喧嘩商売9巻感想まとめ



喧嘩商売(9) (ヤンマガKCスペシャル)

 

喧嘩商売9巻 収録話

57話:短気
58話:手抜き
59話:零式
60話:十兵衛解除.com
61話:緊急企画!お誕生日おめでとう!
62話:爆笑問題TANAKA
63話:闘争・逃避・威嚇・降伏
64話:対オーバーアーム・フロントチョーク

巻頭エピソード:梶原修人
表紙:佐藤十兵衛

 

内容

基本的にバトルです。ちょくちょく、そのまんま東が登場する回があるくらいです。

バトルは十兵衛と橋口の喧嘩が後半から入ります。決着はまだです。

●主な喧嘩
・十兵衛VS橋口

 

感想

このへんの喧嘩商売はバトル中心ですが、盛り上がり的にはイマイチです。

金田が登場してきて、陰陽の煽りとして巻頭エピソードにトーナメント出場選手がボチボチ登場してきてからがバトルも盛り上がってきます。

ただ、十兵衛が橋口に苦戦してる9巻の時点で巻頭エピソードが梶原さんで、工藤と戦いたいと言ってますから、喧嘩商売はかなり前から喧嘩稼業までのシナリオや陰陽トーナメントについて考えて構想を立ててると分かりますね。

それにしても、この巻のギャグ回のクオリティが低い・・。

 

喧嘩商売全巻セット購入はコチラから

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)

-------スポンサーリンク-------

コメントを残す

このページの先頭へ