どうも、管理人の九兵衛です。

今週ヤンマガ33号に掲載予定だった喧嘩稼業がお休になってしまいました。

再開は今週土曜日(7/18)発売のヤンマガ34号からの予定です。

来週は月曜祝日なので土曜発売になるのでお間違えなく!

 

さて、今週もたいしたネタもないので

工藤VS梶原を今見返してみて

アレは一体何だったんだという場面や

少し気になった場面などをピックアップしてみました。

 

 

道着を脱いだ梶原

WS000000

 

試合前から伏線っぽかった梶原の道着・・。

結局試合開始からすぐに放った卜辻後に脱ぎ捨てました。

あれは一体何っだったんだ・・。

もしかしたら、道着に実は屍の解毒剤が入っているという可能性もあるか・・。

 

 

工藤左眼失明

WS000001

 

これは試合中に梶原自身も発言していましたが

工藤は左眼を無駄に失った感はありますね。

あえて左眼を失明させる意味はあったのでしょうか?

怪物覚醒の引き金としても、もう少しクリリンの事か的な事件が欲しかったですねw

 

 

ちょくちょく梶原を意識する発言をする十兵衛

WS000002

 

ところどころに十兵衛が梶原を意識しているような描写がありました。

梶原勝利の伏線にも、死亡フラグにも読めましたが結局大した意味はなく・・。

そして結局工藤勝利でニンマリな十兵衛ちゃんなのでした。

 

 

左右対称にしてやるよ

WS000003

 

工藤の意味深な発言でしたが結局これもブラフw

連載時にはこの言葉通りに梶原が右手も持っていかれると思っていましたが・・。

 

 

この試合俺がもっとも好きな展開になりそうだ

WS000004

 

お互い殺す殺す言っていて結局は殺せず・・。

工藤もやられるだけやられて最後も微妙な決め方でした。

田島の『最も好む展開』というのは単なる逆転試合のことなんでしょうかね?

この発言にも大した意味はないのかもしれないですが。。。

それにしても最強のポジションの田島の影がいくらなんでも薄すぎる( ´Д`)

 

 

雷をやたらと警戒する工藤

WS000005

 

失神しても即目覚めのできるチート野郎がいくらなんでもビビリすぎな件w

さすがの工藤も電撃を喰らえば即死なんですかね・・・。

 

 

針が刺さっているハズなのにチクリともしない工藤

WS000006

 

工藤の元々の設定は無痛無汗症だったそうですが

結局許可がでなくて現在の工藤の設定は
脳内麻薬で怪力を出したり痛みを誤魔化せたりという力。

 

無痛無汗症なら針刺さっても痛みを感じないでしょうけど

今の工藤の設定の場合は痛み自体は感じるハズなんですけどね。

特に針のように一瞬「チクッ」とくる痛みに対しては人並みなハズ・・。

設定間違ってんじゃねーよ!マジ者がぁ!(笑)

 

 

トドメを刺さないアホすぎる梶原

WS000007

 

今まで上げてきたポイントはあら探し的な部分もあるので

ネタで無理やり上げただけで本音で言えばまったく気にしてないんですけど

やはり梶原が倒れた工藤にトドメを刺さなかった説明は入れて欲しかった。

 

①梶原は金剛に絶対の自信とプライドがありトドメを刺さなかった。
②朦朧とする意識の中で梶原は勝負が決まったと判断してしまった。

この程度の一文は欲しかったところですね。

 

 

屍を見つけたときの合図を決めておこう

WS000008

 

これはまだ今後も屍が活躍する可能性も高いので何とも言えないですが

大会が終わってから読み返してみると『文学のあの発言はなんだったんだ・・。』となる可能性ありです^^;

 

 

まとめ

ということでネタもなく今週も休載だったので

昨日、工藤VS梶原をすべて通して読み返して見て少し気になったところを紹介してみました。

 

漫画なんで細かいこと言い出したらキリないですからあまりごちゃごちゃ言いたくないですが、、、

読み返してみたら意外と考えさせられただけな場面は多かったですね。

 

個人的にこの試合で燃えたポイントベスト3は・・

 

1位:工藤が卜辻をパクって反撃
2位:梶原の金剛10000連発
3位:屍発動の場面

 

ですね。

 

個人的には、終盤よりも工藤が反撃しだしたところ辺りまでが一番熱かったです。

来週は掲載予定です。そしてヤンマガ発売日が土曜なので実質発売は今週なのでお間違えなく!

次号から十兵衛VS徳夫の開戦に期待です♪

 

後にも先にも

「どんな道をたどろうとお前は必ず始めるよ。喧嘩商売を」

以上にアレは何だったんだいう発言はないでしょうねw

---スポンサーリンク---