64話のポイント 名護夕間についての謎(確定あり)


今週は喧嘩稼業が休載です。

なので先週連載された64話のポイントまとめをします。

64話の内容はコチラ喧嘩稼業64話

ポイントまとめ

WS000002

 

64話は増ページということもあり濃い内容でした。

主な内容は以下の通り

①早くも仕掛ける十兵衛
②田島彬の父親が判明
③第三試合開始

 

十兵衛VS工藤はすでに始まっている

 

十兵衛はすでに工藤戦に向けて仕掛けていますね。

今後も十兵衛と工藤の小競り合い?は二回戦が始まるまで続く感じでしょうか。

正直、他のカードと比べて特別見たい試合でもないので十兵衛には大人しくしておいて欲しいですが^^;

刃牙もそうでしたが、トーナメントでは試合じゃないときの主人公は解説に徹するのがベストではないでしょうかね。

やっぱり格闘漫画のトーナメントは主人公がどうしても邪魔なんだよな;;

十兵衛が陰陽優勝しないことだけを祈ります。。。

 

 

田島彬の父親が判明

64話の一番のポイントはここではないでしょうか?

試合が始まったのも楽しみですが、

ストーリー全体ではやはり田島の謎がまだ明らかになっていない部分が多く気になります。

『名護』については、イマイチ誰だが誰なのかとか分からなくなってきました^^;

とりあえず、今まで登場してきた名護を整理してみます。

過去にも一度、名護夕間についての考察記事を書いてます。

詳しくはコチラ⇒名護夕間について考察してみた

 

今回の話で新たに判明した部分が出ましたね。

この時点でのコメント予想では、

①「山本陸=名護夕間」
②櫻井と田島の師匠
③山本陸、川口拳浩、佐川雅夫の師匠

が主でしたが、今話で②と③がほぼ確定しましたね。(田島の師匠かはまだ不明)

逆に「名護夕間=山本陸説」はほぼ否定されました。

---広告---

~以下気になる点をまとめてみた~

★名護夕間(なご ゆうま)

名前は出ているが顔の登場がない。故人(田島の話では)

64話の田島の発言から「山本陸」「川口拳浩」「佐川雅夫」の師匠が名護夕間だったと予想できる。

この3人は空手流派分裂前の同門でもあるので、3人の師匠が名護夕間なのはほぼ確定レベル。

銀座にいたときは唐手を教えており、山本陸、川口拳浩、佐川雅夫らはそこで修行していた。

その後、沖縄に戻り「櫻井裕章」を弟子にした。名護夕間にとって最後の弟子。

櫻井は山本陸、佐川雅夫、川口拳浩の弟弟子ということになる。

 

★梶原VS工藤の最初に出た昔のおっさん

「名護には会ってきた」と発言。下の名前がないので名護夕間と同一人物か不明。

だが時系列的にも、当時(戦後)東京(銀座)におり、その後沖縄へ帰ったとすると辻褄が合う。

戦後直後の唐手マスターだったと仮定すれば、年齢的にも山本陸らの師匠の世代で辻褄が合う。

 

 

★名護御殿手(なご うどぅんてい)

64話で登場した名前。「名護御殿手=13代宗家 櫻井武吉」

つまり櫻井と田島の父親は「名護」の名前がつく?名護は通り名のようなもの?

「名護御殿手=名護夕間」ではない? 御殿手は夕間の息子?

「御殿手はどうなった?」と櫻井が田島に聞いているシーンあり。

つまり櫻井は父親のことは覚えている。(中学以前の記憶はあるため)

話が飛んで、5巻の描き下ろし話の最後で櫻井が納得。

 

WS000003

 

このときに田島が櫻井と兄弟であることを伝えた可能性がある。

「避けれない相手の理由=兄弟だから」

ボクシングの試合で田島の強さを事前に知っていたこともあり喜ぶ。

ただし、このことをトーナメント時点での櫻井が覚えていない可能性あり。

本当に大事なことはメモするとも発言しているので

「田島彬は強い」⇒「田島彬と俺は兄弟」とメモされているかもしれない。

 

ちなみに御殿手は競技自体を指す言葉でもあり、シラットや空手と関係している。

つまり名護御殿手とは名前ではなく「苗字+流派」を意味する『梶原柳剛流』と同じ意味の可能性あり。

となると「名護夕間=櫻井武吉」という可能性もある。

しかし田島の口調からして、櫻井武吉が名護夕間である可能性は低そう?

名護夕間の息子が櫻井武吉だとすると、名護夕間は櫻井と田島の祖父ということになる。

 

まとめ

名護夕間の疑問まとめ

★確定
・名護夕間は山本陸、川口拳浩、佐川雅夫の師匠
・その後沖縄へ帰り、櫻井裕章を弟子に取った。

★疑問
①名護夕間と櫻井武吉の関係
②名護夕間と田島彬の関係

★疑問の予想
①名護夕間の息子が櫻井武吉(名護 御殿手)で、弟子でもある
②田島は名護夕間の孫ということ。

 

名護夕間に関しての謎はこの2つ。田島が櫻井に殺意をもっている理由なども今回の話では気になりましたが、名護夕間が関わっているのかは今のところ不明です。

田島と名護夕間の関係には、名護の弟子でもある山本陸も絡んできそうですね。師匠の孫?もしくは自分から見て弟弟子なので山本陸は田島彬を進道塾へ入れた? つまり山本陸は、田島が名護夕間の弟子、もしくは関係があることは知っていたが、櫻井に関してはまったく知らない。

また櫻井が名護の弟子だった時代はいつ頃なのか?現在の櫻井の記憶に名護夕間はいるのか?田島が里見と一緒に山本陸の組み手の誘われた時点で櫻井はすでに成人していると思います。

 

~田島彬の動き~

空手の親善試合で公式戦デビュー。佐川睦夫を瞬殺。(当時15歳)

↓↓↓

里見と一緒に山本陸の組み手に誘われる(当時15歳or17歳)

発言に矛盾があるため、年齢が正確ではない

↓↓↓↓

田島はこれを理由に進道塾脱退

↓↓↓↓

2年後に山本陸を襲い目を潰す(当時19歳?)

山本陸の発言では19歳だが、田島自身の発言だと17歳(15歳+二年後)

↓↓↓

その直後、日本で入江無一、芝原剛盛を襲う(芝原襲撃は失敗)

↓↓↓

中東の円形闘技場のへ渡り櫻井裕章を倒しに行く

↓↓↓

櫻井はすでにいなかったが、当時まだ子供だったアリと出会い弟子にする

 

~櫻井の動き~

※田島と櫻井の年齢差は3~5歳ほど

中学時代に空手に打ち込んでいる(当時15歳)

現在の櫻井自身の記憶はここまではある

↓↓↓

ここから10年間何をしていたかは不明

櫻井自身の記憶もこれ以降は72時間前のものしかない

予想ではここで沖縄に戻ってきた名護の弟子になる

そのため、現在の櫻井の記憶に名護と修行時代の記憶はない

↓↓↓

円形闘技場へ行き戦い始め、強さを証明して円形闘技場を去る(当時23~25歳)

この時点の時系列は、陰陽トーナメント開催日を現在としたら約11~12年前となる

↓↓↓

アンダーグラウンドに参戦(当時25歳~)

この年齢は櫻井が円形闘技場からすぐにアンダーグラウンドに参加したと仮定した場合。
円形闘技場からアンダーグラウンドの間にも何か別のことをしている可能性あり。

アンダーグラウンド自体も何か大掛かりのことをするために、
世界中から強者集めをする目的があることはザックリ判明している伏線。

この査定のために櫻井が呼ばれた可能性はある。

櫻井が円形闘技場からアンダーグラウンドに移籍した理由に
円形闘技場の指揮を取るマッドホッパーが関わっている可能性大。

↓↓↓

イミとS級戦士対決(年齢不明)

櫻井の戦績はこの時点で20戦目。

試合の組みにくいアンダーグラウンドなので
仮に3ヶ月に1試合ペースだとしても20戦目の時点で5年はかかる計算になる。

しかしイミの戦績が63戦なので、もう少しハイペースで試合しているとも思える。

その後、田島が向かえに来るまでの期間も不明。

↓↓↓

田島とアリが櫻井を向かえに(33~35歳)

時系列的には田島VSウォーカーのボクシング世界戦の前日の出来事。

 

 

現時点ではかなり謎が多いです^^;

応募者全員サービスの別巻ではそのあたりの謎が語られるかも・・。

別巻の内容は、名護夕間が東京で山本陸らを教えていた時代から、沖縄へ帰り櫻井(田島も?)を弟子に取るあたり、櫻井と田島の父親である櫻井武吉も登場するか?名護夕間との関係も明らかに?

そのあたりの謎を描いてくれると読み応えありますねー。

 

第三試合に関して、櫻井の過去の試合(といってもイミ戦だけですが)や、入江の過去に見せた動きなどまとめたかったですが、来週も休載なので、来週アップします。今週は名護の謎についてでした。

 

ブログでは公開できない内容の漫画メルマガやっています。詳細はコチラから

-------スポンサーリンク-------

“64話のポイント 名護夕間についての謎(確定あり)” への17件のフィードバック

  1. とら より:

    名護御殿手は、名護御殿に伝わる武術、または名護流拳法と言う感じだと思いますよ!
    なので櫻井武吉は13代目の継承者になります。

    • 九兵衛 より:

      とらさん
      一応、そういう意味合いで書いたつもりでしたがうまく説明できてませんでした^^;

  2. より:

    管理人様、考察更新お疲れサマです。
    ネタバレ回より何倍も労力と時間を必要としますよね。いつもありがとうございます。私、沖縄で空手をかじってましたので、稼業に沖縄エピソードが出てくると嬉しいです。

    • 九兵衛 より:

      燃さん
      ありがとうございます。そうなんですよね^^; 
      正直、あまりやる意味ないし、実はクレームが多いのです笑
      あまり書きたくないなというのが本音です。

  3. なるせしど より:

    九兵衛さん、工藤のファンなのに十兵衛VS工藤見たくないんですか苦笑。
    僕も悪戯は反対ですがこの戦いは見たいです。
    十兵衛が負けてほしいのは同感です。
    ここで高校2年生?が大人達に勝ったらおかしすぎですもん。

    名護夕間が山本陸、佐川雅夫、川口拳治の師匠の予想は同感ですね。
    そして山本陸はほぼ必ず生きていて陰陽~を見てると思います(櫻井の事は知らないでしょうが)、陸は世界大会に出てくると思います。

    まだ判らない事だらけですが本編、別巻で伏線の紐が全て解ければ(なんんかややこしくて頭痛くなってきた苦笑)

  4. カイ より:

    管理人さん、お疲れ様です。
    いつも更新楽しみにしています。
    櫻井は現在も名護夕間の記憶が残ってると思います。
    5巻冒頭の最格で田島が「名護夕間が死んだのは知っているか」と聞いたときの櫻井の反応をみて(沖縄の記憶は残っているのか)と判断してたので。
    御殿手は琉球王家の長男にのみ継承が許される秘伝と本部以蔵が言ってました。王家云々はわかりませんが一子相伝なのでは?
    名護夕間が死んで櫻井武吉が御殿手を継承、田島は継承権を得るために櫻井裕章を殺したい。(自分のほうが強いことを周知させるために公の場で?)
    というところでしょうか。

  5. 別巻まだかまだか より:

    九兵衛さま。更新ご苦労さまです。

    大変な労力をかけてあるまとめに、まずは咀嚼理解の前にとりいそぎお礼のコメントをば。
    時系列を辿り、台詞を辿りの作業、マジお察しします。なにより、分かりやすく項目立てて下さることがコンテンツとして大変ありがたいのです。
    燃さまも沖縄空手をやられるとのことでコメント欄だから言えますが、名護御殿手が本部御殿手と上原清吉が下敷きだろうことはご承知の事と存じます。塩田剛三先生が散々漫画の題材になったのにくらべ、我々はどの程度の距離感でいたらいいんでしょうか ^^;
    さてさて明日以降、九兵衛さままとめを熟読したいと思っております。

  6. 土下座野郎Aチーム より:

    田島にとって櫻井はただ、その強さを認めているだけの相手だと思っていましたが、まさに、はぁぁぁ!?って感じでした。

    田島彬の「強さ」は、強さにしか興味が無い、勝つことにしか興味が無い、その為だけに蛇のように執拗に、機械のように合理的に行動、思考する精神面にあったと思っていたので、衆前で櫻井を……って言うのは、田島が初めて見せた人間らしさ、それはつまり弱さ、に繋がるのかな、と思いました。

    工藤は現在、「母親」というキーワードでかなり十兵衛に削られてますけど、櫻井との因縁が田島にとってそこまでのウィークポイントに成りうるのか、なったとしてその事を誰が利用するのか、第三試合の結果次第、という所ですかね、取り敢えず。

  7. メシ より:

    俺は避けられない戦い=兄弟だから。ではないと思う。
    そこは佐川エピで十分だろ。
    多分、うどぅんでぃの後継者争いみたいなもんがあり、「名護」も複数人が存在し、一子相伝正統後継者を何年かに一度決めてると思う。

  8. 別巻まだかまだか より:

    名護夕間と櫻井部吉の御殿手継承問題の私の妄想は、沖縄の方には遠慮無く批判して欲しい所ですが、上原清吉氏は名実共に本部御殿本部朝勇氏直系にして本部御殿手宗家としてK-1以前のフルコン雑誌にまで紹介されておりましたが扱いについては朝基氏程では無かった様に記憶しております。くらべて弟の本部朝基氏は勇基氏と糸洲安恒を共に師とするものの首里手那覇手泊手の濃淡が異なり、本土にて唐手王と武勇轟きまさに沖縄糸洲直系の不世出の唐手家と空手雑誌では英雄的な人物です。が、古武術雑誌には本部御殿の人間として御殿手の流れをも汲むと紹介されていました。古武術誌は系譜のゴシップ誌的側面があり本土の門外漢の下衆な勘ぐりで行き詰まるのは、沖縄の方の「御殿手」の名前の重さがはかれないところにあります。名護性が御殿のモノで無い限り、単純に御殿外で御殿手宗家になった上原氏を重ねてしまうのが人情。すると氏素性と武歴は櫻井部吉と朝基氏が逆になように思えるのも先生の情報の出し方に依るので、依然、名護・櫻井に関しては別巻や櫻井・田島の明かされて無いエピソードを待つより他は無さそうです。また、世界編エピこぼれにあった誰が誰かを探している件は陰陽大会後の話なので、謎は残されとしたらなんとなく櫻井がパズルのピースを幾らか出して退場するような気がする現在です。別巻ハガキには作画スタッフ補強木多先生全力サポートが講談社の浮沈の鍵くらいの勢いで送りましたw

  9. 別巻まだかまだか より:

    誤:くらべて弟の本部朝基氏は勇基氏と
    正:くらべて弟の本部朝基氏は朝勇氏と

  10. 別巻まだかまだか より:

    誤解を招かぬよう補足として。自分のやっていた格闘技に継承問題があり、それは名称と誰が継承者として相応しいかという事です。これは分派とは別のお話で呼称使用の権利と継承の正統性といったところです。勿論表に出ない程度の大きさながら、本当に実力のある者と師弟関係の歪み僻み対立には辟易したものです。その点、上記本部御殿手には上原清吉氏は朝勇氏御子息そして最後に朝基氏御子息朝正氏に戻され綺麗に筋が通っており、御殿手に対立構図を作ろうとしたものではありません。昔は外野や媒体の見方に偏りがありそこに琉球に対するものが加わっていた事を高齢の沖縄唐手の方とお話するまで理解しておりませんでしその目は持ち得ないということは弁えております。固くなりましたね ^^; スンマセン
    誰がは分かりませんが「誰を」の所を、単純に最強の者に仮定するのか、何かを知る者と仮定するのかといった所を考えるに、本部御殿は色々な起源を内在してしまったので物語としてこのような使われ方をしているが、それはかつてあった強さの歴史でもあるためということです。蛇足?やっぱ蛇足?(ー ー;)

  11. ほね より:

    なんかすごく色々考えていますね。自分だけじゃわからん事ばかりでした。「喧嘩稼業完全攻略本」的なファンブックが出せそうないきおいですな。
    今さら九兵衛さんの年齢考察を見させてもらいました。櫻井はもっと年くってるかと思ったけど30代なんですね。
    田島はぼちぼち出てますが、彼の喧嘩への執念の根源やら何やらは全然出てきてませんでしたね。やっと櫻井と異母兄弟とかの話が出てきましたけど。話が脱線して田島のバックストーリーが出てくると面白そうですけど、描いてる人の精神状態を考えるとどうかなと。毎週なんて贅沢言わんから隔週ペースでこれからも続いて欲しい。

  12. fe より:

    御殿手はざっくりいうと琉球空手的な感じでは?

    だから櫻井が打ち込んだ空手=御殿手とも考えられそうです。

    もっというと、上原清吉の映像みると御殿手のての動きはシラットに似てます

  13. ほげほげ侍 より:

    更新お疲れ様です!

    これだけ櫻井まわりで謎が多いと、ストーリー的には文さん負け濃厚な気が……

    文さんは、工藤のことが気になりすぎて櫻井に関して調べが弱いような気もします(話せる機会もあったのに情報さぐれなかったし、、)
    文さんが十兵に忠告していた「目先の一勝にこだわれなければ次はない」が、そのまま文さんに当てはまりますね。

    来週の更新も楽しみにしています!

  14. 夢枕獏ファン より:

    更新お疲れ様です!
    こうしてまとめて頂けるとわかりやすいですね!

    個人的には(名護、櫻井)グループと(武吉、田島)グループの対立なのかなぁ〜と、佐川や山本陸を倒したのも名護の教えた唐手を否定する為…みたいに思えました。
    前に書いたかもしれないんですが、衆目の前で櫻井を殺したいっていうのは復讐では無く誰かに見せたい(武吉とか母親?)のが理由かな〜と感じました

  15. 流じゅーざ より:

    御殿手って、範馬勇次郎が愚地独歩戦で使ってましたよね。その際の説明は琉球王家の秘技って話でしたが。
    (´・ω・`)

コメントを残す

このページの先頭へ