--スポンサーリンク--

佐藤十兵衛VS佐川徳夫 試合ポイントまとめ


こんにちは、管理人の九兵衛です。今週も休載週なのでネタ更新です。

今回は十兵衛VS徳夫の試合ポイントを考察していきたいと思います。

 

試合のポイント

①煉獄
②頭脳戦
③日本拳法

 

梶原VS工藤の注目技が『金剛』だったのに対して徳夫戦では『煉獄』が注目技ですね。

徳夫は十兵衛が金田に見せた煉獄をTVで見ておりそれを実践レベルでも使用していました。

 

最終的には自らが使う技ではなく、警戒するべき技だと結論づけていました。

この試合では煉獄がどのタイミングで使われるのか注目です。

富田流の他の技『金剛』『高山』『無極』なんかも使うでしょうからそのへんも注目です。

 

 

頭のキレる両者

WS000005

 

 

十兵衛の頭がキレるのは今までの対戦でも実証していますが

徳夫も天才の異名を持ち頭脳派です。

 

兄弟対決にもっていくために川上にわざと席を外したところも

あっさりと見抜いたり洞察力もあり、カジノのルーレットでディーラーの腕の動きだけで見て

入る番号を全て的中させるほどの動体視力もあります。

 

喧嘩稼業には頭を使うキャラが多いですが

徳夫も梶原や田島と同じように考えて戦うタイプの予感です。

 

 

日本拳法ってどんな格闘技?

WS000006

 

 

一般的に日拳ってどんな格闘技なのかイマイチ浸透していないですよね・・。

僕もよく知らないので少し調べてみました。

 

似たようなところで少林寺拳法や空手、合気道なんかありますが

一番の違いとして防具とグローブを着用するところのようです。

 

空手もフルコンじゃないと防具有りとかあるようですが

日拳は基本的に防具必須な競技のようです。

 

それだけ攻撃力が圧倒的にあるようです。

防具なしでは危ないってことなんでしょうね。

 

パンチ、キックの打撃はもちろん関節技などの極め技も多彩のようです。

倒れた相手を踏みつける技などもあるようです(^^;

 

攻撃力に関しては最強の格闘技のひとつに上げられるも・・・

実際の弱点として言われていることは常に防具をつけての試合しかしないので非常に打たれ弱い選手が多いようです。

 

キックボクシング(k-1)などに日拳の選手が出ても

打たれ弱く顔面の打撃に対応できないパターンが多く簡単にダウンを取られてしまうようです。

打たれ弱いだけでなく、普段は防具をつけているのでディフェンスも苦手です。

佐川徳夫も身体能力や攻撃力は高くても、ディフェンスが苦手だったり打たれ弱いのかもしれないですね。

 

※追記

コメントで日拳経験者さんから指摘頂きました。日拳はディフェンスの技もあるようで

防具してても攻撃をまともに喰らうとかなり痛いようです。

ネットで日拳について調べるとディフェンスの甘さが多く出ますが、経験者曰くそんなことは非経験者しか言わないそうですm(__)m

 

 

日拳は史上最強の格闘技とも呼ばれるだけあって、実践向きらしく軍隊でも習うようです。

というか『軍隊格闘+日拳』ってまさに佐川睦夫じゃないですか!

 

公式戦の試合なんかはユーチューブにたくさんアップされているので興味ある人は見てみてください。僕も一試合見てみましたが、正直ルールもイマイチ分からないので見ても面白くないです(笑)

 

 

まとめ

佐川徳夫は強い!日拳も強い!

十兵衛はしっかりと主人公補正で勝ち上がってくれるでしょう!

他にも兄弟対決や父親の幻覚などの伏線も徳夫にはあるのでそのへんも注目ですね!

 

WS000007

『小細工なしで佐川徳夫を倒してみろよ!クズ野郎!』

by梶原さん

--スポンサーリンク--

29 Responses to “佐藤十兵衛VS佐川徳夫 試合ポイントまとめ”

  1. 紅頭 より:

    最後に梶原さんの台詞を持ってくるのは反則ですよ、梶原お前が言うなというね
    まあそれはさておき(もしあるのなら)徳夫に勝ってもらいたいですね、十兵衛は選手の中では金持ちだわ両親はいるわ頭キレるだわとプラス要素ばっかりだからですかね…十兵衛より負の部分を抱える徳夫に勝ってほしい

    • 九兵衛 より:

      紅頭さん

      梶原さんの発言は名言でしたねw

      確かにトーナメント的にも色々と徳夫を応援したくなる組み合わせですよね^^;

  2. メシ より:

    合気道なんて似てないだろ(笑)型だけの伝統派空手を否定して産まれたのが極真とキック、日拳。稼業はそこらへん名前をもじったくらいにして概ね史実なんよ。脛狙いの柳剛流も本当に存在したからね。

    • 九兵衛 より:

      メシさん

      すみません。さすがにテキトーに書きすぎましたw

      次からは実在する系のネタはもう少しシビアに書きますね^^;

  3. お面ライダー より:

    今週も喧嘩稼業が読めず楽しみの無い1週間となりました。
    日拳の事が書かれていたので私の知る範囲で捕捉として書こうと思います。
    一応、日拳有段者です。
    日拳は様々な流派があり、ルールも多少違いますが基本的に防具の無い部分への攻撃はありません
    なのでローキックが試合ではありません。但しローキックの練習はしました。
    ローキックに対し不慣れであるために異種格闘技戦で脚を狙われると弱いですね。
    特徴的なのは拳を出す時にボクシングの様に腕を回転させず拳を縦のまま突き出す事だと思います。
    この拳は最短距離で対象に当たりますので相手にタイミングを見られにくいという長所があり、当てられた側は殴られたより棒で突かれた感覚に似ています。
    長くなりましたが、また機会があれぱ書き足そうと思います。

    • 九兵衛 より:

      お面ライダーさん

      日拳有段者とは凄いですね!

      他にも日拳経験者さんからご指摘頂きましたm(__)m

      軽くググッた程度のネタではやはり知識が浅すぎてボロが出てしまいますね^^;

      ローキックなしなのも知りませんでした。k-1で通用しないのもそっちの理由のほうが強そうですね。

      ボクサーもほとんどローに対応できないですし。

      各格闘技もどっかでもう一度綺麗にまとめたいところです。。

  4. 餓○伝の梶原 より:

    コメント失礼します。
    日拳経験者としては、ディフェンスに難アリな格闘技というのはちょっと意義ありですねぇ(笑)

    ちゃんとディフェンスの技もあります!喧嘩稼業に出てきてる中だと、徳夫が睦夫のセコンドの蹴りを横に反らせてるアレです!
    後、ネットとかで良く言われてる「防具着けてるから痛さに弱い」「防具着けてるからディフェンスしない」
    コレ絶対やった事ない人ですよ!
    普通に殴られたら痛いですよ(笑)

    喧嘩稼業では是非とも「直突き」だけでなく色んな技を見せてもらいたいです(笑)

    • 九兵衛 より:

      餓○伝の梶原さん

      まさにネットで調べたら『ほぼディフェンスしない』って出てました。しかも複数のサイトで確認できたので鵜呑みにしちゃいました^^;

      菅野に徳夫が絡まれたときはいくつか技使っていましたね。

      一回ユーチューブに出ている日拳の指導ビデオみたいなやつも見てみますm(__)m

  5. 名無し より:

    日拳の直突きは防具してても身体に結構きますよ笑
    自分はみたことないですが失神する人もいたようですし。いわゆる縦拳は横拳よりも体重が乗せやすくて威力が出るんでしょうね。実際に拳立て伏せをやってみるとわかりますよ!
    あと、徳夫は防具なしで練習してると思いますよ。刃牙の日拳キャラもそうでしたし笑

    • 九兵衛 より:

      名無しさん

      直突きはそんな威力あるんですね!

      やはり防具なしのデメリットも対策済みなんでしょうかね。

      刃牙の日拳のやつは完全に花山の噛ませでしたけどね(^^;;

  6. より:

    睦夫(兄)が、何か仕掛けてきそうな気がします。
    果たして、無事(?)に試合は始まるのか?
    来週が待ち遠しいです。

    • 九兵衛 より:

      猫さん

      僕もそんな展開が望ましいですが・・

      ただウォーミングアップしてだだけって展開にもなりそうです。

  7. ド低脳 より:

    アンダーグラウンドの誘いの時、徳夫と文さんの会話で徳夫が文さんの話が嘘だって見破ったのは文さんの仕草を観察して結論を出したから。

    いくら十兵衛とはいえブラフをかますのは難しい。
    でも駆け引きでは十兵衛の方が長けてる。

    父は死んでるって真実の情報で徳夫が同様して負けると予想。

    • 九兵衛 より:

      ド低脳さん

      徳夫もたいして登場回数がないので戦い方とかもイマイチ分かりませんよね。

      日拳ベースで戦うのは間違いないでしょうけど、、、。

      戦略では十兵衛のほうがやや上な感じですね。

  8. メシ より:

    自衛隊の日拳の訓練なんか極真すら驚愕してるよ。技も豊富。完成度は富田流以上

    • 九兵衛 より:

      メシさん

      そうなんですね。めっちゃ格闘技詳しいですね!

      僕はミーハーなんでテレビでやるようなメジャー競技しか分からないです(^^;

  9. お面ライダー より:

    日拳の話で嬉しいです。
    日拳が防御下手なのは認めたくありませんが実際にそうだと思います。
    ただ日拳は対象に最短距離で当てる事を第一にしています。
    日拳同士の試合では相手が攻撃するタイミングが読みづらく防御が間に合わない事も多いです。
    空手のように廻し蹴りなどで回転を加えて攻撃する技が非常に少ないですね。
    またローキックに不慣れである事から異種格闘技戦では防御がザルだと言われるのだと思います。
    ただ日拳は競技人口が少ない事と実戦主義から体重別に別れていません。
    それこそ体重差が倍近くある者との試合もあります。
    小さな選手が一発で大きな選手を打ち負かすのは見ていて気持ち良いですよ。

    • 九兵衛 より:

      お面ライダーさん

      日拳は異種格闘技戦においてはあまり良い結果が出ていないようすね。

      階級がないのも知りませんでした!

      というかそれって競技としてかなり危険じゃないですか(^^;;

      そう考えると防具必須は必然なんでしょうね。

      確かに試合観戦すれば必然的に小さい選手を応援してしまいますね。

  10. お面ライダー より:

    木田先生が骨折してたみたいですね
    暫く休載です。

    • 九兵衛 より:

      >お面ライダーさん

      残念です( ´Д`) 

      Yahooニュースにも載ったらしいですね。。

  11. 宝蔵院 より:

    この試合は
    漫画 「バカボンド」の武蔵VS宝蔵院胤舜 に似た戦いになるのでは?

    ■宝蔵院胤舜(幸夫)
    高名な武道家の家に育ち、
    両親をめぐる悲劇があり、
    生まれもって類まれな才能があり
    その才能を開花させ、大天才となる。
    家柄や強すぎることからライバル不在で挫折の経験がないことが弱点?
    陽気に振舞うが、悲劇を乗り越えて折らず、精神的に未熟さが残る?

    VS
    ■武蔵
    とにかく、超実派。徹底して勝つことにこだわる。
    その執念は異常なほどで卑怯な手も厭わず。
    ライバル達と、命がけの勝負を繰り返して生き残る。
    フィジカルもテクニックも一流。

    バカボンドでの両者は1勝1敗だが果たして。。
    本作では1戦目と2戦目を濃縮した展開では?

    幸夫が内容的に圧倒するも、決着ぎりぎりのところで十兵衛が
    幸夫の精神的な未熟さをついて勝利。

    工藤、石橋、薬を飲んだ金田とフィジカルモンスターとの戦いでは
    目立たないが、十兵衛の技の威力はすごく、
    数少ないクリーンヒットでも幸夫は倒れる、と予想します。
    (日拳は打たれ弱いとのコメントもありますし)

    • 九兵衛 より:

      >宝蔵院さん

      バガボンド初期の頃は忘れてしまいました(^^;;

      試合展開は予想難しいですね。

  12. 紅頭 より:

    木多センセイが骨折したことにより再開は24日から…もう俺はこの先何があっても驚かない(悟りの境地)

  13. 山元池輝 より:

    富田流奥義 無極
    自己暗示術。痛みを和らげる、火事場の馬鹿力を引き出す、気付けに使うなど応用範囲が広く、『怪我をしたと思い込んで本来ないはずの痛みを作りだすこともできる』・・・

  14. バレット より:

    木多先生、また悪い病気が出て来たのかな?
    皆さん「喧嘩商売」の時みたいな「ギャグ編」は要らないと仰ってますが、私は好きでした。
    森本ライアンとか…

  15. バーツ より:

    自衛隊格闘過程修了者です。

    自衛隊で採用するぐらい日本拳法は実戦向きですね。

    他の方も言ってますけど
    直突きだけにあらず、様々な局面で対応できる格闘技です。

    そのため

    佐川兄弟には期待してるんですけどね。
    徳夫は組み合わせで負け確定なので意地を見せて欲しいですね。

    • 九兵衛 より:

      バーツさん

      自衛隊格闘過程修了者とは凄いですね!

      確かに徳夫は勝ち上がれる可能性は低そうですが

      その分兄貴は決勝まで残る説も浮上してますから、、、期待ですね!

  16. XY より:

    私は空手をやっていて、日本拳法はしたことが無いですが、まったく同じような防具を付けたフルコンタクト(組技もあり)をやってたことはあります。
    防具を付けてても痛いと言ってる人がいますが、防具なし時の比ではありません。
    防具はあきらかに「痛くない」ですね。
    防具がないと、打撃が当たる瞬間に力を入れたり、逆に抜いたりする防御と、積極的にフットワークを使って相手の攻撃を成立させない方法が発達しますので、この違いはポイントだと思います。

    ただし、日本拳法に限ったことじゃないですが、格闘技としての日本拳法は、防具云々とは関係ないです。防具があるのはあくまでも試合(ゲーム)の話ですから。
    日本拳法はスポーツ観点では回転力(コンビネーションブロー)に弱さがありますが、実践性はかなり高いと思います。
    実際に人が人を倒すときって、佐々木小次郎の時代から変わってなくて、向かい合って打ち合うことはなく、ほぼ最初の不意打ちで決まりますので。
    一般にスポーツに適する打撃は、コンビネーションブローに有利な「押し込む力」、武術に適する打撃は、つっかえ棒にする「曲げずに固定する力」です。スポーツ空手と古武道空手の違いもそうです。日本拳法は知りませんが、中心から中心の打撃を見ると、つっかえ棒の力をそのまま生かしているように見えます。

    また、空手でも、回転力の高い近代空手をやり始めると、回転力の少ない古武道空手に比べて、不意打ちを意識しなくなります。
    笑えるけどホントの話、頭の中で都合のいい喧嘩を想像するとき、相手から襲い掛かるシチュエーションを考えるようになるんです。電車でDQNが絡んで来たら、とか(笑)。この心構えは、闘争には重要な要素が欠けてると思います。
    スポーツで強いことと、相手を出し抜いて殺せることは、全然違うと思いますよ。

コメントを残す

このページの先頭へ