~あらすじ~
佐川徳夫に逆転されて絶対絶命の十兵衛だったが第一試合で梶原の使った屍を再利用し、徳夫に毒を入れた。徳夫は片膝をついて目から血が流れて大ピンチ。

 

喧嘩稼業60話

WS000012

 

田島は大会関係者から試合後の工藤の様態を確認し、

毒を入れられた工藤の経緯や梶原の使った毒について調べていた。

梶原に事情を聞こうにも、梶原はすでに会場を後にしており呼び出すことができない。

どーやって毒を入れたのか考えるも、

同じ板垣組同士なので食事に混ぜたのではないか?

そんな結論で落ち着きそうになった矢先・・

佐川徳夫に異変が起きた!

それを見た田島とアリはリングに毒を仕込んだことに気づいた。

 

~試合へ~

十兵衛「屍とは梶原柳剛流の毒の隠語だ。毒が回って死ぬぞ。無理に動くな」

 

十兵衛は徳夫に屍について語った。

文学が屍を知ってたから気づいたことや

試合前のカワタクのジェスチャーの意味、

コーナーマットに針が刺さっており、

それを身体に刺すために道着を脱がしたかったこと。

本来の計画では煉獄不意打ち後、道着を即脱がして屍で0秒KOの予定だったようだ。

(なんて鬼畜なヤツだw)

---広告---

 

徳夫の身体には毒が回っている

それでも徳夫は立ち上がり戦おうとする

 

徳夫内心(立て、そうだ立てるぞ。俺はそういう鍛錬をしてきた)

十兵衛「今度は負けないようにあの世でパパに日拳を教えなおしてもらえ」

徳夫「何を言っている!?」

十兵衛「お前は死ぬから佐川雅夫と再開できるなと言ってるんだよ」

徳夫内心(嘘を言っていない!? 父さんは? 父さん!!??)

 

徳夫は過去を思い出していた

佐川雅夫は自分が殺害したのか!?

 

徳夫内心(こ、こんなヤツを相手に、動かないと負けるぞ)

睦夫「・・・。徳夫・・。」

徳夫「卑怯者」

十兵衛「超ウケる」

 

WS000016

 

 

 

金剛

 

 

WS000013

 

喧嘩稼業60話 完

次回の掲載予定は26号(5/30発売)の予定です

 

一言

金剛って・・あれ?まさか決まった!?

でもこれ完全に、

第一試合で言うところの「梶原ぁぁぁぁぁぁあああー!!」

のパターンですよね(^^;

雅夫の伏線も一応出てきたし、徳夫の覚醒フラグ立ったか・・。

幻覚父さんの出番なしだったのがちょっと物足りない感じですが。。。

もうひと波乱あるのか、これで終わりか、また先の読めない面白い展開です。

60話の内容に関しても色々言いたいところですが、それはまた来週アップします(__)

 

まだこの試合は終らない可能性が高いだろうということですね。

ただ「卑怯者」と言った時点で終わった感じもあるけど・・。難しいところです。

一応、徳夫のことは睦夫が全て処理する可能性もあるので

十兵衛戦はここで終わる可能性もありそうですが・・。

思ったよりも屍の説明なんかもテンポよく進んでくれて説明回っぽくならず良かったです。

そんな感じで、60話のポイントまとめは、また来週の月曜にアップします!

 

~喧嘩稼業 速報~

喧嘩稼業7巻が6月6日に発売予定です。

Amazonで予約が開始されました。お早めにどうぞ(__)

↓↓↓↓

喧嘩稼業(7) ヤンマガ 木多康昭

 

 

~追伸~

前回の雑記でコメントの反映が遅れてしまいまいましたm(__)m

せっかくコメント入れてくれた方大変申し訳ありませんでした。

 

この記事ではしっかりとすぐに反映&返信できるようにしておきます。。。

また、お気軽に今後の予想や感想などコメントくださいね(^^)

返信できなかったコメントもすべて読ませて頂いておりますm(__)m

 

毎回多くの喧嘩稼業読者さんのコメントを、

僕も参考にさせてもらっているので、

今後とも、よろしくお願い致します。

管理人:九兵衛

---スポンサーリンク---