ヤンマガ29号に掲載された喧嘩稼業78話の内容になります。

~これまで~
ファーストコンタクトは金隆山のぶちかましから始まった。対して川口は金隆山の左目をカットすることに成功した。

 

喧嘩稼業 78話

kagyo

 

川口のカット攻撃が成功したと分かったら会場は沸いた

 

金隆山は力士になったと同時に自らに禁じ手を作った

禁じ手を決断したその日の晩から度々同一人物が夢に出てくるようになった

夢の中に度々出てくる大きな男は自分には何をしてきても良いと言ってくる

夢に出てくる大男に金隆山は鉄砲一発で吹き飛ばされた

その大男の顔は金隆山自信だった

 

金隆山の内心では全力で戦いがしたいと思っていた

だから金隆山康隆は陰陽トーナメントに参戦した

 

川口は金隆山のプライドをゆすり打ち合いに持ち込む

 

夢斗「俺は陰陽では横綱の次に体重があり、なおかつ打撃の専門の格闘家だ。どちらが上かはっきりさせたい。打ち合いを希望します」

”額を割られたくらいでびびってんなら横綱なんて辞めちまえ”

 

川口はさらに金隆山を挑発する

川口はカットした左目にジャブを放つ

金隆山は左手で夢斗の左を弾いて右の張り手

川口はそれも避けて金隆山の左目をまた狙う

川口はここでキックボクシングの構えにシフト

 

横綱も重心が変化したことに気がつく

蹴りが来るところまでは読めている

ローなのか、ミドルなのか、ハイなのかはまでは分からない

 

川口は前蹴りを放つ

金隆山も反応して掴みに行くも

蹴りはフェイクで触れた程度ですぐに戻された

---スポンサーリンク---

一打目と対角線から放たれた二打目は見えない位置からのステルスパンチ

金隆山は右目もカットした

 

反町はそのまま捕まえろと叫んだ

セコンドの生野は川口はそこを狙っていると言う

”真空飛び膝蹴り”はかつて川口拳治が得意としていた技

 

川口は左足を金隆山に踏まれて止められていた

金隆山の左が川口にヒット

しかし川口はスリッピング・アウェイで流す

踏まれている左足もアンクルサポーターを残し脱出した

 

そのまま回転して肘打ちを放つ

これが金隆山の顔面にクリーンヒット!!

 

 

あの金隆山が負ける

信奉者からアンチまで日本国民1億人以上が言葉を失う

 

 

川口も肘がヒットした刹那、一瞬川口も勝ったと思ったが・・・

金隆山の土俵入りの型は攻防一体の「雲龍型」ではなく攻撃のみの「不知火型」

 

金隆山は次の打撃も用意していた

 

鉄砲が川口にクリーンヒットした

 

cybvycyd

 

 

よろけながらなんとか立ち上がる夢斗に・・・

 

金隆山の「素首落とし」が炸裂した!!!

 

 

vybyv

 

 

78話 完

次回の掲載は32号(7/10)の予定です

感想

激闘ですね(^^;

金隆山も禁じ手を放って試合も決着しそうな勢いですが・・

果たしてこの一撃を食らって夢斗は立ち上がることができるのか・・。

 

どーあれ次回で決着ついてもおかしくない展開になりましたね。

このまま終わったらさすがに川口があっけない気もするのでもう一山くらいありそうですが・・

 

それにしても金隆山が最終的には勝ちそうですね^^;

夢斗が鉄砲を喰らったところは、梶原さんが工藤に一撃入れられたシーンと似ていますね。

この試合は入場から試合展開までの全体的な構図が工藤VS梶原と似ている気がします。

 

川口もまだ禁じ手出してないですからね。

川口の公式発表のある禁じ手はローキックとハイキックですね。

 

回想シーンに名護も出てきているので空手ベースの技も使うかもしれませんし、今週名前の出てきた親父の必殺技だったという真空飛び膝蹴りも炸裂するかもしれません。

 

金隆山も鯖折りなどまだ見せてない技や相撲技以外の技も見せるのではないでしょうかね。

 

この試合は巻きで終わらせてしまうならそれはそれで続きが見れて嬉しい限りではありますが、この試合もこの夏いっぱいくらいは楽しみたいですね。

 

来週に今週のまとめ記事アップしたいですが、少し忙しいので次回の掲載予定日の7/10までにはまとめ記事もアップできればなーと思います^^;

喧嘩稼業の最新コミックはコチラから

---スポンサーリンク---