--スポンサーリンク--

喧嘩商売改め、喧嘩稼業!


WS000005

『喧嘩商売』改め、『喧嘩稼業』が今熱い!

初期のほうはギャグ漫画のような、格闘漫画のようなどっちつかずなストーリーであったが、途中から本格的に格闘漫画の方向に傾き、ギャグ回もちょくちょく挟むときもあるが、刃牙シリーズ、タフにも負けない本格格闘漫画へと成長している!

ギャグ化がすすむ刃牙シリーズとは逆転したといっても良いであろう。

喧嘩商売 概要

連載開始:ヤングマガジン2005年28号(6月13日発売)~連載開始

2010年40号(9月16日発売)のヤングマガジンにて一部完結となった。

その後、長期連載休載を経て・・・

2014年2・3合併号(12月9日発売)~二部スタートとなった。

一部終了と伴い、『喧嘩商売』から『喧嘩稼業』へと名前を変えられた。

 

ストーリー

序盤は、主人公の佐藤十兵衛の格闘技、喧嘩、日常を描いたストーリー。

『最強の格闘技は何か?』をテーマに、喧嘩での最強の格闘技を決めるという趣旨を説明した巻頭エピソードから毎巻始まる。そのとき紹介される格闘技や人物は毎回異なるものとなっている。

 

過激な下ネタやブラックユーモアなども初期は多く登場し、コミック化のときには編集されていることもある。

 

工藤優作との喧嘩の後からは、徐々に本格的な格闘漫画の方向になっていく。単純に最強の格闘技を決めるというだけではなく、相手を騙して闘う心理戦の要素もあったりで格闘技ではなく、あくまで喧嘩最強にこだわる作風が高く評価されている。

喧嘩商売考察一覧ページへ

--スポンサーリンク--

コメントを残す

このページの先頭へ