ヤンマガ1号に掲載された喧嘩稼業70話の内容になります。ネタバレあるのでまだ見てない人は注意してください。

~あらすじ~
龍虎で対峙した両者。互いの技術を出し切り結果は櫻井が入江の左腕をへし折り櫻井が圧倒したのだが・・。

 

喧嘩稼業 70話

ws000014

 

櫻井に左腕を折られてしまった文学

状況を判断してセコンドのカワタクがタオルを準備した

 

文学「投げるな!!」

 

文学は右腕で櫻井の目を狙う。まだ勝負を諦めていない。

その姿を見た陽側の選手や会場の客は入江の覚悟を感じ取った。

 

ヨシフ内心「本人が一番わかっているはず。先を考えず続けるか、強かっただけに惜しいな」

カワタク「誰がセコンドでも同じ判断をする。これ以上はやれせない。勝ち目がわずかでもあれば続けさせるが、だがもう勝ち目がない100%お前の負けだ」

文学「投げないでくれ・・」

 

文学は必死にカワタクに訴えた。カワタクもその想いに応える。

 

カワタク「入江、入江ぇぇ~!!し、心配するな、十兵衛は必ず俺が強くしてやる」

 

入江は覚悟を決めて櫻井へ再び向かう

文学の内心「十兵衛なら俺がいなくても強くなる」

 

ws000015

 

 

入江文学は決死の覚悟を決めた

会場全体にその空気が流れた

櫻井は敬意を言葉にせず、獅子搏兎である事で入江に伝える

※獅子搏兎(ししばくと)・・ライオンはウサギを狩るのも全力を尽くす様

 

櫻井裕章も再び構えた

 

ws000016

 

 

静寂の中空調の音だけが聞こえた

静寂の中で映える音は地響きのように聞こえた

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

 

再び龍虎で対峙した

 

ws000017

 

喧嘩稼業70話 完

次回の掲載予定は6号(1/3発売)の予定です

---広告---

最後の審判

文さんの勝ちの目や死亡フラグも見えてきたので、あえて選択肢多めの最終アンケート募集します♪


※投票すると結果の確認ができます

感想

予定通りの掲載で一安心。

でしたが、、、、、う~~~~ん。。。

正直、ここで伸ばすかというか悪い展開ではないんですけどね。

連載ペースとか考えると逃げた感ありますよね。

 

今週の内容は個人的には少し不満がありました。

何より個人的にショックなのが、、、今週の内容で実質、文さんの勝利がほぼ確定したかと(^^;

この展開・・・さすがにこれは文さんが勝ちますかね。

 

しかしながら、、、文さんの死亡フラグと取れる発言も気になります。

必死の覚悟で、というか比喩ではなくガチで死ぬのを覚悟で技を出すのでしょうか?

そして櫻井を倒す?殺す?殺される?

試合には勝つが殺られるパターンなのか、はたまた櫻井が殺られるのか・・。

 

ちょっと、文さんやカワタク、ヨシフの悟ったような発言、この勝負の結末が『死』になりそうな予感が見えました。その点はワクワクするところではあるのですが、、、。

文さんが普通に勝ち進み、芝原から薬奪ってどうのってシナリオが見えてきた感じもして、、、ちょっとこの先のシナリオに不安もあります(^^;

どーあれ自分としてはこの話での決着に期待してただけに拍子抜けだったのは事実です。

そしてまた次回の掲載は1ヶ月後という(涙)

 

とりあえず注目点としては、、、どっちが勝つのかもですが『死』を連想させるようなセリフも出てきたので文さんが勝つにしても生き残れるのか、櫻井も含めこの試合での生死がひとつポイントになりそうです。

 

再び龍虎で対峙した両者・・・

結果はどうなるのか、、、、普通に考えれば文さん逆転パターンですよね( ´Д`)

いやー、やはりちょっと今週は個人的に後味が悪かったです。。。

次回は考察回はなしにして、年末の格闘技の話題など触れてみようと予定しています^^

そんな感じで、少し早いですが年内の喧嘩稼業は今週で終わりのようです。

 

皆様、良いお年を。

来年も喧嘩稼業、当ブログともにご贔屓によろしくお願い致します。。。

ブログ管理人:九兵衛

 

~お知らせ~

①年末年始はビデオオンデマンドを無料登録して映画やドラマ、アニメなど好きなだけ楽しめます(^o^)

詳細はこちらこら人気のビデオオンデマンドとは?無料登録すれば期間限定で見放題です♪

 

②缶バッチ買取してます。お陰様で半分ほど集まりました♪

詳細はこちらから缶バッチ買取企画詳細

---スポンサーリンク---