2015年6月29日発売のヤングマガジン31号にて掲載された喧嘩稼業49話のネタバレと感想になります。まだ読んでない人はネタバレ注意です。

 

~あらすじ~
身体に毒を入れられ死が決まっている工藤。梶原も工藤をあと一歩まで追い込むも工藤に掴まれ死に直面している。

 

 

喧嘩稼業49話

喧嘩49S

 

 

工藤に掴まれることは死を意味する

梶原は工藤に掴まれ抱えこまれている

工藤は梶原の右手を抱え込むために一手先を読んで

利き手ではない左手を使ってまで梶原の左足首を外したのであった

無能だった喧嘩屋が瀕死の状態で一手先を読んだのであった

 

 

最初に限界を迎えたのは右肩だった

梶原の右肩は脱臼した。

 

澤の内心「死なれては困る!今死なれては梶原のついた嘘でなんらかのケジメを付ける必要がある」

 

 

梶原「げ、解毒薬がある・・」

工藤「嘘だ」

梶原「ヒト血清を持っている・・早く打てば助かる可能性もある・・」

工藤「助かる可能性が100%でないことを告げて血清を持っている真実味を増そうとしている」

梶原「何の毒を入れられたかわかっても用意できる血清は

ほとんど効果の期待できないウマ血清だけだ・・助かる可能性があるのはヒト血清だけだ」

工藤「嘘だ」

梶原「嘘でも本当でもお前の行動はひとつしかない。お前が生き残るには俺の言ってること本当な可能性にかけるしかない。俺を殺せばお前も死ぬぞ。」

 

 

『今落ちたら死ぬ』

工藤を動かす言葉があるはずだ

 

 

梶原「自殺と変わらない・・・拾われずゴミ箱の中で死を選ぶのか・・

助かる可能性の放棄・・十兵衛はどう思うかな・・」

 

梶原のこの言葉が決め手となって工藤は梶原を解放したのだった。

 

吉田「殺ったのか?」

工藤「いや、殺してない」

吉田「殺せよ」

 

工藤「身体に毒を入れられた。解毒法を梶原が知っている可能性がある。俺で金儲けを続けたいなら梶原から解毒法を聞き出せ。

絶対有利のこの場で、このルールで殺せなかった。こういう強さもあるんだな。燃えたぜ。」

 
かいじょう森

 

 

一回戦第一試合

 

勝者”喧嘩師”工藤優作

 

 

 

ついに決した最初の勝者!これが陰陽トーナメント!!

 

喧嘩49E

 

喧嘩稼業49話 完 次号は休載です。再開はYM33号からの予定です。

---広告---

今週の感想

ついに長かった工藤VS梶原の決着がつきましたね!

もうひと展開あるかとも思いましたが決まって良かったです!燃えたぜ!!

最後の展開は十兵衛戦の柿ピーの件と似ていましたね。

フタを開ければ99%勝つと思われた工藤が勝ったので結局は波乱なしかって感じですが

途中で多くの読者がしっかりと梶原勝利だと確信してましたしさすが木多先生です。

 

まぁ僕は工藤が100%勝つというのは分かっていましたけどね(ニヤニヤ)

工藤VS徳夫は何気に『怪物VS天才』の格闘技ではよく見るキャッチコピー対決で面白いですけどね。まぁ十兵衛も99%勝つでしょう・・。

さて、今週や今後のポイントです。

 

 

解毒薬の件

WS000001

 

これも予想していましたがしっかりと梶原が命乞いする展開になりました。

工藤の洞察力が上がっていたのは良かったですね。

 

梶原のおかげで、VS十兵衛でも嘘に騙されない最強の工藤になったことでしょう。

はじめに予想していた工藤が金剛を使う展開や、雷が実在する展開には結局なりませんでしたね。

 

工藤が技をパクるというシーンは卜辻の時点で意表をつかれましたからね。

雷実在はまだしも、普通に工藤が金剛を使う展開は今にして思うと少し無理がありましたね(笑)

 

 

板垣組と梶原の今後

澤は試合中に梶原に裏切りを公言されてしまっていますね。

このへん含めて試合後の梶原と板垣組のやりとりや解毒後の梶原の生死などにも注目です。

今の梶原相手なら澤でも勝てるでしょう(^^;

 

 

工藤の今後

工藤は試合には勝ちましたが、まだ解毒ができていないのでこのままでは死んでしまいます。

展開的には梶原が味方になりそうな気がしますが・・

次週は休載なので、このへんのことは来週記事でまとめてみます。

 

 

徳夫がいない件

試合終了のゴングが鳴って会場が盛り上がった描写の後に出場選手の抜きが出ました。

 

順番に・・・

田島、櫻井、入江、川口、金隆山、上杉、柴原、睦夫、関、三代川、反町、カブト、里見、十兵衛・・・

 

やっぱ徳夫が出ていませんね。これは確信犯でしょう。

 

試合前のアップだとしても

十兵衛があれだけ登場しているのに

次戦の選手は別室待機とかもおかしいので・・

 

 

これは何か面白い伏線の予感です。

個人的には回想”佐川兄弟対決編”が見たいです。

ただ、睦夫が登場してしまっているので

それだと睦夫が勝ち確定な感じになってしまいますが・・。

徳夫の伏線の意味は気になりますね。

 

 

まとめ

ついに第一試合も決着でした!勝者は工藤!

波乱はありませんでしたが、トーナメントはまだ序盤も序盤です。

 

今後の波乱展開に期待しましょう。

個人的には文さんが一回戦で負ける展開はありそうな気がしますね。

 

工藤勝って、十兵衛も勝って、文さんもどうせ勝つんでしょ・・

で文学は負ければ盛り上がること間違いなし!

 

今週はキリよく終わったので次回からは始まり方から気になりますね。

果たして工藤は解毒できるのか?梶原のその後は?十兵衛VS徳夫は開始されるのか?

 

喧嘩稼業面白いですね!今後の展開も非常に楽しみです!

次号は休載です。再開は再来週発売予定のヤンマガ33号からです。

---スポンサーリンク---