--スポンサーリンク--

77話と金隆山VS川口について考察ポイントまとめ


こんにちは、管理人の九兵衛です(^^)/

今週は喧嘩稼業が休載なので前回の考察まとめをアップします。

 

77話のポイント

★文さんの対戦相手

冒頭は文さんが手術室で次の対戦相手のことを思っていました。

最初は川口希望だったようですが、腕を折られた今は金隆山希望に変わったようです。

どちらともとらえれるフラグでした^^;

 

 

★手術室に十兵衛

一見ギャグシーンのようですが、十兵衛が手術室へ向かう前にカワタクにバナナを渡す直前に紙袋を持っていきます。

何か用意されていた物があったように思いますが、文さんと関係あるのか、それとも紙袋はまた別件なのか・・。

今後、紙袋について触れられるかにも注目ですね。

 

 

★金隆山のマウントポジションは今後出るのか?

金隆山対策として川口父が注意していた技のひとつ

相撲取りの体重をいかしてのマウントからの頭突きは一発KOされてしまうようですね。

金隆山は額をカットしたのでこの話の最後で頭突きは封じたって意味ともとらえれますが・・。

 

 

★相撲技以外が出たときが金隆山の本気
boivuby[

 

いきなりのぶちかましで会場を沸かした金隆山ですが今後相撲技以外が出るのか大注目です。

その前に相撲技の禁じ手も出すでしょうね。

 

「禁じ手解禁」⇒「それでも川口優勢」⇒「用意していた陰側の技炸裂」

 

って流れが一番ベターな展開ですが・・。

ぶちかましも今まで一度しか使っていないってことは相撲では禁じ手にしているみたいなものな気もしますが。

金隆山の自信がうかがえますね。

この自信、プライドが石橋のように弱点にならなければ良いですが、陽側は全員プライドという弱点があるようにも思えますね。

 

 

★切られた額
kinoibu

 

パックリとカットされてしまいましたね(^^;

コメントでもいくつか意見もらいました。

 

・今後確実に左目は潰れる

・血が出てないのが気になる

・金隆山の筋肉で圧追して効果はほぼない

・冒頭のマウントポジションからの頭突きがもう打てないという意味

 

どうでしょうかね。

一番ありそうなのは左目側が見にくくなったので金隆山から見て左側の死角から川口の右ミドル炸裂で金隆山右腕負傷

切れた額なら頭突きはないと頭突きを警戒しない川口へ頭突き炸裂

金隆山の腕が折れて勝ち上がれば文さんとは同条件になりますが・・。

 

 

★名護について

個人的にちょっと気になったのが名護の発言ですね。

「本当の親は関係ない」という発言ですが、これは自らとダブらせているのかもしれないですね。

名護の家族については別巻で少しだけ触れられていましたが、詳細はまだ謎が多いです。

 

名護夕間は櫻井の師匠でもあり、櫻井と田島の父親は名護御殿手の後継者であり、御殿手は一子相伝である。

御殿手は基本的には名護家の長男でないと継ぐことができないはずだが、櫻井の父親は名字が違うのに継承しているのは気になりますね。

さらに御殿手後継者の息子を名護夕間が弟子にしていたあたりも気になります。

単純に櫻井裕章が長男ではなかっただけ?

櫻井裕章もかつて15歳で家を出て修行に回った名護と同じ事をしたのか

本当の親は関係ないという発言は櫻井を弟子にして育てた自らの経緯とも関係しているのかもしれません。

---広告---

ココに注目

第四試合の注目ポイントを改めてまとめておきましょう。

★両者の禁じ手に注目

◎川口の禁じ手
・金隆山はミドルキックで腕を骨折する?
・ハイキックは決まればKO

◎金隆山の禁じ手
・張り手、つっぱり、閂、さば折り

 

★金隆山と山本陸

金隆山も山本陸にかつて憧れていた。面識があるかは不明。(多分ない)

 

★川口家と進道塾

川口拳治は元名護の三弟子のひとり

進道塾は同じ名護の弟子のひとりだった山本陸が名護の元を離れ設立した

進道塾を設立する際に同じく名護の弟子で破門された上杉均(当時中学生)を引き入れ山本陸は上杉と2人で進道塾を開いた。

三弟子の関係性は佐川父と川口拳治が佐川兄弟の幼少期に一度佐川の道場に面会に来ているシーンがある程度

その後、佐川雅夫は息子たちに殺害され、山本陸は田島彬に片目を潰され現在行方不明。

名護夕間も死亡したと田島彬の発言にある。

川口拳治のみがトーナメントのセコンドとして健在。

名護と山本陸の間には何かしらの確執があったと考えれるが、川口は名護の元を離れた後も名護の元に相談に行っていることから師弟関係は続いている様子。

すでに死亡しているが佐川雅夫も山本陸、名護夕間とは性格からしても良い関係だったとは考えにくい。川口とは会って話す程度の仲ではあった。

商売時代は夢斗がしきりに進道塾を挑発する理由が最強を名乗るのに逃げる進道塾にムカついているだけに見えたが、川口家と山本陸(進道塾)には因縁があるように思える。

同じ理由で夢斗は佐川兄弟とも因縁があるとも言える。

 

★文学と両者の関係性

金隆山

商売時代から言われるのは熊を一撃で倒した無一の金剛を金隆山で再現するのではないか説ですね。

文さんの腕が折れたので金隆山の腕が川口のミドルキックで折れれば条件が対等になり面白いですが・・。

 

川口

腕が折れた文学が戦いたくないと思っている

仮に金隆山の腕をミドルキックで折って勝ち上がれば文学にとってそれだけ脅威になる

川口も金隆山も文学とは因縁のような深い関係は特にはない

 

 

ザックリとですがこんな感じですかね。

次回の掲載は6/19の予定です。お間違えなく。

 

 

PS

喧嘩稼業の担当だった安友さんがヤンマガからモーニングに移られるようです。今までお疲れ様でした。

 

~この人~

ws000020

 

別巻の応募を1000部くらいと読んで、

結果的に1万部超の応募で講談社に100万円以上の送料を負担させたことがきっかけで左遷された?ww

 

もしくは木多先生が毎週連載していればこんなことにならずに済んだ説もあるようです。

安友さん、モーニングでも頑張ってください。

 

あと木多先生もそろそろアシスタント付けて掲載スピード上げてくれると感激です。

--スポンサーリンク--

“77話と金隆山VS川口について考察ポイントまとめ” への30件のフィードバック

  1. 上さん より:

    更新ありがとうございます!
    金隆山が勝ち上がって文さんが足での金剛を決める展開が一番綺麗ではありますね。
    ただ、文さんは運がけっこう悪いので勝って欲しくない川口が勝ちそうな気もします。
    これから楽しみですね。

    • 九兵衛 より:

      上さんさん
      コメントありがとうございます!
      たしかに蹴りの金剛決めそうですよね。
      川口が相手でも巨体に変わりないのでキックボクサーをキックで倒すのも良いですね!

  2. 網目寝具 より:

    更新お疲れ様です!
    どちらが上がってきても蹴り金剛がキーになりそうですよね。
    金隆山が負けるイメージがわかない…

    しかし読み返してみると「目突き」「金的」アリの戦いが明記されている以上、あのマワシは不可解ですな。阿南のマスクは変更したんだし。という訳で、作者が気付き早めに金隆山が負けるのではないかと勝手に予想w

    • 九兵衛 より:

      網目寝具さん
      コメントありがとうございます!
      蹴り金剛を櫻井戦で見せなかったのも次で決めるためっぽいですよね。

      金隆山のまわしはみなさん気になっているみたいですね(笑)

  3. カブト勝って より:

    更新お疲れ様です!

    川口は文さんが足金剛を決めるための条件をつくる役割(金隆山の片目や腕を負傷させる等)とも思いますが、同時に「金隆山強し」「こんなのにどうやって勝つんだ?」と多数の方に思わせるかませ役でもある気がします。

    そして、アンダーグランドの人たちが見ている前で櫻井を破ったことで注目を浴びた文さんが、金隆山を足金剛一撃で倒して評価を盤石なものとし、「世界編にもぜひ欲しい」と言われて、これによりタンから田島に「文学が優勝して対戦することになっても壊すな」と伝わる…そんな流れをチラと考えました。

    最新刊でアンダーグランドの介入が明かされ、上さん里見の襲撃計画も提示された今、物語はトーナメント戦で奇麗な区切りとはならず、様々な因縁や決着は世界戦まで持ち越し、みたいな方向にも動き始めてないでしょうか…。
    (当初は工藤と決着をつけて目標を失った十兵衛が、田島に殺された文さんの敵討ちのために世界戦に出場する流れかと思っていました)

    • 九兵衛 より:

      カブト勝ってさん
      コメントありがとうございます!
      金隆山も川口も結局は文さんに負ける噛ませ役なのは仕方ないところですね^^;

      世界編までのシナリオで見ると現時点で評価されてない文さんと十兵衛をどう絡ませるかポイントですねー

  4. バトル裁縫部 より:

    現時点では金隆山の方が引き出しが多そうに感じますが、ストーリー展開はやや川口よりなので、二転三転しそうで楽しみですね。

    ところで、以前他の記事のコメントでも指摘されてましたが、九兵衛さんは川口のミドルキックを禁じ手と誤って認識されてませんか?
    川口はミドルキックのみで勝ってるので、見せてないのはハイキックとローキックですよね?

    • 九兵衛 より:

      バトル裁縫部さん
      勘違いしてました!ご指摘ありがとうございます。次から気をつけますね!

  5. 土下座野郎Aチーム より:

    更新お疲れ様です。
    この試合、文学vs櫻井後の箸休め程度に思っていたのですが、最近は楽しみで楽しみで仕方ありません(^-^)

    それで試合展開なのですが、金隆山が予め陰側の技の様なものを用意している、のは無いのかな、と。
    まわし姿で臨んで入る以上、あくまでも力士として、相撲の技のみを使用するのかな、と。
    勿論、自ら禁じ手としている相撲の技も含めて。

    試合自体は川口が優位に進める。
    (金隆山のフィジカルは確かに説得力が有りますが、夢斗+拳治の頭脳、経験値と考えると、優勢なのは川口サイドだと思います)

    鍵は、金隆山の本能、だと思います。
    日頃から横綱として、品格のある振る舞いを意識しているであろう、金隆山。
    その下に押さえつけつけられた、相反する欲求、破壊衝動。
    追い詰められた横綱が、立場を棄て、本能のままに、相手を気遣う事なくその力を解放(パンチにキック、目潰しも使うかも知れません)……。

    瀕死の川口、セコンドの拳治がタオルを投げようとするも、夢斗自身がそれを拒否。
    それは優しい夢斗が、ワガママを言わない夢斗が、初めて言ったワガママだった……。

    「親父、ありがとう」

    大会初の、死をもっての決着。

    自分で予想してて泣きそうになりました←馬鹿(^^)

    九兵衛さんもコメントしておられましたが、この大会で一番楽しみになって来たかも……。
    木多先生、恐るべし。
    三代川にも期待する日がくるのか?(いつの事になるのか……)

    PS.川口にとって、カットは禁じ手のひとつだったので
    すかね?
    今となってはどうでもいいことですが。

    • 九兵衛 より:

      土下座野郎Aチームさん
      コメントありがとうございます!

      結局どの試合も始まっちゃえば楽しめると思いますね。
      個人的には反町の試合とか一番興味ないですけど、実際に連載がそこまで進めばやっぱり楽しみになると思いますし^^;

      予想もありがとうございます。

      カットはどうですかね。キックボクシングは団体によりルールが結構違うのでそもそもそもカット狙い(肘打ち)は禁止のルールも多いと思います。

  6. おでん より:

    ひさびさの解説いいっすね〜。
    今回の対戦はどちらが勝つにしても五体満足では終われなさそうですね。
    金隆山がいくら人外の強さといっても川口だって名護の弟子の息子でもあるし、何もできずに負けるとは到底思えないですし、
    金隆山がいつ禁じ手を解禁するのか、色々と見所がありますね。

    あと、御殿手ですが、実在の御殿手も長男のみの一子相伝らしいですが、戦争の影響で長男に伝えることができずに別の方に伝わっていた事があるらしいので、名護のエピソードにはその辺を絡めてきたりするかも知れないですね。

    • 九兵衛 より:

      おでんさん
      コメントありがとうございます!

      禁じ手解禁と相撲技の解禁でダブルの楽しみ方ができるようになりましたね!

      御殿手の情報ありがとうございます!

      そうなんですね。とすると、櫻井父のエピソードもどこかで出てきそうですね。

  7. 櫻井 より:

    お疲れ様です。

    金隆山の唯一の弱点はやはりタオル投入だと思います。
    国民的英雄であり致命傷が許されない立場なので。
    最も残酷な結末は、勝ち上がって文さん戦、
    タオルが間に合わず失明等での再起不能です。

    一方、川口の打撃はウルトラヘビー級の金隆山には
    意外に効かなそうです。勝機は名護流の殺し関節技を持っているかどうか。

    現時点での予想は、
    川口の関節技が不十分
    →金隆山がコーナーに押し込み喉輪で締め上げ
    強烈な張り手でKO
    →フィジカル強者として「技」強者の文さん戦に・・・

    文さんには、川口より金隆山と戦ってほしいのです。

    • 九兵衛 より:

      櫻井さん
      コメントありがとうございます!

      タオル投入も負けになるのでどっかで使いそうですよね。

      確かに川口の打撃がどこまで効くのかも楽しみなところですね!

  8. まだかまだか より:

    九兵衛さま。

    一回戦第四試合始まりましたね。 自分の頭の整理のためにこのブロックの状況をおさらいします。
    ① 金隆山・川口夢斗戦の勝者vs文学(二回戦第二試合)
    ② 工藤vs十兵衛(二回戦第一試合)
    ③ ①の勝者vs②の勝者(三回戦第一試合:準決勝)
    ④ ③の勝者vs逆ブロック勝者(決勝)
    ※⑤田島vs陰陽大会優勝者
    …..……..……..……..……..……..……..……..……..……..
    以下は勝手な妄想です。
    ・⑤はこの時間軸のまま描くのだろうか(∵ 執筆速度、15人の敗者のエピと、世界編への布石等々。)
    ・④は田島怨恨者が進む。十兵衛・文学(主人公)を含む。消耗戦なので勝敗と実力は一致せずとも。このあたりから田島過去回想エピ欲しい。
    ・②『喧嘩商売』の決着はここで良いのではないか。梶原板垣組の支援もあり、工藤が技への興味を示し、十兵衛・工藤は次のフェーズへ。
    ・③は②からすると、十兵衛vs◯◯の可能性が大きい。文学の場合、同門師弟対決敗退は左腕故障と①のダメージで強弱優劣は免責される。金隆山、川口夢斗はエピの追加が必要か。
    ①は④③②から推察される、つまり今回の一回戦第四試合は、文学の相手として相応しいものが勝者となる。相応しいとは、次に文学に倒されるに相応しいと同じく文学を倒して十兵衛と対戦するに相応しい勝者である。

    ・・・・・・・かなぁ。ここまで。

    • まだかまだか より:

      すみません。最後の方は④に十兵衛が進む場合のモノです。一応、文学勝ち進みも考えましたが、想像力が追いつきません。(^-^;

      • 九兵衛 より:

        まだかまだかさん
        いつもありがとうございます!

        先のことまで想像しだすときりがない状況になってきましたね!笑

        とりあえずは田島戦まではテンポよく長期休載なく続けて欲しいです!

  9. より:

    稼業では、ワンポイントしか出てこない存在の名護の影響が偉大ですね。
    話と関係ありませんが、当方地元沖縄の街を歩いていたら、今までは風景のように見ていた空手道場に「御殿手」の文字が❗ ちょっとテンション上がった瞬間でした。

    • 九兵衛 より:

      燃さん
      なんと!御殿手は沖縄では普通に一般で教えているんですかね。それとも後継者の道場なんですかね。。。

  10. ほね より:

    ・九兵衛さん、更新お疲れ様です。やすともさん、お疲れ様です。ほねです。
    ・額がぱっくり切れたけど全く血が出ていないのは、アドレナリンが出まくって止血してるのでは?刃牙のオリバみたいに。超人体質のさらなる強みとか。相撲やプロレスはしょっちゅう額が切れるけど、アロンアルファを流し込んで無理やり止血するらしいですね。この程度では怪我に入らないのかも。
    ・なんか最近、金隆山が勝つ気がしてきました。相撲をかませにしない発言があるので、もしかしたら文さんも倒して準決勝で十兵衛と当たるか?勝ったとしても、どれだけ負傷して勝ち上がるんでしょうかね。工藤→左目失明、屍で重症、その他打撲。十兵衛→殴られまくるが目立った外傷なし。文さん→左手骨折。その他打撲。金隆山も川口のローを喰らって片足骨折とか。この大会って決勝になったらボロボロじゃねえか?何回戦で死者が出るんでしょうかね。金隆山と川口は死なんといて欲しい。
    名護パパ発言はそういう意味も含まれてたんですね。別巻読んでないとわかんない情報いっぱいだな。

    • 九兵衛 より:

      ほねさん
      コメントありがとうございます!

      なるほど。額のカットはヒトコマのみなのでまだちょっと分かりませんよね。

      金隆山が勝ちそうな雰囲気はありますね。2回戦以降はどこまでダメージ加味するのかも注目ですね!

  11. うぐいす より:

    更新お疲れ様です。
    勝敗の行方も気になりますが、十兵衛の紙袋も気になりますね。デストーフル云々のとき、何か考えているような素振りだったので、薬か何かをパクったのでしょうか。
    魔人薬を手に入れるべく動く十兵衛も試合の裏で描かれるのでは。
    徳夫、櫻井に接触して何か行動起こしそうな気するんですよね。徳夫から煉獄脱出法を聞き出す→柴原に煉獄脱出法と引き換えに魔人薬を渡すよう頼む、とか?
    ないか…

    名護の言葉に、拳治はずいぶん救われたんじゃないでしょうか。時系列的に佐川父に『子供のいないおまえに何がわかる』って言われたより後の話ですよね?あれ、前?

    • 九兵衛 より:

      うぐいすさん
      コメントありがとうございます!

      紙袋は中身があったのではなく何か持ってくる用だったんでしょうかね。
      何らかの薬品を盗む可能性は確かにありそうですね。

      櫻井はすでに会場を後にしているので十兵衛との接触はなさそうですね。
      徳夫もタンと接触後に大きな病院に移動しちゃったぽいのでもう会場にいなそうですね。

      名護の今回のエピソードは時系列的には佐川父との話の後だと思います。

      ちなみにですが、佐川兄弟のほうが夢斗よりも5歳ほど年上のはずです。(佐川兄弟は年子)

  12. やすべー より:

    更新お疲れ様です。

    自分では今後の試合展開は全く予想できないw
    ただただ掲載を待つばかり、、、
    パブロの犬の様に、毎週月曜日になるとヨダレが出ますw

    金隆山の額が切れたとこの話ですが、切れた場所にもよると思いますが、鋭利な物で切れた場合、出血してくるまで少し時間がかかるような気がするのですが、、、
    なので、スパッと切れた感じを出すために血を書いてないのでは?

    と、木多先生、休み過ぎだから、アシスタントも集まらないw自業自得ですよね(^^;

    • 九兵衛 より:

      やすべーさん
      コメントありがとうございます!
      毎週月曜日が待ち遠しいですね。自分が思うのはこれで毎週掲載だったら最強なんですが・・。

      金隆山の額のカットは結構意見が分かれましたね。どうなるのか次回が楽しみですね。

  13. 悪徳スチュワーデス より:

    試合を順調に進めてほしいですし、結果が気になりますが、木多先生が食い付きそうな小○恵介の淫行ネタをいつねじ込んでくるのか…

    • 九兵衛 より:

      悪徳スチュワーデスさん
      栃木のプリンス事件もありましたし、最近は条例違反者ネタが多いですよね^^;

      それこそ別巻で見たいですけどねw

  14. 入江数学 より:

    更新ありがとうございます。

    大胆予想になりますが、
    川口夢斗の奥の手は、禁じ手(ミドルキック、ハイキック)ではなく、“唐手”と予想します。

    名護夕間を“先生”と呼び、
    大人相手に「キックボクシングで勝ちたいの」ということから、“唐手なら大人相手に勝てる”というのを逆読み。
    つまり、もし川口夢斗が唐手を使うとしたら、
    名護夕間、本当の最後の弟子は、川口夢斗だということなります。
    川口夢斗が、“足先蹴り”をやったら、熊(金隆山)でも倒れるのではないでしょうか。

    別巻を読んでから、個人的に名護夕間ファンになりました。
    ですが、名護夕間の唐手が、櫻井にしか継承されておらず。
    名護唐手の使い手がゼロ状態に見受けられます。
    (名護と山本陸の間で、外伝的なストーリーがあるんでしょうか?)

    ですので、希望も兼ねて、“唐手”が奥の手と予想しました~。

    月刊喧嘩稼業は、本当に次が待ち遠しいですね。

  15. 格闘漫画ラブ より:

    毎度、更新ありがとうございます。

    金剛は腕、脚だけでなく頭は無理ですかね~。

    金隆山が勝った場合、文さんが『横綱なら受け止めて見ろ』的にあえて受けさせて、頭突き版の金剛で瞬殺なんていかがでしょうか。

  16. ダイ より:

    はじめまして。
    相撲って、打撃技が張り手しかなく、拳足の技がないから離れて戦う川口が有利…と思わせて、古代相撲には足技が存在した…とかで、蹴り技の応酬からインファイトに持ち込み、相撲技で金隆山が一本取る。
    川口が先にローハイキックを解禁、金隆山も張り手を解禁して撃ち合い。
    金隆山の筋肉の前には打撃技は一切無効とかチートが発動、川口打つ手なしと思わせてから、琉球唐手の技で状況を打破する。
    最後は相撲の禁じ手を解禁して金隆山が勝つけど、引き換えに片腕か目かを奪う。
    と予想しました。

コメントを残す

このページの先頭へ