喧嘩商売13巻感想まとめ



喧嘩商売(13)

収録話

87話:合気
88話:逆襲のベッケンバウアー
89話:狂犬を喰らう豚
90話:吸血兵士
91話:ダニエルさん
92話:十兵衛、妹に手をあげる
93話:秒殺
94話:無極

巻頭エピソード:柴原剛盛
表紙:山本陸

 

内容・感想

この巻はほぼギャグ回で長かったAちゃん編が完結します。

バトル編は、ほぼ収録ないですが佐川睦夫と柴原が登場しいずれも田島彬が絡みます。無極を習得する巻でもあります。

内容的には、ほぼAちゃんなので、面白くない巻ではありますが、少しの本編が良いです。特に睦夫の回想シーンは個人的には喧嘩商売で一番感動しました。

 

●主な喧嘩
・佐川睦夫VS田島彬(中学時代の空手の大会)

 

 

喧嘩商売全巻セット購入はコチラから

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

このページの先頭へ