喧嘩稼業69話ネタバレ感想「守れない約束!?」


ヤンマガ50号に掲載された喧嘩稼業69話の内容になります。ネタバレあるのでまだ見てない人は注意してください。

~あらすじ~
入江文学は、櫻井に煉獄を叩き込み決め技として金的を狙ったが骨掛けを使い回避された。櫻井は龍の構え、入江は虎の構えを見せて戦いは最終局面へ!

 

喧嘩稼業 69話

ws000006

 

アンダーグラウンドで連戦連勝する伝説のS級戦士

それは櫻井の記憶から失われた過去

 

アーサー白田「イミ相手に櫻井は自分から攻撃をしかけなかった」

名無し運営「櫻井がイミを格下とナメていたわけないだろ。”後の先”というらしい。円形闘技場の頃から櫻井の得意とする戦い方なんだよ」

ヨシフ「二人ともユウショウの事をわかっていないな。円形闘技場の頃は主にだったが、ここに来てからは100%だ。もっと単純・・あいつは攻撃の仕方を思い出せないだけだ。」

過去にイミ戦直後、アンダーグラウンド陣営ではそんな会話がされていた。

 

~中略~

 

里見は櫻井の龍の構えについて解説した

掲げた手刀を振り下ろし受けさせ、もう片方の腕でアッパーを狙う

下からは道着を掴み、上からは手刀もしくは鎖骨に肘打ち

膝を使うことなどもあるが当てる部位はともかく上下からの攻撃

さらに里見は入江が屈んだ理由も解説した

下からの攻撃を防ぐことと、上から肘を打たせないため

一打目の手刀に絞り対策があるのだと語る

---広告---

櫻井の手刀は、かつて師に見せられた

八重山の黒島で野牛の頭蓋骨を素手で割ったものだった

かつての櫻井にはできない技だったが今の櫻井には使えることが

櫻井は覚えてはいないが過去に見せている技であるとヨシフの緊張感で分かった

ws000000

 

~回想シーン~

アンダーグラウンドで過去に櫻井がシカップ・ナガを見せたハンデマッチが紹介される

 

ws000001

 

~中略~

 

過去にアンダーグラウンドでは、里見の解説した技を見せていた

対する入江文学も過去に父無一が山本陸対策として用意していた技を見ていた

 

櫻井「俺は記憶障害で72時間後には今の事を忘れている」

文学「・・・・。」

櫻井「この戦いの事もお前の事も忘れている。忘れたくない」

里見「あと半歩で手刀の間合い」

櫻井「忘れたくねーよ」

 

文学から仕掛ける

ダッシュで間を詰めると

櫻井は上げていた右手を振り下ろす

過去の回想シーン通りに文学は”十字受け”で受け止めた

 

ws000002

 

鞘(さや)ごと受け

鞘で刀を制している間に

刀を抜き、刺す

これを富田流では”車(くるま)”と呼ぶ

 

入江無一が山本陸を相手に準備していたのは

左手で相手の右袖を掴み右手を抜いての金剛

金剛の当たるタイミングは

山本陸の反撃が最速としても相打ちにできる

相打ちなら相手を気絶させれる金剛の勝ち

 

だが櫻井の龍の場合、

すでに打つ動作に入っている下方の左がある

この下方があるので金剛を諦め

右腕は頭部の防御に使った。

 

文学は櫻井の左を防いだ

さらに「左鉤突き」を狙い再び煉獄を狙う

文学が鉤突きを放った左を

櫻井は力を受け止めずに僅かに力を加えて進行方向へずらした

 

恐ろしいのは鉤突きが当たらなかった事じゃない

恐ろしいのは避けようのないものを避けた事

恐ろしいのはガードを固められているのにアッパーを振り切って

自分の右側に拳を残した事

 

山本空「合気?形象拳じゃなかったですよね?」

里見「プリサイ・ディリからムルパティ・プティに変わりました」

 

恐ろしいのは状況に応じて

シームレスに流派を変えること

 

五味勘助「これで全系統の拳撃が使えるという事か・・」

 

恐ろしいのは底が見えないこと

 

恐ろしいのは殺されることではない

恐ろしいのは約束を守れない事

 

櫻井「強かった」

 

ws000003

 

田島「完璧と言っていいだろう」

ヨシフ「ユウショウ・・。やはりお前が最強だよ」

 

 

左両前腕骨骨折

入江文学はこの戦い、実質片腕を失った

 

ws000004

 

喧嘩稼業69話 完

次回の掲載予定は1号(12/5発売)です

 

感想

巻頭カラーにふさわしい熱すぎる内容でしたね!

いや~、いろいろと書きたいことはありますが、そんへんいつも通りにまた改めて来週書きます。常に真剣での勝負を想定した戦いをダブらせ、結果的に片腕を無くす・・。

まさに梶原戦の再現でしたね。あのときのような真剣勝負だったら腕を持っていかれていました。

ちょっと、櫻井を強く描きすぎていないでしょうか!?

まだまだ底知れない強さがある様子です(^^;

 

試合は決まったか!?

なんかここからの文さんの逆転劇がありそうで怖いです。。。

さすがに腕を折られたらお終いでしょうかね。

仮に櫻井に勝てても次の試合はさすがに厳しいですよね。

梶原のときは腕を切り落としてお終いにしましたが、今回はどうでしょう。

漫画的には「この戦い、実質片腕を失った」って締め方が逆転の演出に見えてきますね。

 

個人的には櫻井推しなので、このまま決まって欲しいとことです!

ほぼほぼ、櫻井で決まったとは思いますが、

ここから屍バリの逆転劇に文さん派は期待するしかありませんね(^o^)

 

いやー、次回楽しみすぎますね。

次回で年内最後の掲載っぽいので、この試合も切りよく締めてきそうですね。

 

PS

毎度たくさんのコメントありがとうございます。

この記事に限りまして返信コメントは、掲載当日までにコメントして頂いた方のみとなりますのでご理解頂ければと思いますm(_ _)m

 

※追記

69話の動画完成しました(^o^)

喧嘩稼業69話 予告編

 

おまけ

今週の木多先生のコメント

「今更ですが「喧嘩商売」は「剣客商売」をもじったのではありません。必殺シリーズのイメージでつけました。池波正太郎つながりでニアピンではあるのですが。」

マジか!自分も長年、普通に剣客商売のもじりかと勘違いしてました!

 

~喧嘩稼業ニュース~

YouTube動画も一応上げています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです!

※動画編集は勉強中なのでクオリティは低いです笑

喧嘩稼業動画自主制作

 

喧嘩稼業缶バッチ買取しています

喧嘩稼業缶バッチ買取企画

 

陰陽トーナメント一回戦の第四試合~第八試合までのアンケート募集中です

陰陽トーナメント勝敗アンケート募集中

-------スポンサーリンク-------

“喧嘩稼業69話ネタバレ感想「守れない約束!?」” への206件のフィードバック

  1. Noel より:

    最速でのレビューさすがです^^

    熱すぎる展開でしたね。しかしまだ試合は終わらず…。
    ここからの文さんの逆転は考えづらいですが、しかしそれでもあるんでしょうか…。

    大晦日前に決着みたいですが。年越しで数週間おかれるのだけは勘弁です。

    • 九兵衛 より:

      Noelさん
      コメントありがとうございます

      確かに決着がつかないあたり、、、逆転ありそうですよね^^;
      腕折れたのはさすがに厳しいですが、何かネタありそですね。

      去年も年末年始はかなりお休みされていたので今年も期待はできませんね。。。

  2. 赤鯖 より:

    伏線張ってた寝技(極め技)がさく裂ですね
    このまますんなりと終るとは思えないから
    文さんの逆転に期待です

    • 九兵衛 より:

      赤鯖さん
      そうですね。陰陽での極めは工藤の裸締めぶりでしょうか!?
      確かにこのまま終わるとは思えませんが、、、ワンディトーナメントでの骨折なのでどの道先には進めないでしょうか。。。

  3. ハートブレイク より:

    更新お疲れ様です。
    この展開には見事に予想を裏切られました。次回が待ち遠しい。
    文さん勝利で予想してますが片腕を失う等しい状態で五体満足の櫻井に勝てる未来がまったくみえません。
    可能性として煉獄のダメージが残る櫻井が隙をみせて金剛で決める展開ですかね。

    • 九兵衛 より:

      ハートブレイクさん
      コメントありがとうございます

      素晴らしい展開でしたね!
      確かに逆転のビジョンが見えませんが、、、
      個人的には櫻井が記憶障害のことを文さんに暴露したのが引っかかりましたね。

      もし逆転あるとすると、十兵衛的な戦い方になる気がします。

  4. コヨコヨ より:

    工藤勝利は予想通りでしたが梶原さんの善戦は予想外ですし、十兵衛の主人公補正はあるにしても主人公が出場者最弱ってのも斬新ですし、ここで文さんが負けるようなことになったら…もう陰陽トーナメントの展開はまったく想像だにつかないことになりそうで、楽しみであり不安な気持ちが大きいです(笑)

    木多先生におもしろい漫画を描く才能を与えてしまった神様は有能なのか、はたまた無能なのか…トーナメント終わるのに何年かかるかが最大の不安です…。

    僕は文さんにお父さんとの約束果たしてほしいのですが…結構絶望的ですかね…

    • 九兵衛 より:

      コヨコヨさん
      梶原も徳夫もよく見せてはくれましたね。
      本当にいつになったら終わるのか先は見えませんね笑
      この試合の勝敗は分かりませんが、明らかに次戦に響く大怪我をしたことで勝っても負けても展開がまた読めなくなりましたね^^;

  5. あきチビ より:

    巻頭カラーって楽しみにしてたのですが、表紙だけなのですね!?
    内容も文さん派の僕としてはガッカリでした。
    ウ~ン、逆転ありますかねェ?
    せめて櫻井のもう一方の耳も聞こえなくするくらいかも!? (泣

    • 九兵衛 より:

      あきチビさん
      コメントありがとうございます

      そうなんですよね。巻頭カラーといっても表紙だけです笑
      雑誌内で人気の漫画しかセンターカラー、巻頭カラーにはなりませんので、なるだけでも素晴らしいです!

      逆転、、、普通に考えれば仕込みとかないと厳しいとは思いますが・・。十兵衛ちゃんに託すしかないですかねorz

  6. 上さん より:

    いつもありがとうございます!
    面白すぎますね、この漫画。
    次は3週間後でしょうか?
    待ちきれないですね!
    文さんが左腕を負傷したのは梶原さんを彷彿させます。
    梶原さんの、足で両腕ロックからの金剛1万発を再現して勝ってほしい、ですが厳しすぎますね。
    決着にならなかったので何かしらあるのかもしれませんが、
    徳夫も何かあるのでは?と思わせて特になかったのでこの試合もこのまま決着かもしれませんね!

    • 九兵衛 より:

      上さんさん
      コメントありがとうございます

      今週は先週と比べても展開もよく、煽りも伏線も効いてて最高に面白かったですね!

      梶原は決まったと思わせてからの逆転負け、徳夫はまだ何かあると思わせてからのあっさり負け

      この試合はどうなるでしょうかね。場外乱闘もそろそろ有りでしょうか。。。。

  7. 銀隆山 より:

    更新お疲れ様です。
    九兵衛様と同じく櫻井推しの私も嬉しい展開でした。
    そう言えば冒頭でヨシフが「櫻井の後の先は円形闘技場では主だったが、アングラに来てからは100%だ」ど語っていたのが気になりました。
    つまり円形闘技場では記憶があったんですかね?
    あの櫻井から記憶が奪った男なんてヤバすぎます。
    大方、九兵衛様が予想したあの顔のわからない海外の強者か、大穴で山本陸のどちらかなと思います。

    • 九兵衛 より:

      銀隆山さん
      コメントありがとうございます
      僕も同じくその辺り気になりましたね。
      記憶を失った時期や、きっかけなどはまだいっさい不明ですからね。
      記憶障害を負うほどのダメージやショックを与えれたと相手とすると、その辺りか、田島と同じ父親なんかも怪しいですね。

      名護空手の謎もまだまだ判明されていませんし、伏線の回収も今後楽しみですね~

  8. おいどん より:

    更新お疲れ様です!!

    銀河の歴史がまた1ページで、クスッときたのに、読後はショックでショックで・・・
    まだ分かりませんが、文さんが仮に勝ったとしても、煉獄、高山、締め技多数が使えなくなるので厳しいですね
    もう一人の主人公のようなキャラなので、勝ってはほしいのですが・・・

    • 九兵衛 より:

      おいどんさん
      コメントありがとうございます

      ちょっと展開的に厳しそうですね。負けたとしてもまだまだ活躍できる場所はあります!

  9. マントヒヒ より:

    早朝からお疲れ様です。
    九兵衛様お忘れではないでしょうか?
    大技の後に隙ができる事を…。
    その隙をついての金剛で勝利(であって欲しい)ぐらいしか道はないと思います…。
    カワタク早くタオルなげて降参してくれ!
    文さんを死なせないでくれ!
    たのむ!

    • 九兵衛 より:

      マントヒヒさん
      コメントありがとうございます

      ありましたね笑 腕折られましたが、、、片手で使える技は星の数ほどあるのでまだまだ分かりませんか・・。

      文さん死亡はさすがに悲しい展開すぎますね。。。

  10. 入江数学 より:

    更新、ありがとうございます。
    展開が熱すぎて、ページをめくる手が震えました。

    図式として、文さんには想定外で、櫻井には想定内と言ったとこでしょうか。
    櫻井はまだまだ底が見えず、ちょっと信じられないぐらい強いです。

    通常の流れでいうと、この左腕骨折を無極で補いつつ金剛になりそうですが、
    木多先生のことですので、この流れは通らないと思います。

    一つ気になったのですが、
    櫻井が「強かった」と終わりを匂わせた割には、文さんの脳天に肘を落とさなかったことです。
    櫻井にとって戦いの終わりとは“死”なので、「なぜだ?」と考えました。
    3週後が待ち遠しいです。

    追記:
    トーナメント序盤なのに、こんな内容が濃すぎで、試合前から関修一郎が覚醒すると思います。

    • 九兵衛 より:

      入江数学さん
      コメントありがとうございます
      もうひと波乱起きそうですね。
      たしかに櫻井が仕留めにこなかったのが気になりますね。

  11. 別巻まだかまだか より:

    九兵衛さま。更新ご苦労さまです。

    濃い、濃いです。龍虎で待たされた甲斐がありました。
    互いの戦術が互いの回想シーンで。櫻井は読者には新技でありながらそれに至る過去が紹介され、文さんは陸・無一が持つ因縁からのアプローチ。対峙した形で、お互いにどういう攻防かが判ってしまっている。
    旧来の武術家・剣術家の決闘の感です。一瞬の交差に命と人生が懸かっている。自分には、無一・隼人戦、文学・修人戦とはちょっと違った、これまでの喧嘩商売稼業に無い風味だと思いました。ちょっと感動すらしましたよ。(T ^ T)
    ほとんど完璧に近い格闘技術と試合内容。己が障害のために記憶に消えるだろう文学に対して敬意を持ち、己の情感を初めて露わにし”強い”と認めた櫻井(と九兵衛様)に言いたい事があります。

    「片手で戦える技なんて、星の数ほどあるわ!!」

    P.S. 黒島は人より牛が多くのんびりしたところ。「観光するところ無いでしょ〜 。でも、いいとこだよ〜。港まで送るよ〜。」トラック荷台に載っけてくれたお兄さんがまるで太陽のような人で。牛殺し、ダメ、絶対。
    その2 「剣客商売」から来てないなんて、嘘でしょ〜w

    • 別巻まだかまだか より:

      語り甲斐のある回でしたね。九兵衛さんの考察回にまたコメントしますね。今日はこれにて失礼します。

      • 九兵衛 より:

        別巻まだかまだかさん
        コメントありがとうございます

        かなり練られているなーという印象ですね。
        考察のしがいがある終わり方です^^

        黒島って実在する場所だったんですねー!野牛を一撃で仕留める櫻井のお師様も気になりますね。

        たしかに今更ながら剣客商売じゃないっては無理がありますねw

  12. 極悪とんぼ より:

    まいどお疲れ様です。
    缶バッジ応募しとけばよかった
    (九兵衛さん買取抜きで。
    最後の書き方、文さんの勝利を示唆するものであってほしいけど。
    とりあえずこの試合だけでも年内決着お願いします。

    • 九兵衛 より:

      極悪とんぼさん
      コメントありがとうございます

      自分もコミックまとめ買いして缶バッチ応募しておけばよかったと後悔しました笑

  13. kazz より:

    早くにありがとうございます。
    僕には桜井の油断を感じたんですよね。無極で右拳、若しくは左肘で金剛。次を棄権。ベタの極みですみません。

    • 九兵衛 より:

      kazzさん
      コメントありがとうございます
      いずれにしても無極はポイントになりそうですね!次回が楽しみすぎます!

  14. nかつ より:

    更新お疲れ様です^_^

    文さん派の私としては非常にまずい展開になりました
    骨折したのでもし勝っても次戦からは無理でしょうね
    あとはできるとすればダブルノックアウトぐらいか
    一つ嬉しかったというか「この戦い」と書いてあったので、死亡はないかなーと思えた点でした
    年内最後だし次週で決着つきそうですね

    • 九兵衛 より:

      nかつさん
      コメントありがとうございます
      逆転のポイントとしては、無極と使う技ですか・・。
      文さんは隠している必殺技とかはもうなさそうなので、今の状態で使える一撃となるとやはり金剛でしょうかね。

      この戦いでも何度も金剛すかしてますが、当たれば決まるという点では金剛で逆転はありますね。

  15. グローバルホーク より:

    櫻井強過ぎますね 流石にこの展開は読めませんでした 文さんは勝っても負けてももう辛いことになるでしょう あとは双方の思いが全く違いますが悲しい 文さんは約束が守れないこと 櫻井はこの記憶を忘れたくないのに忘れてしまうこと 個人的に当初は熱い勝負を考えてましだが悲しい結末になりそうで カワタクのタオルもありえるかもしれないです

    • 九兵衛 より:

      グローバルホークさん
      まったく読めない展開でしたね。
      正直、次回の展開もまったく読めませんが、、、この試合の勝敗に関してはまだ文さんが勝てる可能性もあるように思えます。

  16. ぶんぶん より:

    更新お疲れ様です。

    文さん派なので、文さん贔屓な予想ですが、
    締め技で櫻井を殺して勝ち、文さんもリタイアするパターンかと思います。

    田島との因縁に関しては、櫻井を殺した文さんに興味を持ち田島から仕掛けるとか、世界戦まに繋げるとか、十兵衛に託すとか、、あんまり読めませんが、、

    • 九兵衛 より:

      ぶんぶんさん
      コメントありがとうございます
      ここで勝っても負けても文さんの今後はどうなるのか気になりますね。
      死亡説もありますが、なんとなく櫻井に殺害される可能性は低くなった気がします。

  17. 砂糖十兵衛 より:

    更新お疲れ様です。
    いつも楽しみに見ております。初コメント失礼します!
    櫻井強すぎです。
    文さん勝ってほしい。金田戦の超人薬もらっててダメージ回復からのフルボッコ希望で。お体に気をつけて頑張ってください。

    • 九兵衛 より:

      砂糖十兵衛さん
      初コメントありがとうございます

      ちゃんと十兵衛が薬奪えていればあり得る展開でしたね^^;

  18. かいこ より:

    このトーナメントで最強の一端がわかると田島が言っていました。田島自身の結論としては、流派のシームレス化ってことになってそうですね。圧倒的ですが文さんにここから巻き返してほしいです。
    腕を折られたってことで思い付くのが、無極の痛いの痛いのとんでけですが、ここまでパッキリやられると流石にきついですかね……。

    • 九兵衛 より:

      かいこさん
      他の方も上げていますが、やはり無極がどこまで使えるのかがポイントになりそうですね。

  19. より:

    銀河最速の更新お疲れ様です。
     文さん折られちゃいましたね。さすが強すぎです。
     でもさすがに櫻井も左腕の攻撃はこれで油断しますね。
     無極を使えば一時的に肘の打撃とかも左腕でできそうですね。致命的(絶命的)なダメージではない事がポイントなのでしょうか?ハイすいません。文さん寄りな思考は自覚しております。 
     今年は稼業の事を思案しながらの年越しになりそうですね(笑)

    • 九兵衛 より:

      燃さん
      コメントありがとうございます
      展開的にはまだまだ逆転しそうな感じはありますけどね。
      リアルな戦いとすれば、ちょっとここからの逆転には無理ありますね。
      まぁ工藤もそんな展開からの逆転劇でしたが^^;

      喧嘩稼業のことを思いの年越し何よりです!

  20. マルクス より:

    更新お疲れ様です

    文さん追い詰められてますね…
    折れたの前腕だけなんで隙をついて金剛0式で逆転勝利…しないかなぁ
    文さん!勝ってくれ~

    • 九兵衛 より:

      マルクスさん
      通常折れた腕は戦いで邪魔にしかなりませんが、、、無極きますかね。

  21. 和製イーサン より:

    田島に「完璧と言っていいだろう」と言わせたまま終わるのはあまりに悔しいですね。
    勝てる見込みはなくなりましたが、最後に一矢報いて欲しいです。

    • 九兵衛 より:

      和製イーサンさん
      たしかに田島が完全に櫻井勝って当たり前って感じですよね。
      どう展開するのか・・・・。

  22. 紅頭 より:

    櫻井が強すぎてもう…嬉しい限りです(アンダーグラウンドでは圧倒的な強さというより機転を働かせて泥臭く勝つイメージだったので)
    忘れたくねーよという台詞にはなんとも言えない切なさが込められていてイミを殺した時と同じような物悲しさを感じました、どんな誓いも忘れてしまう、そのことを櫻井自体も歯がゆく思っているのではないかなんて思いました
    さて、肝心の試合の方ですが櫻井の左が邪魔だったとはいえ、最後まで文さんは煉獄に縛られていましたね、これって同じく宿敵の流派の技である金剛を必殺にした梶原とダブります、片腕が使えなくなったというのも梶原と同じですし
    ただ決定的に違うのは梶原は手首がないだけで左で肘打ちやら防御をできますが文さんはもはや左では何もできないってことですね、終盤の金田みたいなものでしょうか、工藤の例もあるので逆転がありそうで怖いですが次週は櫻井のシラットで決着、もしくは無一のように死んでほしくないと思うカワタクがタオルを投入するのではないかと思います、文さんの逆転方法については考察回までに考えておくということで(小声)
    あとなんかヨシフの冷徹さと冷静さを伴いながらの櫻井の強さへの絶対的な信頼がだんだん好きになってきました、実は頭が切れるというのも評価が高いです、とにかく熱かった

    • 九兵衛 より:

      紅頭さん
      コメントありがとうございます
      櫻井強すぎますね。漫画としての描き方もさすがの一言でした。
      お互いの過去の回想と重ねる感じ、コミックスで一気見したらまた別の見方ができそうです。

      自分も考察回までに何か考えておかなければ!笑
      たしかにヨシフが男前に見えてきました。。。

  23. うぐいす より:

    更新お疲れ様です。
    いくらなんでも櫻井強すぎでは?笑 というのが第一の感想でした。
    登場人物の誰も櫻井に勝てるビジョンが見えない…
    文さん派で文さん勝ってほしいと思っているのですがさすがに厳しいかな…

    もし櫻井が勝ったら、『入江文学は強い』ってあのメモ帳に書く気がしますね。
    あの忘れたくない、はある種の愛の告白なのではないかと。
    なんでこのタイミングでわざわざカミングアウト?と訝るかたが多いと思うのですが、僕は、
    全てを忘れてしまう過去も未来もない櫻井が、過去の記憶が原動力になっている文さんに想いを吐露する、
    櫻井の哀しさが現れた良いシーンだったと感じました。

    • 九兵衛 より:

      うぐいすさん
      コメントありがとうございます
      本当に櫻井の圧倒的な強さが目立ちますね。
      櫻井が記憶障害のことを伝えたシーンは演出としても良かったですし、同時に弱点を晒した伏線にも思えましたね。

  24. 梶原十字軍 より:

    更新お疲れ様です。
    折れた腕は無極です、無極で演技してるだけですから(震え声)

    櫻井が忘れたくないって言ってる辺りイミなんかより強いって評価をしてるんでしょうねとびきり最上級の賛辞かと。

    片腕折られて耳は千切られてもう本当にどうなるんでしょうねこれ
    櫻井も棄権しろとかカワタクにタオル投入を促したりして死ぬには惜しいとか言ってやめさせようとしたり試合後に「入江文学は強い」ってメモを書き足すって展開は予想は出来そうなので

    既に秘密裏に櫻井のメモに文さんを次に進ませると約束しているとか書いてある…とかでもないと次はなさそうです。

    この戦いで頑なに無極を使わないのにも何かしらの作戦でもあるのかなとは思いますがそれがキッカケで勝ってくれるのを祈ってます、

    • 九兵衛 より:

      梶原十字軍さん
      コメントありがとうございます

      耳ももってかれてますし、文さんは鼓膜破りと煉獄決めたくらいで差が大きい感じですね。。。
      初のタオル投入という展開もありそうですかね。

  25. Kamikawa より:

    更新お疲れ様です!
    今週は展開の盛り上がりとしては梶原工藤戦でいう金剛0式を当てたあたり、
    まさにクライマックスの場面になりましたね。

    ここから逆転があるかもしれませんが、櫻井が梶原さんみたいに油断する場面が全く想像できませんね。

    文さんはもう1人の主人公みたいなポジションでしたが、
    「師匠が負けて弟子に後を託す」というのは格闘漫画の王道パターンでもあるので文さんが負ける可能性も十分にありますね。

    • 九兵衛 より:

      Kamikawaさん
      コメントありがとうございます

      逆転するとすれば桜井の油断をつく感じでしょうかね。
      櫻井も腕を折ったので油断はしている?

      十兵衛に託す展開になると、十兵衛がユウショウ倒して優勝フラグが一気に立ちますね^^;

  26. モーリー より:

    櫻井勝利であって欲しい。だが、文さんの逆転勝ちがありえそう。今までの試合は逆転勝ちばっかりだから。

  27. 栗中華 より:

    更新お疲れさまです。

    他の方のコメントで書かれてる様にこの先文さんの逆転勝利があったとしてもこの大会ではもう戦えなそうですね。

    しかし田島が的にしていた櫻井を破った事で今度は文さんが田島の的になるかもしれません。

    • 九兵衛 より:

      栗中華さん
      コメントありがとうございます
      狙う構図的には田島⇒櫻井、文学⇒田島ですが、櫻井に勝てれば当然変わりますよね。

  28. かしはら より:

    お疲れさまです!

    両前腕だとブラーン状態だし、無極使ってもこの後は苦しすぎますね。とりあえず言いたいのは「文さん、技のレパートリー少なすぎ!」

    櫻井は文さんの頭部か頸部に打ち込むこともできた気がしますが、あえて腕を折るだけにとどめて降参しろという流れなのか、即追い打ち攻撃で文さん再起不能の完全ノックアウトか・・・。いずれにせよここからの反撃はさすがに想像がつきません。

    • 九兵衛 より:

      かしはらさん
      確かに技のレパートリー少ないですね^^;
      櫻井は状況に応じて流派シフトするわけですからね。もはや最強といっていい相手なんじゃないでしょうかね。

  29. 774 より:

    正直、文学がここで負けてくれると、『田島に殺されそうで怖い』って商売時代からの不安がなくなるからホッとする

    でも文学に勝ってほしいなぁ…
    つか、このままだと文さんに見せ場がなさすぎる。鼓膜破りもあんまダメージなかったし、耳を犠牲にしての煉獄も中途半端に終わっちゃったし

    ただ勝ったとしても次戦えなさそうだし、やっぱ櫻井勝ちから十兵衛対櫻井で師匠越えに挑むって展開のがイメージしやすい…

    • 九兵衛 より:

      774さん
      櫻井に殺されるよりかは、ここで素直に負けたほうがいいですよね。
      櫻井VS十兵衛が見えてきた感じしますねー

  30. 名無し より:

    喧嘩稼業は面白いですね! 
    文さん負けて欲しくないですね。
    自分、キックボクシングかじってるんで、次の川口対金劉山が、早く見たいです❗金劉山が、勝つ気がしますが(^_^;)

    • 九兵衛 より:

      名無しさん
      次の試合も楽しみですね~
      良かったらアンケート回答もお願いします(^o^)

      • 名無し より:

        勝敗アンケート回答しておきました!初コメントでどうやったら良いか分かりませんでした(^_^;)
        次回更新楽しみにしております(^o^)

        • 九兵衛 より:

          名無しさん
          回答ありがとうございました!投票してもらえると現在の投票総数が確認できます。なかなかの接戦になっていますよ。

  31. 岩間好一 より:

    初コメントさせていただきます

    自分は文さんに勝ってもらいたい派なのでこの展開はすごく悲しいです

    負けるにしても桜井戦を通して田島をビビらせて欲しかったですね

    文さんが十兵衛に託す展開になってしまったら自分的にはスゴくしらけます

    • 九兵衛 より:

      岩間好一さん
      初コメントありがとうございます

      今のところまともな攻撃は煉獄くらいですからね。
      櫻井もですが、田島からすれば文さんは想定内の実力って感じでしょうかね。
      十兵衛は櫻井以上に負ける可能性のないキャラなので確かに櫻井と戦っても勝敗は見えているので面白くはない感じですね。

  32. U1 より:

    読み終わったときは「無極使え無極ぅー!!!」と十兵衛セコンド時の文さんばりに叫びたかった。

    文さんの腕が折られる前の構えが、ヒジとヒザで頭を挟んでるように見えて、文さんが死ぬかと本気で思ってしまった。

    • 九兵衛 より:

      u1さん
      コメントありがとうございます
      無極使うでしょうね笑
      確かにあのシーンは頭イカれると思いましたね^^;

  33. まじかるだいちゅ より:

    これで文さんはこの大会では完全に煉獄を使えなくなってしまいましたね…

  34. 鮭森 より:

    更新お疲れ様です!(^-^)/

    櫻井推しの私にとっても神展開です!
    最後の実質…ってところが気になり
    予想しにくくなっていますね!
    にしても櫻井は底が見えなさ過ぎて恐怖を覚えますね!

    • 九兵衛 より:

      鮭森さん
      コメントありがとうございます

      読めない展開で良かったですね~。
      逆転パターンはまだあるといえばあるので櫻井派も安心できません^^;

  35. わっさん より:

    自分は文さん派ですが、さすが厳しいですね、、、
    片手で出来る技は星の数ほどあるそうなので(笑)
    希望は捨てていませんが、、、
    死ぬことよりも約束が守れないことが恐ろしいのなら、
    負けるにしても、タオル投入で生き延びて欲しいです。
    死んだら約束守れないですから。

    だいたい、上杉と一戦交えた夜に、
    勝手に殴り込んできた相手に復習するのに、
    真面目にトーナメントを勝ち上がる義理は無いんですよ。
    トーナメント優勝者との試合のあとにボコボコにしてやれ!

    • 九兵衛 より:

      わっさんさん
      文さん派的にはかなり厳しい展開でしたね。
      田島の末路はどうなるのか・・。というか、田島の実力も未だに未知数ですよね。

  36. ひろ より:

    更新お疲れ様です。

    恐ろしい展開になってきましたねぇ。

    自分も逆転するなら「無極」からの「金剛」だと思いますが、敢えて再度折れた左腕を差し出してからの「無極(ブラフ込みの痛み緩和)」右腕「金剛」と想像します(笑)

    このまま櫻井が勝ったら優勝街道まっしぐらですね!

    • 九兵衛 より:

      ひろさん
      まだ無極を見せていないのは不気味ですよね。
      梶原のフリも効いてますし、逆転しそうですね。
      櫻井は順調にいけば十兵衛に負けそうで怖いですね^^;

  37. パルプンテ より:

    更新お疲れ様です。

    あーーこてんぱんだーー!
    無極からの左肘金剛につなげる道が見えれば、、見えないなー、、、
    祝!櫻井勝利(T_T)

    しかし面白い!
    もうちょい掲載頻度あげてくれればなー、、、

    • 九兵衛 より:

      パルプンテさん
      コメントありがとうございます
      連載頻度、、、たしかにもう少し上げてほしいですね^^;

  38. ウルトラセブン より:

    いつも史上最速の更新、ありがとうございます。

    「この戦い」っていう表現が「次はある」という風にとれますよね。
    皆さん同様、無極からの逆転金剛があるのかなとも思います。

    それより、今回の回想シーンで、僕の中では最強であって欲しい入江無一の技ですら、櫻井には通用しないってところがショックでした。

    強すぎます…

    「忘れたくねーよ」感動しました。

    • 九兵衛 より:

      ウルトラセブンさん
      そこなんですよね。まだ続きがあるように思わせる表現が気になります。。。
      ここまでクールに描かれていた櫻井だけに感動できましたね!

  39. 子羊犬 より:

    先号の時点では腕を絡め取られて関節外されるも無極で痛みを堪えて関節入れ直して逆襲と予想してたんですが、打撃で橈骨、尺骨共にボッキリだと左は拳も握れませんね
    ただ実質片腕を失ったということは、それ以外のところはまだ失っていないということ
    ただこれ以上戦ると文さんの死亡確率が極大化しそうなのが怖いです

    • 九兵衛 より:

      子羊犬さん
      たしかに左腕以外はまだ使えすから逆転はあり得ますが、普通の戦いなら骨折すれば終わりですからね。
      漫画とはいえ、最低限の理屈を入れてこないと補正感が強くなってしまうのでネタは用意していると思いますね。

  40. 裏よみ より:

    女や子供なら、のくだりが違和感(要らないのに、ひっそり入れた感)。
    何かに繋がるのでは?

  41. くろ より:

    更新お疲れ様です
    そして文さん・・・( ;∀;)
    【悲報】櫻井がいくら何でも強すぎな件

    引きを見るにまだ終了では無い雰囲気ですが
    どの道2回戦は無理でしょうし
    文さんは諦めなくてもカワタクがタオル投入して終了の可能性が有りますね

    • 九兵衛 より:

      くろさん
      コメントありがとうございます

      タオル投入パターンは一度は見たいですよね。
      同じく死亡試合も見てみたいですが、文さんには生きて欲しいですね。

  42. 悪徳スチュワーデス より:

    更新のお疲れ様です。徳夫の例もあるので、ここで終わるかもしれないし、工藤の例からすれば逆転の可能性もあり得ますね。文さんの執念からしたら、片腕失ってでも何かしら繰り出すような気がしますが…。

    • 九兵衛 より:

      悪徳スチュワーデスさん
      コメントありがとうございます

      キャラ的な立ち位置からすれば、文さんは工藤寄りですからね。逆転しそうでしそうで、、、櫻井派の自分的には嫌な雰囲気はありますね。。。

  43. 中国嫁 より:

    九兵衛様
    今回も更新の力業、お疲れ様です。連綿と綴られる熱いコメントを見ても人生に力をくれているサイトだと感じてます。もちろん、私にとってもです。ありがとうございました。

    文学は「約束を果たせないことは、死よりも恐ろしい」と厳しく心に期し、櫻井は死闘の最中に、文学の命を惜しむ心を技とつぶやきで体現しました。「死」に対する両者の姿勢が対比されましたが、第3戦はどちらかが死ぬまで終われないと思います。今回、死に対し、文学(と田島?)のように冷厳になりきれない櫻井が究極、敗れると予想します。

    というわけで、文学はあきらめず、無極を用いて、逆転の金剛を狙うと思います。そのためには櫻井に近づく必要があり、文学は櫻井を言葉で挑発すると思います。そこで櫻井が記憶をなくしていることが効いてくると予想します。櫻井の心理のどこを突くか、ポイントですね。十兵衛バリの裏読みと分析を期待してます。

    しかし、予想が当たると年内決着はほぼ絶対、絶望的です(泣)。

    最後に動画の方の試みもぜひ、頑張ってください。今後ともよろしくお願いいたします。

    • 九兵衛 より:

      中国嫁さん
      コメントありがとうございます
      お褒めの言葉、励みになります。重ね重ね感謝です。。。

      なるほど。ここで櫻井か入江のどちらかを死亡させてしまうとなると、、、先の展開も考えるとちょっと惜しい気がしますが・・。
      動画のほうは喧嘩稼業以外にも格闘技情報などもできればと考えています(^o^)よかったらちょくちょくチェックしてくださいませ!

  44. けーすけ より:

    更新お疲れ様です。

    今週気になった点としては、、、
    櫻井が記憶障害だってことを文さんにカミングアウトしちゃった部分です。
    そこを起点に文さんが何かしかけるのではないか。
    その辺の揺さぶりは十兵衛のほう強そうですが笑

    • 九兵衛 より:

      けーすけさん
      コメントありがとうございます

      そこは自分も気になりましたね。ヨシフも油断してそうですし・・。

  45. どどりあ より:

    櫻井は文さんの頭部ではなく片腕に攻撃を行い、これで決着と判断した。
    文さんを強いと認めながらも、甘く見て、殺すまでしなくても終わる相手と油断を見せています。
    片腕を折られた状態からの逆転は田島―無一を想起させます。
    片腕を折られながらも文さんは逆転することで、田島からの評価を得るのでは。
    この状態からの逆転が、梶原さんや田島―無一、死線を越えていないことへの文さんなりの決着として必要と思います。

    • 九兵衛 より:

      どどりあさん
      少し櫻井の甘さみたいのが見えてきた感もありますかね。
      とはいえ、文さんの攻撃も普通に通じる相手ではないので・・・。
      普通に逆転はできなそうですね。

  46. より:

    更新お疲れ様です!

    ヤバいですね…さすがに厳しいか。

    でも虎で構えた時に手元を隠してましたが、
    vs石橋戦のように折れた意識の無極だった…って訳にいかないかな。
    (まぁ腕の絵が曲がってますもんね汗)

    あーなんとか文さんに勝ってほしいなぁ。

    • 九兵衛 より:

      やさん
      コメントありがとうございます
      腕は実際に折れているでしょうね。。。逆転パターンはあるといえばあると思います。。。

  47. ケニアの十兵衛 より:

    ケニアから見てます。ヤンマガ手にとれないのでこのサイトに大変お世話になってます。櫻井と文さんでここまで差があるのはすこし悲しいです。ところで、九兵衛さんも見てると言った僕たちがやりましいたも熱いですね。パイセンどうなってるんだろう。。

    • 九兵衛 より:

      ケニアの十兵衛さん
      コメントありがとうございます

      遠い地域からチェックして頂いているとは嬉しい限りです!
      最近、ヤンマガは喧嘩稼業の掲載回しかみないので「ぼくたちがやりました」も久しく見ていませんね笑

  48. ッッッッッ!! より:

    ここから逆転があるとすれば、
    折れた腕での絞め技か、
    肉をつきやぶらせて折れた骨で刺すとか、、、決着につながる展開じゃないかな?

    いずれにしても、梶原さんとお揃い展開からの片腕展開がいいですねー。
    そのまま戦い続けるから、片腕はダメになりそう。

    梶原さんとお揃いになるから、片腕同士の決闘フラグの展開になれば個人的にはいろいろつながって面白いですね。

    • 九兵衛 より:

      ッッッッッ!!さん
      腕が今後一生使えなくなる展開は梶原とダブリ面白いですよね。
      しかも梶原は手首から先の欠損ですが、文さんは腕全部って感じですからね。

  49. 園長 より:

    ここまで来た以上、個人的には文さんに無極を使って見事に逆転して貰いたいところですが…。
    櫻井の記憶障害の情報が遂に富田流陣営に伝わったという事が、残念ですが文さんの敗北フラグの様な気がしてなりません…。
    文さんに伝わったという事は当然十兵衛にも伝わる訳で、十兵衛が櫻井を倒す為の情報として使われるような気がします。
    「後の先を取らせている限り櫻井は無敵だ。だが自分から攻めなければならない状況を与えてやった時、隙が生まれる」
    とかなんとかで。十兵衛がどんな小細工を使ってそんな状況を作るのかは分かりませんが。(笑)

    • 九兵衛 より:

      園長さん
      なんか櫻井と十兵衛が戦う展開も見えてきましたね。そうなれば十兵衛は実質無敵なので勝てるでしょうけど^^;

  50. オムデミ より:

    この展開は…

    文さん奇跡の逆転からの、後藤先生大活躍か!?

    折れた腕を固定して薬で痛みを消す…

    おそらくは交渉は十兵衛の役目

    後藤先生の裏にいるのは末期癌の狸じじい

    交換条件に何を求めるのか

    なーんつって、まったく予測できません。この漫画面白すぎ

    • 九兵衛 より:

      オムミデさん
      展開が読めませんね~。
      後藤の薬があれば何とかなりそうですが・・。

  51. 名無しさん より:

    試合よりも、素手で野牛の頭蓋を一撃粉砕する櫻井の師匠がヤバすぎる。さらっと過去の回想で出てるけど、灰色熊を倒すのと同レベルかそれ以上としか思えない強さだと思う。

    • 九兵衛 より:

      名無しさん

      確かに気になります。おそらく名護夕間か桜井と田島の父親でしょうかね。この先も出てきそうです。。

  52. Ken-G. より:

     
     コメントした方々が仰る通り、文さんはまだ無極を使っていません。

     それから左腕を失う位の覚悟はあるでしょう。→ 折れた骨直刺しも有るかと思います。

     左腕をエサに右金剛狙い、ではなくてリアルにグロ凶器化した左腕、その為の無極・・・。

     工藤の右パンチのブラフ深読みでモロに食らった梶原さんを思い出しました。

     ・・・或いは文さん、タオル負け【 爆 】!
     

    • 九兵衛 より:

      Ken-G.さん
      無極は使うでしょうね。櫻井に関してはまだ弱い部分は見えていないのが恐ろしいところです。最後の最後に弱さを見せて終わるのか・・。

  53. A24 より:

    今回の話を読んで某格闘漫画を思い出しました
    ネタバレになるので詳細は伏せますが、普通なら絞め技を使えない体勢だが、折れた腕を利用することで絞め技にもっていくというものでした

    無極を使うというのは読者の想定の範囲内なので、折れた腕を使ってほしいなあーと思います。

    この試合の文さんはダメダメなところがいくつかあったので、最後にあっと言わせる大逆転を期待したいです

    (そういえば文さんの耳たぶって今どこにあるんだろ?)

    • 九兵衛 より:

      A24さん
      確かにダメダメな部分が目立ちましたね。櫻井は完璧な内容で弱さも見せていない感じです。
      逆転シナリオだとすればネタはあるでしょうね。

  54. グロリアス より:

    九兵衛さん
    更新お疲れさまです。
    いつも鋭い考察を楽しみに拝見させていただいています。
    文さん派にはホントに憂鬱な月曜日でした…。確かに金剛の未使用ですが、
    櫻井の公開処刑で文さん敗北&瀕死

    記憶の弱点を十兵衛に伝ねば

    無極で最後の力を振り絞り櫻井の弱点と対策を伝える

    力尽き死亡…
    などは如何でしょうか?金剛と記憶ネタバラしの伏線も上手く回収できるのでは?全く望ましくない展開ですが。

    • 九兵衛 より:

      グロリアスさん
      コメントありがとうございます

      面白い展開ですね!記憶のことは試合中に叫べばモニター越しで見ているほかの選手にも伝えれるかもしれませんね。

      個人的には文さんには負けて欲しいですが、死んで欲しくありませんね。(矛盾する想いがある)

  55. はるの より:

    工藤戦後の十兵衛の目標が師匠の無念を晴らすために打倒櫻井,打倒田島って感じになるのでしょうか。信頼している師匠がダークホースに倒されて主人公が新たな目標を見つけるって木多さん好みの王道な感じがします。

    • 九兵衛 より:

      はるのさん
      それが一番ベタな流れですよね。十兵衛は工藤戦後の目標がありませんが、櫻井が勝ち上がれば、櫻井が準決勝で、決勝は上杉、芝原、睦夫、里見あたりはストーリー的にも繋がりますね。

  56. めさど より:

    更新お疲れ様です!

    腕が折れた状態での第2試合以降を考えると、文さんの勝ちは無さそうですね。

    櫻井のエピソードを第2試合でも補足して、3試合目で出しきりつつの十兵衛が勝ち、田島との因縁が生まれる、というのが私の予想です。

    と書きつつ、これで文さんが勝ったらますますこのマンガに惚れてしまいます。 

    面白過ぎ!! 

    • 九兵衛 より:

      めさどさん
      コメントありがとうございます

      先まで考えると腕が折れたのは痛いですよね。
      ここで櫻井が勝てば、一気に十兵衛の優勝が見えてきますね!

  57. 陣六 より:

    桜井の台詞的にはもう決着なんですが、アオリ文からするとまだありそうですよね。
    敗北なら文学に絶叫させないと思います。

    それと、金田戦で十兵衛に「タオルは持っていかねーぞ」とかいってた文学なのでカワタクにもタオル渡してないでしょう。カワタクのタオルは無いかと。
    あるいはタオルを探すカワタクを涙で止める十兵衛とか。

    ううん。。。折れた腕を口に押し込んで暗行で決めですかね。

    • 九兵衛 より:

      陣六さん
      まだ続きそうです。次回決着になりそうですかね。
      たしかにタオルは持っていなそうですが、ヨシフはどうでしょう・・。意外と櫻井側のタオルはありそうです。

  58. オリオン より:

    更新お疲れ様です。

    櫻井裕章、ほんとに底が知れませんね。文さんも致命的な一撃を負ってしまいました。
    でも気になるのが、「恐ろしくないのは…」のくだりで最初は裕章の超人的な強さに対して恐れているけれど、最後に「恐ろしいのは約束を守れないこと」とあるあたりですね。無一の無念を晴らすためには四肢を失ってもかまわないという文さんの底知れぬ執念がうかがえます。
    最強が目標の櫻井裕章か、約束を果たすことが目標の文さんか、果たして・・・

    どんな決着になるんでしょうねぇ。自分が考えているのは、
    ・文さんが十兵衛にも教えていないオリジナルの煉獄・富田流の新技を決める
    ・裕章が失明、腱断裂などの後遺症が残るほどの一撃を喰らう直前にヨシフがタオルを投げる
    ・上記2つをあわせて、相打ちで文さんの技が届かず気絶するけどそれの直前にヨシフがタオルを投げており文さんの勝ち
    といったところですね。文さん勝ってくれ!

    • 九兵衛 より:

      オリオンさん
      コメントありがとうございます

      ダブルノックアウトってパターンもありそうですか。
      今週紹介されていた形だと金剛が当たれば文さんの勝ちですね。

  59. 八兵衛 より:

    普通に見たら逆転は厳しく見えるけど、作者の書き方が〝この戦い〟と書いてる所が気になりますね。
    〝この戦い〟と書かなくても成立する文章なのにわざわざ書くという事はまだ〝この戦い〟が終わってないという事。
    そして文さんが約束を守れない事が恐ろしいと書かれてる所から、細かい予想はできませんが文さんが〝この戦い〟には全てを出し尽くして勝つけど文さんのこのトーナメントは〝この戦い〟で終わると思います!

    • 九兵衛 より:

      八兵衛さん
      この戦いの勝敗は見えませんが、勝ち進みのは櫻井なのかなとも思います。
      腕が折れている状態で金隆山や川口を相手にするのはさすがに厳しいですよね。。。

  60. 木多ファン より:

    はじめまして、九兵衛様。
    いつも読ませて頂いています。
    文さんが櫻井にここまで手が出ないのはショックでした。イヤーカップによる鼓膜破りが展開に活かされていないのが気になっています。
    あまり想像したくないですが、タオル投入も試合終了合図が櫻井聞こえず、文さん死亡してしまうのではと考えています。

    • 九兵衛 より:

      木多ファンさん
      コメントありがとうございます
      タオル投入や、どちらか死亡するという予想は多いですね。
      次回の決着に期待です!

  61. 入江文(いりえあや) より:

    久兵衛さま

    初コメです、いつも楽しく拝見させてもらってます

    今週は決着と思っていたので、まさかまさかの文さん絶望パターンで、さすが木多先生、個人的には相当盛り上がってます〜

    今後の展開ですが、片腕を失ったということで、梶原さんの勝ちパターンが文さんに乗り移るとみました、ズバリ、決着は文さんの右肘撃ちの金剛ゼロ式と見ましたがいかがでしょうか?

    いずれにせよ年内決着希望です、休載週はこのサイトが楽しみなので、掲載のない週も是非是非更新よろしくお願いいたします。

    • 九兵衛 より:

      入江文(いりえあや)さん
      コメントありがとうございます

      梶原戦の流れは続いていますので、梶原が決めれなかった欠損した右での零式金剛は有り得そうですね!

      サイト更新の方も頑張っていきます。今後共よろしくお願いします。

      ちなみに、連載がないであろう年末時期は、ようやく日本の格闘技も元気を取り戻しつつあるので、そのへんの紹介ができればと思っております(^o^)

  62. ほね より:

    更新お疲れ様です。ほねです。
    櫻井強すぎで文さんの勝つ姿がみえん。また文さん逆転とかあったら熱いんですが。ぬおお。コメ量もやべえぜ!
    youtubeの奴見ました。シュタゲもあったんすねww見ました。

    • 九兵衛 より:

      ほねさん
      コメントありがとうございます
      おかげさまで今週も多くのコメントとなりました(^o^)

      シュタゲ面白いですよね。YouTube動画はゲームも混じってしまっています。今後は稼業ネタか格闘技のみの予定です。

  63. むるぱてぃ より:

    山本陸が煉獄を開発したのは、師匠である名護の「後の先」の技術を超えるためだったのではないか?と考えています。
    人間の反射や防御技術の裏をかき防御不能の連打を繰り出す、というのは対後の先の完成形とも見て取れます。
    実際文さんの煉獄は唯一櫻井の受けの技術が追いつかず、膝を付かせるほどのダメージを与えることに成功しています。
    山本陸は最強の格闘家とメディアからもてはやされパフォーマンスで熊を倒していたりしましたが、やっぱり師匠の技術を超えることは頭の中でずーっとあったのではないかな・・・と思ったり。
    で、対名護の煉獄を開発、適当にその辺で喧嘩を売ってきたアゴ氏で実験(笑)
    そう考えると上杉は裁きの技術があり煉獄は複数の手からスタートできるので、櫻井に結構肉薄できるのではないかなーと思います。
    田島とアリは山本陸は櫻井のことを知らないと断言していますけどね笑

    • 九兵衛 より:

      むるぱてぃさん
      名護夕間、山本陸、佐川一家、川口一家、田島彬、櫻井裕章、このあたりは因縁深いですし、自分も煉獄のルーツはほぼほぼそんな感じだと思いますね。

      そのあたりの人間関係の謎など、詳しくは別巻で判明されるのかなーとは思います。

  64. 解散!解散! より:

    文さん死亡説にまた上乗せが・・・
    次回公開処刑かな

  65. 大魔王 より:

    はじめてコメントさせていただきます。
    いつも楽しみに見させていただいてます。
    今回の骨折は間違いなく文学勝利&十兵衛優勝フラグだと思っております。
    無極により、十兵衛工藤戦のように折れた左腕からの予想外な攻撃がくりだされ、その攻撃をエサにした右腕からの金剛が必ず櫻井の胸部にヒットし文学は勝利します!
    しかし次戦以降が片腕では厳しいので、富田流の想いを十兵衛に託し、工藤を倒した十兵衛と次にあたる相手にハンデを負わせるような戦いを捨て身でするのだと思います。
    こうして入江親子としてではなく、富田流として田島へとたどり着くのだと確信しました。
    頑張れ文さん!

    • 九兵衛 より:

      大魔王さん
      初コメント&いつもありがとうございます

      当初からの予定だとそのシナリオが一番ベターですよね。十兵衛優勝はさすがにネットが荒れそうですが^^;苦

  66. 夢枕獏ファン より:

    更新お疲れ様です!
    今回も興奮しました!
    うーん、櫻井の記憶って強い者と戦うと戻るんですかね?
    今回読んでみてなんとなくそう感じました。

    文さん勝って欲しいけどここから逆転は厳しいかなぁ(>人<;)
    櫻井がライオン倒した時と同じポーズをとって終わってるから背中に十兵衛ばりの足金剛入れちゃいましょう!

    • 九兵衛 より:

      夢枕獏ファンさん
      どうでしょうかね。。。記憶がなくなった原因とかそもそも謎ですしそのへんは今後また明かされそうです。

      逆転できるでしょうかね・・・。自分は櫻井推しですが、シナリオ的には文さんが勝つ可能性のがまだまだ高いと不安です^^;

  67. わん兵衛 より:

    最終局面に来て、あれ?
    と思える様な櫻井の甘さが見えている気がします
    これまでは完璧な詰将棋だったのですが、対戦相手の文学に感情移入しているところから、殺さずに終わらせたいとも思える心理描写を感じます(櫻井にも弱点が必要です)
    イミ戦では冷徹に命を奪った櫻井が頭ではなく腕を折りに行ったのに違和感を感じます
    文さんがつけ入れるとすればその一点かも知れませんね
    もしくはそれ自体が十兵衛戦への布石なのかも知れませんが
    しかし櫻井ならそれすら完封しそうで怖い・・
    とにかくこれほど先の読めない漫画は初めてです
    漫勉に出てくれないかなー

    • 九兵衛 より:

      わん兵衛さん
      確かに弱点らしい弱点のない櫻井が今週見せた一面は弱さにも見えましたね。

      もはや技術的には太刀打ちできない相手だと思うので、、、策士としての文さんの出番でしょうかね。。。

  68. βios より:

    桜井強すぎる!
    里見はなんでも知りすぎ!
    里見好きなんで強キャラ感でていい!

    肝心の試合は文さん超不利になったって感じですね。
    ただ最後に「この」戦い実質‥‥ってあるのでまだわかりませんね。
    無極と金剛でなんとかなる展開ではありますし!

    • 九兵衛 より:

      βiosさん
      櫻井強すぎましたね。ただまだ逆転は有り得そうですね。次回楽しみすぎます!

  69. 子羊犬 より:

    次号は文さんの脳内イメージで無一が呼び掛ける声

    無一:文ちゃん….文ちゃん…
    もういいよ
    休んでまた鍛え直して出直そう

    文さん:父さん ごめん

    そんな文さんの背後から梶原さんの声が

    梶原:入江 お前はこんなもんなのか?
    俺は片腕だって戦えるってことを見せただろう?
    (工藤のオオカミ的な…)

    からの文さん覚醒

    なんて予想してみましたが…
    でも打つ手が思いつきませんσ(^_^;)

    • 九兵衛 より:

      子羊犬さん
      面白いです!なんかありそうな展開ですね。特に梶原さんの亡霊登場は木多先生が好きそうな展開ですね!

  70. おざ より:

    文さん負けて、自殺パターン来たら僕はこの漫画を読むのをやめます
    商売からあれだけひっぱってきて負けるのはなぁ
    負けても十兵衛に託すのが微レ存!?
    文さんがんばれぇぇ!!

  71. W.AXL.ROSE より:

    管理人様お疲れ様です。ヤンマガ見るまでが待ちきれないのでいつも最速ネタバレに感謝してます。管理人様始め多くの方が考察されている通り、櫻井の前向性健忘症カミングアウトは文学梶原戦をなぞっているなら間違いなく使われそうですね。しかもヨシフが弱い女子供だったらどうする的なセリフで伏線を張っているし…

    その辺は次回の考察で掘り下げるんでしょうから楽しみにしています。

    • 九兵衛 より:

      W.AXL.ROSEさん
      いつもありがとうございます

      記憶に触れたのは確かに気になりますね。次回まとめてアップしますね!

  72. うぐいす より:

    文さんが死亡or瀕死の重症を負って、工藤のメンタルを追い詰めていたはずの十兵衛が逆に追い詰められる…
    みたいな展開はベタすぎですかね?笑

  73. 櫻井 より:

    はじめまして。いつも楽しみに観ています。
    このマンガは[喧嘩]とうたっているだけに、現実の格闘技とは勝敗の行方が違うように感じています。
    喧嘩での勝利に必要なのは、勝利へのモチベーションではないでしょうか?なぜ勝たなければならないのか?勝たなければならない理由の強いほうが勝つ・・・(梶原は文さんに負けた時点で理由が弱くなっている)

    記憶は勝利へのモチベーションとなります。記憶なき櫻井よりも、記憶を抱えて戦う文さんのほうが、喧嘩稼業の舞台では勝利する可能性が高いと思われます。

    • 九兵衛 より:

      櫻井さん
      いつもありがとうございます

      なるほど。確かに喧嘩をテーマにしているので他の格闘漫画とは別の面白さがありますね。

  74. 裏ちゃん より:

    お初です。よろしくお願いします。
    自分的には99.9%、ほぼ櫻井の勝ちかと・・・。
    文さんの敗北、非常に残念ですが、田島にも感謝され、櫻井にも「強かった。」と豪語されているので、文さんの強さは十分に証明されたと思います。
    また、櫻井がトドメを刺さなかったのは、刺す必要がなかったからだと思います。往生際の悪い文さんは、最後の悪足掻きをすることは櫻井にとっても想定内で、次の一撃でトドメを刺す準備は当然しているはずです。
    なので、次の回は、文さん最後の悪あがき→櫻井トドメ→タオル投入→寸でのところで櫻井寸止め→ゴング→文さん号泣 という流れしか想像できません。
    そして、このトーナメントの優勝者は、ほぼ十兵衛で間違いないかと思います。なんせ、主人公ですから。
    このトーナメントで勝ち上がるのに重要なのは、いかにダメージを局限して勝ち上がるかなので、そういった戦い方をしているのは今のところ十兵衛だけです。十兵衛と田島は戦い方が似ていますしね。

    • 九兵衛 より:

      裏ちゃんさん
      コメントありがとうございます

      確かに普通の戦いだと99%決まりなんですけどね・・。ただ主人公師匠など元々の補正もあるキャラだけに、まだまだ分かりませんね。。。

  75. えいじ より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    いつもはコメントを読むだけでしたが、今回はあまりに面白かったので初コメントさせて頂きました。

    文さん押しの私の予想としては残念ながら文さん敗北…だと思いました。カワタクタオルもありかと思いますが、もう一波乱はあると思いますが結局力及ばず…かなと。
    ただ、上の他の人も書かれていましたが、愛弟子十兵衛に文さんのバトンは引き渡されると感じます。
    最も恐ろしいのは約束を守れないこと、その父との約束が潰えて絶望のどん底にいる文さんに十兵衛が「文さんの約束は俺が引き継ぐ。文さんの約束は俺が守る」…と言った感動の流れが見えます(見えるといいなあ)。
    そもそも煉獄で金的狙いを言ったのは十兵衛なのでそれが無ければ煉獄で勝っちゃってたようなw ひっそり責任感じてる可能性もあったりして、です。

    ただ、最強田島に最弱十兵衛が挑むと言うのは、ベタな展開かもしれませんがやっぱり胸熱ですね!
    一人では倒せないけど二人なら倒せる!みたいな感じでしょうか。
    (デスノートになっちゃいますが)

    それでは九兵衞様これからも更新がんばってください!

    • 九兵衛 より:

      えいじさん
      いつもありがとうございます

      初コメまで感謝です。次回は死刑執行回になるのか、それとも逆転回になるのか・・。正直、まったく読めない展開です。

  76. ころすけ より:

    トーナメント表を見た数年前から考えてることです。
    当方、漫画家を志して、かなわずサラリーマンをしているのですが、仮にもアマチュアとして話を作った経験があるものとして。
    主人公の十兵衛のモチベーションは工藤への復讐なので少なくとも、2回戦を勝てばそれでトーナメント自体を棄権するでしょう。おそらく最強には興味がないはずです。
    そこに新たなモチベーションを与えるのが父との約束を守れず散る、師匠の敗れる姿でしょう。
    で、桜井はどう見てもラスボスなわけで、なぜ文さんと一回戦で当てたのか、その意図がはかれないのです。
    十兵衛の2回戦の前に文さんの無残な姿を見て十兵衛がどうなるのか?
    プロの木多先生はそのようなプロットを考えているのですかね。
    そこに興味があります。

    • 九兵衛 より:

      ころすけさん
      なんと!漫画家を目指されていた方ですか!そんな方に見てコメントもらえるとは光栄です(^o^)

      なるほど。となるとやはり作品の作り的にも櫻井が勝つ可能性が高そうということですね。参考になります。。。

  77. ビル・ワード より:

    九兵衛様
    いつもお疲れ様です!毎回楽しみに拝見させて頂いております。

    このまま文さんが負けて終わるには勿体無さ過ぎます!

    文さん贔屓な私としては、無一が熊を失神させた、蹴りでの金剛に期待します。

    櫻井メモに「入江文学は強かった」なんて書かれたら、泣いてしまいそうです…。

    なんて展開には木多先生(天才)は絶対にしなそうですが…。

    九兵衛さんの考察に期待して、次回まで、またこのサイトに何度も伺わせて頂きます!

    • 九兵衛 より:

      ビル・ワードさん
      コメントありがとうございます
      文さん逆転シナリオも全然あると思いますよ!
      ただ、若干櫻井派が多いでしょうか・・。

  78. のりだー より:

    文さん・・・。
    ここから逆転するには無極からの金剛かな・・
    しかし金剛当たる場面がこれだけ強キャラ描写された桜井には想像できませんね。
    通用しそうなのは屍だけどまた屍で試合決まったらもはやギャグになっちゃいますね。

  79. hide より:

    かなり面白い展開になってきました。
    でも私は、結局文さんが勝つと思います。
    トーナメントでの優勝者は文さん。その後、田島がノーダメージで文さんと対戦…とはならないと思います。
    山本陸がいきなり出て来て不意打ちで田島がなんらかのダメージを受ける。

    結局ボロボロ同士で対戦する。
    それは文さんと田島だと思います。
    どこかで山本陸はかならず出てきて田島と一戦交えると思います。

    • 九兵衛 より:

      hideさん
      流れ的には工藤のときと似ていて逆転しそうですよね。
      山本陸の再登場も気になるところですね。

  80. さかさま より:

    いつも楽しく拝見しています。
    初コメ失礼します。
    櫻井 「お前を殺したくない。だから頭蓋骨ではなく腕に留めた。お前の敗けだ。降参しろ」
    文 「泣」
    勝負あり!
    最終戦 田島vs櫻井→田島公言通り櫻井殺害
    文 新たな因縁→父さんと櫻井の仇を打つべく世界戦へ!!
    と、予想します!

    • 九兵衛 より:

      さかまさん
      いつもありがとうございます

      世界編までの構成で考えると、試合に負けてもどちらも死なないで欲しいと思いますね。

  81. heat より:

    田島は腕を犠牲にして、無一に勝利したということはまだ文さんにも可能性はあるのでは?
    それと腕を折られてからの反撃を田島はしたという事は田島も無極的な事が出来るという事では?
    また無極では一瞬で過去の出来事を脳内で映像化してという事なら、十兵衛は工藤の敗北、なら文さんは無一の死と田島への怒り、ある程度無一の怪我の状態から田島と無一の戦いを見ていないにしても分析している事も予想しつつ無極からの記憶の回想から何らかのヒントを得て逆襲がある事に期待したいです。

    • 九兵衛 より:

      heatさん
      田島は無一戦で文さんほどの負傷はしてますかね?
      逆転シナリオはありそうな気がしますがどうなるでしょうか・・。

  82. 新手のスタンド使い より:

    更新おつかれさまです。
    いつも楽しく見させてもらっています。

    裕章が油断してるって意見が多いですが、腕へし折ってから今週のラストのコマまで、時間にしたら1秒もたってないんじゃないですか?この漫画に限らず内面描写は格闘漫画の醍醐味ですから。腕を折ったのも、鉤突き透かしてからの流れじゃ頭は狙えなかっただけじゃ?。間髪入れずに文さんの頭を叩き割って、試合終了って気がします。わざわざお別れの言葉みたいな事も言ってますしね。裕章にとっては試合で相手を殺すのはセットみたいなものなんでしょう。

    あと、以前に九兵衛さんも書かれてましたが、文さんの耳が無くなっちゃったのってバトル漫画的には、まあ負けフラグなんですよね〜。これは逆説的に十兵衛にも適用されますが、人体欠損描写から逆転はあり得ないってジンクスありますから。愚地克巳然り、テリーマン然りです。
    ヒソカは特別です。

    今回、特に気になったのですが、試合時間ってどのくらいたってるんでしょうね?工藤の試合が20分、徳夫で10〜15分ってところでしょうか?

    とにかく、文さん死んじゃあ嫌だぜ!

    • 九兵衛 より:

      新手のスタンド使いさん
      コメントありがとうございます

      体勢的に頭が狙えたかどうかは確かに微妙なところですよね。
      時間的にはそこまで経過してないような気はしますね。
      序盤2~3分、煉獄1分弱、今のところまで1~2分とすると、長くても10分経過してないくらいでしょうか。

  83. 文さん心理教 より:

    初めまして、いつも拝見させていただいてます。

    僕の予想ですが櫻井にボッコボコにされても諦めずに文さんの意地の無極連発!
    からの櫻井の頭カチ割る手刀(櫻井的には出来ればやりたくなかった)で文さん寝たきりかなと予想してます。

    • 九兵衛 より:

      文さん心理教さん
      いつもありがとうございます

      文さんも無一と同じ末路をたどるのでしょうかね・・。切ないです。。。

  84. ろく より:

    更新お疲れ様です。
    ああ〜コメントは当日まででしたか。
    次から気をつけなくては
     
    個人的には、後藤先生の薬(末期癌に効く痛み止め、または魔人薬)があればこの先もいけるかなと思います。
    というのも、金隆山も川口も、どちらが勝っても五体満足では済まないと思うのです。
    ダブルノックアウトもありうるパワーインフレだと思うので、片腕の文さんでもハンデにならない可能性もあるのでは。
     
    まずは櫻井に勝たないとですが、無極からの金剛を予想します。
    櫻井もまさかノーダメージのように動けるとは思わず、食らってしまう展開があるのでは。あって欲しい。

    • 九兵衛 より:

      ろくさん
      コメントありがとうございます

      ちょっと思ったよりも翌日も多かったので火曜まで返信しますね(^o^)
      後藤先生の薬があれば確かに骨折は問題ありませんが、、、この試合での使用は少なくともなさそうですね。

  85. 玉貞治 より:

    最速更新王 九兵衛さま いつもありがとうございます。月曜早朝に当サイトの更新をチェックしてからコンビニにダッシュ→当サイトの閲覧の日々です。

    櫻井さん渋すぎ。
    私は実は女ですが「忘れたくねーよ」は惚れました。

    • 九兵衛 より:

      玉貞治さん
      いつもありがとうございます

      なんと!女性の読者さんがいるとは感激です(^o^)
      櫻井の渋さが増してきましたね。クールな印象から一変しました。

  86. たもう より:

    いつもありがとうございます。それにしてもこのストーリーが面白すぎる。漫画ってこんなにすごいものだったんですね。トーナメントの内容はすべてできていると以前作者は書いていましたから、3年、4年?休んでいる間、徹底的にストーリーを練っていたんでしょうね。休んでいたわけじゃない。小説でも映画でもダラダラと惰性で流れていく作品が多いですが、この作品にはそれがない。文さんにはかたき打ちしてほしい。そうすると十兵衛を叩きのめさなければいけないし、どうなるのだろうと思っていましたが、予測不能です。

    • 九兵衛 より:

      たもうさん
      コメントありがとうございます

      おおまかなストーリーもそうなですけど、自分が思うのはシラットなどのマニアックな武術などよく細かいところまで調べているなと感じますね。

      執筆が遅くて、漫画を描くことが嫌いと本人も言っていますが、ここまで調べるのはかなり大変と思うのですが、そんへんが苦になってないあたりが木多先生は本当に凄いです。

      そして漫画のクオリティ・・。とても幕張や泣くようぐいすと同じ作者とは思えませんw

  87. 殺された中学生A より:

    田島は最強に近い人を襲撃してきたのになぜ御殿手だけは襲撃しなかったのか
    なぜ御殿手ではなく櫻井なのか
    田島が完璧とゆう男がいったい誰にやられ記憶障害をおこしたのか

    僕は考えました
    御殿手はすでに死んでいるんではないでしょか
    櫻井をやれるのは間違いなく御殿手だけではないでしょうか
    そして御殿手をやれるのも弟子である櫻井だったのではないでしょうか
    櫻井は頭に多大なダメージをうけたが御殿手を殺した
    御殿手は昇天した
    なので櫻井はいつも無意識に上を向くのでは?
    田島が櫻井を殺したい理由もこれで通ります
    御殿手は闘いに飢え自分を殺せる相手を育てていた

    以上妄想でした

  88. はりちゃん より:

    更新いつもお疲れ様です。

    流石櫻井という感じの展開ですね。

    私の予想は、無極から折れた手での金剛で、試合には勝つものの、トーナメントにこれ以上参加できないため、文さんは不戦敗。

    櫻井が、勝ち上がるという展開を予想してます。

    • 九兵衛 より:

      はりちゃんさん
      リザーバー不在のトーナメントとはいえ、負け上がりはちょっと萎えますね笑

      試合はどっちが勝っても面白くなると期待できますね。

  89. sys より:

    この局面で櫻井を勝たせなかった理由があると思います
    それは腕を折っても負けた父親を超える描写を描くつもりだからだと思います
    ただ父親越えの描写は最後に描くものですからやはり文さんはこの試合で終わりですね
    そして屍を食らっても勝っちゃった工藤みたいなファンタジーがある漫画ですし
    文さん側にここから何か一発芸があると思います
    それに死線云々を語ってた部分の回答がまだ無いです
    死線を超えたことが無い文さん相手だからもう勝ったと思い込んだ隙に
    ココで死線を超えた文さんの無極絡みの技ですかね
    そしてこれは『喧嘩』の漫画ですから実は試合に負けても構わないわけです
    端っからまともな試合をするつもりのない(笑)十兵衛と
    ココで試合を捨てて勝負に挑む古臭い文さんの決定的な差を示し
    『現代』格闘術のバトンタッチということにするのかも

    • 九兵衛 より:

      sysさん
      確かに今週で決まらなかったあたり、もったいぶりがありますよね。
      それでも櫻井が勝ち上がるほうがシナリオ的に面白いかなと個人的には思います。

  90. アベン より:

    「この戦い」「実質」片腕を失った。
    この戦い以外がこの先ある?
    実質であり、完全に失ったわけではない?
    文さん勝利派なので、そう読めてなりません(笑)。
    しかし、もはや勝てる要素が見つからないのも事実なんですよね(汗)。
    勝ったところで、この先の試合は?場外で田島と戦う機会があったところで、勝てる要素はあるのか?
    どう考えても八方塞がりなんですよね…。

    • 九兵衛 より:

      アベンさん
      確かにここで決着でもいいのに終わり方が続きある感じなんですよね。工藤のときを思い出しますね^^;

  91. 成吉 より:

    文さん、何故煉獄にこだわるのだろうか。富田流は打撃系が弱いにしても、何百年もの間に研究しているばず。煉獄に金剛を組み込めれないものか。

    まだ、文さんは左腕を負傷しても無一に勝った田島に追い付いていない。
    頑張れ文さん!

    • 九兵衛 より:

      成吉さん
      煉獄にこだわっているのか、煉獄がベストだから煉獄ばかり出しているのか・・。
      それにしてもレパートリー少なすぎですよね笑

  92. ニッコリ より:

    初コメです。
    「銀河の歴史がまた1ページ」
    これの元ネタは、アニメ「銀河英雄伝説」の次回予告のナレーションです。
    さて、文さんはこの後一矢報いるのでしょうか。もしあるのなら、過去の対戦、アゴvs反町、十兵衛vs工藤(屋上での戦闘シーン)のように、折れた左手を使うと予想します。

    • 九兵衛 より:

      ニッコリさん
      初コメントありがとうございます

      そうなんですね。知りませんでした。
      個人的にはMCの「VAGINA」が笑いましたw

  93. JKHたけし より:

    オイオイ、オイオイオイオイ…

    櫻井強すぎ…(´` )
    というか櫻井の師匠もそうですけど、手刀一撃で人間や牛の頭蓋骨なんて割れるんですかね!?!?格闘技に詳しくないのでよくわからないのですが、龍の技の構えになるだけであれほど威力が上がるのでしょうか?とちょっと疑問に思いました。
    櫻井が記憶を失ってて本当に良かったです。通常ならもっと強いのでしょうね(^-^;

    それと今週を見て新たな今後の予想が出来ました!
    文さんギリギリ勝つ→次の試合どうしてもハンデになるので、十兵衛が後藤先生に薬を貰いに行く→芝原が十兵衛を味方につける条件で薬を渡す→十兵衛が芝原と組む伏線回収
    どうでしょうか!
    薬を貰ったところで文さん不利には変わらないですが、次の相手は川口か横綱なので、薬の存在を知らない陽側の人間に対してだったら、逆に誘えるのではないでしょうか?

    • 九兵衛 より:

      JKHたけしさん
      それは自分もかなり思いましたね笑
      手刀一撃で野牛の頭蓋骨割るところまでは100歩譲っても、構えでそこまで威力が変わるのかはツッコミどころですよね^^;

      そしてその展開予想ですが、、、自分が文さん勝つパターンで用意していたものとほぼ同じですね。
      次回考察回で似たような予想を書きますが、JKHたけしさんの予想をパクってはいません!笑

  94. とまとまん より:

    いつも楽しく拝見しています。
    周りには喧嘩稼業を読んでる人がおらず、感想を言い合えないので、いろんな人の意見、考察が見られてありがたいです。

    しかし今まで文さん派でしたが、ここ数回の櫻井がかっこよすぎて揺らぎつつあります。

    一番想像できるパターンとしては腕折られて即無極→金剛ですけど、今までの流れで行くと、櫻井には入らなさそうですね。

    どちらかというと櫻井のシラットには投げ技がないと見ていたので無極→絞め、投げ技系でしょうか?もう高山は使えませんが・・・

    というかこの試合を見ているなら梶原さんの意見が聞きたい。やっぱり櫻井の強さに驚くんですかね?

    • 九兵衛 より:

      とまとまんさん
      いつもありがとうございます

      意外とリアルタイムで稼業を読んでいる人は少ないんですよね^^;

      自分は完全に櫻井派です!ユウショウが最強だというヨシフの気持ちがよくわかりますね。

      もともと櫻井は未知すぎて、石橋や十兵衛からも数合わせだと思われていましたよね。

      同じように徳夫も梶原や文さんは警戒してましたが櫻井はノーマークな感じでした。

      梶原さんも櫻井のことはノーマークだったはずなので強さにドン引きするのではないでしょうか。。

      陰陽トーナメントは全世界に配信されているイベントですから、これで櫻井が表舞台に知られてしまいましたね。

  95. Ken-G. より:

     
     櫻井は折った左腕にはもう警戒感が薄れているはずです。

     文さんは残った三肢と頭、それから千切った耳の合わせ技で “ ミスディレクション ” にハメれば、左腕の骨直刺しも可能かと。

     “ 守れない約束 ” とありますが、左腕を犠牲にしてでも櫻井を葬る事で、田島に脅威感を与えればヨシ、なのではないでしょうか?

     単に田島を殺すなら、わざわざ陰陽トーナメントで勝ち上がってから・・・、なんて割に合わな過ぎで、銃で一撃で済む事です。

     → 暴力団を乗っ取った梶原さんなら既に文さん殺害に向けて、そういう算段にシフトしていると思いますが( 笑 )♪
     

  96. ぽれぽれXナンバーナイン より:

    はじめまして、いつも楽しく拝見しています。

    ここからだと文さんは厳しいですね。勝つとしたら梶原さんの金剛ゼロ式か屍(もう無いか)とかでしょうか…。

    櫻井が勝って十兵衛が仇討ちする展開になるという予想がありますが、僕は十兵衛対工藤は工藤が勝つだろうと思っています。伸び代の一番ある工藤は、実は木多さんが一番好きなキャラクターなのではないかと予想しています。実は真の主人公は工藤なのでは…。梶原さんとの対戦での狼のエピソードから主人公臭がプンプンしていて、梶原さん絶対有利の状況でもお気に入り補正で蘇っちゃいましたし…。「これどーやって勝つんだよ…」

    その場合十兵衛の存在意義はパーになりますが、柴原の味方として暗躍しつつ実は文さんの仇を討つべく自分の目的を果たす様に行動する様な気がします。アフォな予想で申し訳ありません。

  97. ヒロタカ より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    初投稿です。

    いやー、想像以上に櫻井が強いですね!!
    正直文さんにはここで降参してほしいです。
    なぜなら、ここで一縷の望みをかけて反撃しようものなら、櫻井は次の攻撃で殺しにかかる可能性が高いと思うからです。
    そうなれば田島の思うつぼでしょう。
    そもそも田島は文さん、というか文さんの復讐心は最初から警戒していたからこそ、vs櫻井→vs金隆山or川口という一番ヤバそうなブロックに文さんを配置したのではないかと僕は睨んでいます。

    文さんは好きなキャラクターなので死んで欲しくないですが、木多先生ならやりかねないので、、、(これで文さんが父親と同じ結末を辿って、次は十兵衛が意志を継ぐみたいな。)
    次回が楽しみですが、ちょっと怖いです。

  98. ヘイヘイ より:

    毎回戦慄の走る内容でしたが、今回も予想外すぎて、ドキドキが止まりませんでした。( 〃▽〃)

    木多先生的な終わりを予想すると、グロいですが…

    折れた左腕の骨を、金剛的な打撃で、櫻井の喉仏に刺して、殺して終わり…なんて。

    田島「殺さなかった櫻井と、殺した入江。そこが勝敗の分かれ目だった。」

    そんな終わりで年末年始を迎えさせられると、鬱。

  99. もりんた より:

    九兵衛さん、お疲れさまです!

    今週はすごい展開でした…。
    激しく遅くなりましたが、感じたことをつらつらと。

    ・「この戦いで実質左腕を失った」この書き方で、櫻井勝利予想だったが、文さん勝利の芽が見えた。負けるなら「この戦いで」とは言わない…はず。
    ・勝つパターンは断末魔のような絶叫から無極→金剛しか思いつかない。櫻井もここから即反撃は想定してないのでは。
    文さんの甘さを指摘した櫻井が、忘れたくない欲のために文さんを殺さなかった(ような気がする)、初めて見せた甘さが敗因になると予想。
    ・二回戦以降、勝ち抜けた文さんのための「最強の駒」として十兵衛が動く。
    次の文さんの相手は金隆山で、親方の不安を煽って試合中にタオルを投げさせる。
    ・3回戦は文さん対十兵衛で、当然十兵衛は勝ちを譲る。
    ・文さん決勝は対芝原。十兵衛が後藤先生を揺さぶり(金田を殺した証拠を掴んでいるブラフとか)、薬の分量を細工させて、試合中に芝原死亡。
    ・文さん優勝。後日、田島との対戦を確約させるが、実際に試合が成立するかは疑問。
    山本陸乱入、世界編突入などがある気も。

    雑多になりますが、文さん大逆転妄想の流れでした。
    ここまで来るのに10年ぐらいかかりそうですが…(´Д` )

  100. 文さん大好き! より:

    コメント多くて今週の反響はすごいですね。
    骨折時の文さんの表情と恐ろしいのは約束を守れないことの一文で泣きながら読みました。

    たくさん出てますが、無極からの金剛で決着が濃厚かと思いますね。
    右腕骨折させた事で櫻井は明らかに油断してますし、右腕も差し出して腕を取りに来た櫻井に無極からのゼロ式金剛で決着を予想します!

  101. 名無しの文学 より:

    単純に無極によるブラフでは?
    一撃目の振りかぶった手刀が防げて二撃目で骨折は考えにくい

  102. カブト勝って より:

    ああああ文さんが…!

    文さんが勝つと信じてる派だから、きっとそのための仕込みがあるはずだと必死に読んでます。
    でも、ここから勝つためには「腕を折られるのも想定内だった」みたいに、櫻井の上をいってないと無理…。

    そこで気になったのが「怖いのは殺されることではなく約束を守れなくなること」って文章です。
    これが、信じられないほど強いと認めた櫻井に勝つには、この先の田島戦に影響する負傷(下手したら死ぬけどそっちは怖くない)を負う事を前提としたプランを実行しないといけない…って意味に読めないでしょうか。

  103. メタボ初段 より:

    文さんが煉獄ばかり使うのは他の選手(特に田島)に富田流の他の技を見せたくないからと予想

    勝敗予想は、ここで死ななければ復讐の機会は残るので文さんのギブアップじゃないでしょうか
    逆を言えば満身創痍で勝ち残っても意味がないです

    文さんの最終目的は父の復讐
    殺されることを恐れてのギブアップではなく
    復讐できなくなることを恐れてのギブアップ
    これはスジが通るのではないでしょうか

  104. ネリネ より:

    初コメ失礼します。
    いつも、楽しみにサイトを拝見させて頂いております。

    いやー、管理人様含め皆様の考えの深さに驚かされつつ喧嘩商売(稼業)がこんなに人気で嬉しいと勝手に思ってます。

    皆様が書かれている通り、最終局面には違いないですね。
    個人としては、文さんが好きだったので文さん贔屓ですが櫻井が勝った方が漫画のタブーを越えて面白そうと思ってますwww
    文さん優勢の考えなら、やはりコメントで出ている「無極」の使い方や「金剛」でしょうか?また、ここで初めて文さんは本気でこの戦いを死線と感じて考え方を改めた戦いをするのかぐらいですかねw

    関係ないですが、ここまで読んで櫻井と万全の状態の佐川徳夫の戦いが見たいですw

    • 九兵衛 より:

      ネリエさん
      初コメントありがとうございます

      自分も万全状態での櫻井VS徳夫見たいですねー。カウンターの達人と後の先の櫻井どっちから仕掛けるのでしょうか・・・。

  105. より:

    再度屍で文さんの勝利か?

  106. 無学 より:

     こんにちは。2度めのコメになります。
     この状況から文さんが勝つのはかなり難しいと思うのですが、裏切ることが得意な作者ですから、多分、やってくれるのではないかと思うのです。
     泣き虫サクラを相手に絶望的な状況から勝利した巽も、過去から蘇った二刀流侍を締め落とした守護る人も、腕が折れて(外れて)いました。
     睾丸を握りつぶしたり、毒殺したり、顔面を踏み潰そうとしたり、目を潰したり、そういったことを普通にやってしまう闘いですから、折れた骨で刺す攻撃もありそうな気がします。
     この試合、無極による左腕活用からの金剛、とどめの締め技KOと予想します。締め技は、脚を絡めて動き、を制した上でのチキンウィングフェイスロック(藁)。
     2回戦は、後藤先生の力を借りて勝利。
     3回戦は十兵衛が棄権。
     決勝は、十兵衛の暗躍で勝利。
     そして、傷が治った数ヵ月後、田島に勝利。
     
     書いていてちょっと萎えました。
      
     

    • 九兵衛 より:

      無学さん
      コメントありがとうございます

      その流れは文さん勝利ルートの王道ではないでしょうか。十分ありそうなシナリオですが、個人的にはそろそろ波乱がほしいので櫻井勝ってほしいです。

  107. sake より:

    無極があるのに痛がってるということは、何か狙っているはず。

  108. Jeno より:

    櫻井が「強かった」と過去形ししてる時点で、「勝った」と油断してるところが逆転ありそうですね。

    文さんは、対カワタク戦で見せた「足搦み」を持ってますので、腕が使えなくても、足技で櫻井の動きを封じて、これまた足での金剛で決めるかもです。

    今回の終わり方で勝負がついてしまうなら、次回は1ページで終わるでしょう。

    必ず逆転の展開があると推測しています。

ぶんぶん にコメントする

このページの先頭へ