喧嘩商売21巻感想まとめ



喧嘩商売(21) (ヤンマガKCスペシャル)

収録話

152話:召琳寺拳法
153話:二度目
154話:石橋強の強さ
155話:悪魔になった僕
156話:因果性
157話:誰が駒鳥を殺したの
158話:最強の格闘技は何か?
159話:すすきの原は銀の色

巻頭エピソード:三代川祐介
表紙:石橋強

 

内容・感想

ここから陰陽トーナメントの煽り編が24巻まで続きます。

トーナメント出場メンバーのエピソードがちょくちょく紹介される感じです。

ここで陰陽トーナメント出場メンバー同士の因縁なども明らかになります。この巻では喧嘩稼業のアイドル的存在、梶原さんの学生時代の姿も描かれています。

梶原さんの親父の生き様には感涙です!

 

●主な喧嘩
・石橋VS高野(決着)
・梶原隼人VS入江無一

 

喧嘩商売全巻セット購入はコチラから

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

このページの先頭へ