ徳夫の覚醒展開は必須だと思います、工藤の時もそうでしたがこのままだと片方の見せ場が少なすぎますからね
    予想も九兵衛さんと同じですかねー、あと高山はやらないかなと思います、この試合は一応審判がいるので絶対に殺す必要はないし(まあ屍使ったりしてますが)何より技の隙が大きいと思うので使わないと思います
    それかもしくはその時に徳夫の反撃(大技の後に隙が生まれる)があるかもしれませんね、工藤と闘うまでは十兵衛に大きな負傷はないと思います、片目失うくらいはしてほしいですけど

    • 九兵衛 より:

      紅頭さん
      こちらこそありがとうございます。
      どうなるでしょうかね~。確かに高山はない気もしますね。
      負傷も試合ではしないけど場外で負うかもしれないですし、なんともですね。

  4. yuko より:

    最近このサイトを見始めましたが、細かいところまで考察されていて、更新を楽しみにしています。
    いつも流し読み程度なので、漠然としか理解出来なかったところも、このサイトを見た後は2度楽しめるという面白さがあります。
    これからも更新を続けてください。

    • 九兵衛 より:

      yukoさん
      コメントありがとうございます。
      そう言って頂けるとはげみになります!
      今後共よろしくお願い致しますm(__)m

  5. cpa より:

    九兵衛様 初めて投稿させていただくcpaと申します!
    いつも楽しく拝見させていたいだいております。

    前回徳夫が発した「卑怯者」とは、雅夫を後ろから刺した自分に
    対する言葉では。。。

    だとすれば、

    • 九兵衛 より:

      cpaさん
      初コメ&いつもありがとうございます。
      何か意味があるかもしれないですね。このまま終わるとも考えにくいですね。

  6. ババ より:

    更新お疲れ様です。
    金剛➡︎カウンター➡︎十兵衛も毒喰らう➡︎二人ともフラフラ➡︎揉み合い➡︎高山‥‥。
    展開の予想って難しいですね。
    でも、煉獄返しの答えは見たいです。
    次回が待ち遠しい!

    • 九兵衛 より:

      ババさん
      予想は難しいですね^^;
      次回が楽しみですね~。まさかの回想かもしれませんがw

  7. たけのこわかめ より:

    初めてコメントします。いつも楽しく見させていただいています。

    私も①希望ですね。
    もう2試合同じように片方が相手を一方的に騙すような展開が続いているので、ここらで本格的な?熟練者同士の試合の駆け引きとかいうのを見てみたいですよ。早く第三試合始まってほしい。

    • 九兵衛 より:

      たけのこわかめさん
      いつもありがとうございます。

      梶原も十兵衛も似たようなタイプですからね~。
      とくに梶原は片手がありませんし、本業は剣技ですし、策士なのは仕方ないところですかね。

      もっというと、文学と櫻井も裏者同士の戦いなので4試合目とか、木多先生がどう描くのか見てみたいですね。

  8. ツンゴ より:

    ①はないでしょう 煉獄返しは必ずある!!
    徳夫が煉獄返しをしてそれを受けて櫻井は文さんの煉獄を返す
    芝原も煉獄を返そうとするが上さんの煉獄はそれより上回って返せない
    っていう大きな流れもあるのかな

    文さんかてるかなあー
    マジ楽しみ

  9. ぽた より:

    やっぱり「煉獄返し」あるんでしょうか?
    理屈だけ言ったら徳夫はどんな攻撃でもカウンターできるので、初手の鉤突きが入らず、煉獄が始まらないんだよなぁ。
    出場者の中では睦夫にいちゃんが大好きなので、早く活躍して欲しいです。やっぱり兄弟対決が見たい。この試合の徳夫はどうしても完全体だと言えない状態でしたし、100%の力が見たいです。
    この試合終了後の屍の扱い(というより「陰」的な戦術についての田島の主催者としての考え)をはっきりさせて欲しいと思います。
    与えられた条件で最善の選択をする十兵衛ツエーはいいとして、屍はやっぱり反則としてはっきりさせて欲しい。今後の試合すべてでイレギュラー要素で決着の可能性ありというのはちょっとなー。
    ズル確定は芝原先生だけで充分かと。

    • 九兵衛 より:

      ぽたさん
      煉獄返しは回収しそうですね。
      芝原が反則なしじゃ強くないって感じありますね。
      薬もですが、裏者としての強さも見せてほしいです。

  10. より:

    徳夫の卑怯者発言には「父さんがいないと動けない」のに父さんがいないことをはっきりさせられてしまったことも含まれると思います。必死に動こうとしているタイミングで動けなくする一言を浴びせる。正面から戦った末での決着すらつけさせてもらえない卑怯。
    ここで金剛を回避なりして反撃すると直前に散々強調した「父さんがいないと動けない」という呪縛をものの数秒で覆すことになってしまうので、まともに食らって終わりだと思います。

  11. 泣くようぐいす より:

    初めて投稿させていただきます。
    毎週の更新楽しみにしています。

    予想②の、吉田に渡した瓶ですが、血清(屍を解毒する)の方では無いでしょうか?

    梶原さんが苦労して作った屍を簡単に手放すとは考えにくいので。

    • 九兵衛 より:

      泣くようぐいすさん
      そのへんも謎のままですからね。確かに血清という可能性もありそうですね。

  12. 774 より:

    すいません、ちょっと質問なのですが、
    『父さんの殺し方は父さんが知っている』ってセリフ、睦夫が言ってますよね
    これって既出情報でしたっけ?
    今回の話しで『あ、電話の主は睦夫だったのか。父を殺すように仕向けたのか』と思っていたのですが、誰も触れていなかったので…

    • 九兵衛 より:

      774さん
      そうだと思います。初めて出たシーンですね。
      ただまだ詳細が断片的すぎて分かりにくいのであまり話題になってないですかね。
      前回のコメントでは何人か触れている人いましたよ。

  13. ろびん より:

    煉獄返しが強引な方法だったら、工藤が参考にしそうですね。大きなダメージも関係なさそうだし。
    そもそも工藤に煉獄は効くんでしょうか?

    • 九兵衛 より:

      ろびんさん
      理論的には工藤が倒れるより先に仕掛ける側がガス欠になりそうですね。
      石橋戦のときのようになるのがベターかなと思います。

  14. 澤ノブモチ より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。

    三試合目、四試合目も楽しみですが、私はあまり皆が注目していないと思われる、後半のブロックの試合が楽しみすぎて、気が遠くなりそうです笑

    芝原は魔人モードに入って上杉の煉獄を捌くのか?
    睦夫は関をどう殺すのか?また、関の大会No.1と言われる身体能力、戦闘力はどう発揮されるのか?
    反町カブトはどちらも負ける予想をしているので、二回戦で三代川vs里見なんてのもアツい…

    なんてコトばかり考えてしまいますので、
    とりあえず早く二試合目は終わってほしいですね笑

    • 九兵衛 より:

      澤ノブモチさん
      いつもありがとうございます。
      確かにそうですよね。3試合目までは補正ありキャラの試合ですので
      本当に意味で誰が勝っても良い試合しかない5~8試合は楽しみですよね。

  15. 怪物を超えた怪物 より:

    更新ありがとうございます。

    煉獄返しの、回収ですが、このトーナメントにおいて、それが可能な選手は煉獄を知っている人に限られるわけですが・・・

    現時点の作中において出場者では徳夫・十兵衛・文学・里見・上杉しかいません。
    (選手以外では、タンとその用心棒らしき男も知っていますが・・あとは、進道塾の内弟子のみですね)

    ストーリー的に矛盾なく、対戦カードの組み合わせを考えると、この試合で徳夫がだして頂くのが一番いいかなと思います。

    これを逃すと、何年先になるかわからない、決勝の文学VS上杉とか、準決勝の里見VS上杉になってしまいそうな・・。

    なので煉獄返しはこの試合で出すと予想をしますので、試合はまだ続くと思います。

    本戦の予想とは関係ありませんが、睦夫の涙が右目のみの涙でした。

    深読みしすぎかもしれませんが、木多先生の伏線かなと・・。

    医学的な意味ではなく、スピリチュアル的な意味合いは、罪悪感とか、自分へのいつわり・・だそうです。

    個人手には文学の試合に早く進んでほしいです。

    • 九兵衛 より:

      怪物を超えた怪物さん
      確かに煉獄返しはここで出したほうが無難ですね。

      >>>医学的な意味ではなく、スピリチュアル的な意味合いは、罪悪感とか、自分へのいつわり・・だそうです。

      そうなんですね~驚きです!

  16. 陣六 より:

    今すぐ入江戦が始まると桜井の謎の回収ができないので、金剛は決まらないんでしょうね。。
    引っ張りつつ書下ろしと間エピソードで桜井とうどんでぃの回収。
    その間に煉獄→煉獄返し→反撃ギリギリ→トラウマ川上のタオル
    で終了かな。
    試合開始前の煉獄の時のコメントを引っ張って、田島がリング調査の為、試合中止→両者回復をまって1回戦最終試合にずらす。という展開も面白い。煉獄返しも生きるし。

    • 九兵衛 より:

      陣六さん
      どうなりますかね~。
      櫻井の話の続きは試合中か試合前に入れてくる気がしますが・・。

  17. にゃんぱすー より:

    各予想の問題点とか考えてみる
    ①金剛でKO
    ・あっさりしすぎな点。
       梶原・工藤戦が14~15話もかけてたのに、
       ここで決着だと開戦から10話もかかってない。主人公なのに。
     ・毒+金剛で決着は梶原戦とほぼ一緒の展開。(ラストが違うが)
     ・伏線の未回収
    徳夫は、煉獄に関する諸々の事前描写があったにもかからず、
       開戦直後の不意打ちで食らっただけ、という結果になる。

    ②金剛はフェイクで煉獄へ
      ・煉獄の後、そのまま決着したら、①と一緒であっさりしすぎている。
      ・金剛フェイク+煉獄決着だとしたら金田戦と終わり方一緒。
     
    ③金剛決まらず、徳夫の反撃展開へ
      ・致死性の毒が入ってる状態でどうやって反撃できるんだ、
       ということへの説明・理由が必要。
       (時間がたっていて、毒性が弱まってた、とかだろうか。)
      ・これ以上のネタの引き出しがあるか?
       (日本拳法の直突や投げ等一通りの強み、
        徳夫の強みは一応既に出した。)

    ④金剛決まらないが、煉獄以外の十兵衛の攻勢が続く
       ・致死性の毒を入れておいて、トドメ以外に、
        これ以上何をする必要があるか。
       ・攻勢の後結局、①~③のどれかになる。

    ①だとあっさりしすぎなので、
    ③のような気がしますが、その反撃内容がイマイチ予想出来ないですね。
    毒が回って死に至るという状態で、これ以上続けても、十兵衛の勝ちが揺らぐような展開にならないかと。
    メタ的な予想として、読者の多くが工藤戦までは十兵衛は負けないだろう、という予想しているなか、これ以上ダラダラ続けても面白くないかもしれない。

    連載長いから忘れがちだけど、決勝戦までその日に行うワンデイトーナメントだったと思うので、主人公サイドの十兵衛が大きな怪我はしない予想です。(次戦の工藤戦はほぼ確定だと思うので。)

      

      

    • 九兵衛 より:

      にゃんぱすーさん
      ありがとうございます!

      この試合が作品的に難しいのは仕方ないですね。
      トーナメントで主人公ってことも加味すれば、やっぱりさすがのクオリティだと思います。

  18. 吉六会 より:

    初コメです
    今回はこのまま決着で
    血清と煉獄の破り方の
    交換じゃないですかね?

    • 九兵衛 より:

      吉六会さん
      それは一番手っ取り早くいいですね~
      ただ、徳夫の煉獄返しってすげーリスキーみたいなので、他の人が使えるものなのかとか謎も多いです。

  19. Ken-G. より:

     
     お久しぶりです!

     相変わらず楽しい喧嘩稼業談義、ありがとうございます。

     さて、吉田が梶原さんから渡された瓶は屍ではなくて、血清かも!?

     そこで吉田は喧嘩商売ならぬ血清商売をおっ初めてドジりそうです。

     佐川の救命 = 試合管理を順調に行いたいタンに法外な金額で売りつけますが、逆に拉致られて板垣組が身代金を請求される・・・。

     “ 板垣組のトップに嫌悪感を抱かせる ” 梶原さんの絵図・・・。

     吉田奪還の段取りの為に集まった組の上層部連中を屍で一掃、とか!?

     勝手に妄想しています( 笑 )。

     梶原さんの “ その後 ” も見たいですネ☆
     

    • 九兵衛 より:

      Ken-G.さん
      コメントありがとうございます。
      吉田に渡したのは屍ではなく、血清では?という意見は多いですね。

      確かにそのほうが辻褄も合うというか、あれだけ苦戦させた交渉の後に、肝心の毒自体を渡すのも不自然ではありますからね。

      梶原は吉田のミスを予言してますから・・。なにかあるとは思います^^;

  20. なるせしど より:

    金剛で決まりだと思います。九兵衛さんと同じでこの試合はもう終わってほしい笑徳夫敗戦は悲しいですが。遥か先の話になるでしょうが陰陽~が終わったら十兵衛とリマッチしてほしいですね。徳夫は過呼吸だし煉獄はおろか反撃も不可能かと。梶原が吉田に渡したブツも何かわかりませんが。梶原がたぶんしくじると言っていたのも気になります。睦夫の動向も気になる。でも早く第三試合みたい。

    • 九兵衛 より:

      なるせしどさん
      ここで終わってくれると良いんですけどね~。実際はそうもいかないと思います^^;

  21. kazz より:

    いつもありがとうございます。

    煉獄返しというか煉獄の回避は金田が無意識ながらやってますよね。

    あの辺だと思うんですよね。

  22. ウステル より:

    はじめまして。
    いつも、楽しく読ませていただいてます。
    今回のポイントは徳夫の言った
    「父さんがいないと、僕は動けない」(確かこんなセリフ)
    のような気がします。
    自分が父さんを殺した事を思い出し
    父さんがいると思い込んで一緒に練習してきた徳夫(思い込んで精神を安定させてた)にとっては、
    父さんがいないと分かった今、精神が崩壊し身体が動けない状態ではないかと。
    従って徳夫の反撃はないんじゃないかなーっと。

  23. ほね より:

    更新お疲れ様です。
    稼業新刊6/6発売ッッ!やったぜ。
    なぜハンターが関連で…www やっぱT樫扱いされてんすねw
    第二試合はこのへんで終わってほしい人が多いんですかね?個人的には終わっても終わらなくても話が面白ければどっちでもいいんですがね。ただ金剛が決まって決着だと、第一試合に比べて話が短いかなと。
    「ボツリヌス毒素は意識と体温に変化を与えない」…のりは意識が冴えている状態なら体フラフラでも十兵衛の金剛にカウンター出せるのかも?

  24. ひろ より:

    更新お疲れ様です。

    「煉獄返し」は多大なダメージを伴うので、もう徳夫の残り体力では無理ではないでしょうか?
    しかもあくまで「脱出不可能」な技から抜け出る為だけであって反撃は出来ない気がします。

    ここで「煉獄返し」を披露すると「煉獄返し返し(笑)」も対策できそうなので、完璧な「煉獄」が打てる上杉均がさらに進化しそうですね。

  25. すすき野原は金の色 より:

    もしかしたら梶原は、工藤側に毒を持たせて、工藤を失格にさせようとしているのかも。梶原は自分が工藤を雇いたいと言っていたし。けどそれだと十兵衛vs工藤がなくなる。うーん。

    徳夫とは関係ないですが、梶原ついでに、やはり木多先生の描写について思い出すことがあります。金剛0式の後に梶原から流れ落ちた汗です。梶原は本当はあそこで泣きたいはずです。強敵に対して、父を破った金剛を決めることができた。しかも富田流の前で。父が果たせなかった、柳剛流の強さを十分に示すことができた。父を思い出す描写も交えて、感無量のはずです。本当は父に、やったな、と誉めてもらいたいはずです。しかし梶原は今はまだ泣くことはできない。試合は終わったと思ってしまっていますが、富田流への復讐は終わっていないから。(そして復讐し得たとしても、父は帰ってこない)
    その梶原の孤独や悲しみを、せめて頬を伝う汗を涙に「見立てて」クローズアップしてあげる、作者の目線の優しさ。
    戦士達の駆け引きも面白いですが、こういう多義的な解釈を1コマに凝縮できる木多先生は、本当に最高の漫画家だと思います。

    徳夫戦の話なのに大きく話がずれてすみません。(しかも長文)
    次回も楽しみです!

コメントを残す

このページの先頭へ