2017年2月10日発売のヤンマガ11号に掲載された喧嘩稼業86話の内容と感想になります。

まだ読んでない方はネタバレ注意です。

喧嘩稼業86話 内容

かっちゃんこと会田勝彦はもう中学3年生になっていた。

金隆山が川口との激闘で命を落としてもう10年の歳月が流れていた

学校の体育館でかっちゃんは将来の夢を両親の前で初めて語る

続きはヤンマガ11号にてご確認ください

▼▼▼▼▼

⇒ヤングマガジンの最新号を今すぐチェック

 

---スポンサーリンク---

今週の感想

まさかの最格エピ掲載で萎える。

しかもまさかのかっちゃん最格w しかも10年後のww

 

これってまさか世界編のネタ振りになっていたり、時系列的には今まで全ての稼業のシーンよりも後になるので、ひょっとしてなにか重要な伏線になってたりトーナメントの勝敗が分かるような背景とかにヒントあるのでは?!とか色々と考えましたが、、、、これは例の木多先生の例の悪いクセが出ましたね^^;

 

 

ちゃんと読むと確かに良い話だとは思いますが、さすがにこのタイミングではキツイ。

早く上杉と芝原の試合が見たい!

(あと、かっちゃん相撲目指す中3にしては身体の線が細すぎないか)

 

ちょっと今週は期待していただけにかなり拍子抜けでしたが・・

次回の掲載回は14号(3/5発売)予定のようです。

次回こそは、次回こそは頼みます!!!!

---スポンサーリンク---