--スポンサーリンク--

一回戦も残り5試合!アナタの注目カードは?


陰陽トーナメントも一回戦全8試合中3試合が終了しました。

第四試合以降は主人公とはあまり深い関係のないキャラ同士の戦いになるため、これまで以上に勝敗がどうなるか予想できません^^;

 

アナタが一番注目する対戦カードに1票お願いします(^^)/

 

投票期日は4/30までです!

 

もちろん全部楽しみですが、、、
個人的には第六試合の関VS睦夫に1票ですね(^^)

お気軽に投票お願いします(__)

--スポンサーリンク--

“一回戦も残り5試合!アナタの注目カードは?” への18件のフィードバック

  1. 悪徳スチュワーデス より:

    里見VSカブトに投票致しました、宮平保氏という中国武術の達人がいらっしゃいますが、空手から中国武術に移った経歴や佇まいなど、もしかすると里見のモデルになっている部分もあるのでは。

    • 九兵衛 より:

      悪徳スチュワーデスさん
      投票ありがとうございます!

      なるほど。里見のモデルになっているかもしれませんね。元ネタは結構あるキャラ多いようですね^^;

    • まーくん より:

      宮平保がモデルかと私も思いました。初めて中国拳法家で強いやんヤバイやんて思った人物です。里見と違って宮平氏は腰が低いですが、若い頃の映像はたたずまいが似てる気がします。

  2. 二毛作 より:

    あくまでまた勝手な予想ですけど、1回戦までは

    陰陽トーナメント内で消化されるけど、2回戦か

    らは何らかの問題が起きて、少し時間をおいて

    (連載期間ではなく物語の中での時間)別の大会

    で2回戦から行われるのではないかと考えるよう

    になりました。デメリットもあるのでしょうが、

    やはりお互いベストの状態での戦いが見たいです

    ね。個人的にはw例の世界戦が先に来てその勝者

    が合流なんてのもあるのかも?うーん考え過ぎか

    でも、今の状態の文さんが次勝っても、その次の

    十兵衛か工藤に勝てる気があんま見えないんですよね

  3. 二毛作 より:

    追記:すみません、肝心な話題が抜けていました
    上杉vs芝原に1票入れました!

    • 九兵衛 より:

      二毛作さん
      投票ありがとうございます!

      確かに一回戦のダメージも含めて仕切り直しするのもいいかと思いますね。

      ただ事前にワンデーと決まっていたことだし、さすがにダメージ面なんかは事前に計算されているはずなので・・。

      やはり代打登場やリタイアもあるのかなど気になりますね。

      十兵衛が工藤に勝ったあとは抜ける可能性高いですし、山本陸が参戦してくる可能性もあると思いますね。

      そーなるとワンデー廃止路線は薄くなってきますね。。。

  4. まだかまだか より:

    九兵衛さま

    アンケ内容を再コメントするのは不本意ですが、里見訪問エピからの熱が治らず。。
    当初は、擬似塩田剛三対芦原英幸、合気道VSフルコン空手的図式の木田先生解釈への興味でしたが、上杉が名護夕間の弟子(別巻効果)である事が明かされ、掘り下げ回の増加にもかかわらず芝原本人の実戦エピがまだ登場しておらず、現在は稼業商売物語全体の奥行きとして勝敗抜きにこの二人の試合に期待しています。

  5. まだかまだか より:

    正 木多先生
    誤 木田 ← 本当にすみません

    • 九兵衛 より:

      まだかまだかさん
      いつもありがとうございます!

      確かに元々のテーマから本編での扱いなども含まると意味合いが変わってきますよね。

      おっしゃる通り、名護のエピソードでさらに大きくなっている空手最強路線から上杉をどう動かすのか、未だ実力の見えない芝原の合気道をどう扱うのかも見どころですね。

  6. のぶりん より:

    ナイス企画ありがとうございます^ – ^

    九兵衛さんも書いてましたが主人公側との絡みがなくなったこれからの試合は正直全て楽しみです!
    本筋のしがらみから解放されて補正やご都合が少なくなるでしょうから木多先生の本領発揮を見れると期待しています(*´꒳`*)

    あと、この漫画は理屈や説明が好きな割に登場人物のバックボーンとなっている格闘技の深掘りが少ないんですよね。
    日拳ボクシング柔道なんてネタの宝庫なはずなのに大して拡げなかったですから。

    その分陽側メインの今後はリング上でのバトル中心になりそうですからそれぞれの格闘技の強みを表現してくれる事を期待しています!

    合気道、意拳(玉拳)、高専柔道、プロレス、少林寺など木多先生がどう描いてくれるのか楽しみな格闘技が目白押しです^ – ^

    因みに自分が投票したのは三代川戦ですが笑
    理由は三代川が一番他キャラとの絡みも個人エピソードも少なく稼業では珍しい捨てキャラ臭が強い点とカブトと並ぶいい人キャラだから!
    普通に考えれば王道好きなこの漫画だと反町カブト戦が実現しそうなのでそれを是非裏切って欲しいところです。
    ただ、三代川の強さの拠り所が多重人格というのが限り無くかませっぽくて絶対決勝に進まなそうなんですよねー^_^;

    • 九兵衛 より:

      のぶりんさん
      コメントありがとうございます!

      トーナメントが楽しみなのは本当にこれからですよね!
      確かに格闘技自体の掘り下げは少なかったように思えますが、多分ですがそのへんは今後も少ないような気がします。

      というのも木多先生は基本的に同じ作品は作らないってスタイルは絶対の考えのはずなので、今まで散々こすられまくっている格闘技の話とかは極力したくないんだと思います。

      合気道、高専柔道、少林寺拳法あたりは他の漫画でもそこまでこすられていない部分なのでガッツリいくかもですが、やはり基本は今までのような人物描写ありきの作風に仕上げるのではないでしょうかね。

      純粋な競技バトルにしないでファンタジー要素やスポーツマンらしからぬ言動などが面白いわけで、例えば関なら柔道技で睦夫には勝てないと悟り、柔道では明らかな反則になる技をやるって展開に期待してしまいますよね。

      三代川に関しては本当に読めませんよね。噛ませ犬としか思えない立ち位置なんですが、、、逆に怪しすぎる。。。が、それもこれまでの展開からただの噛ませの可能性が高くなった。。。

      石橋が十兵衛の本心を読めなくなったのと同様に、我々読者も木多先生の意図がまったく読めなくなっているんですよね( ´Д`)

      三代川の反町瞬殺は自分は最初に考えていたシナリオでしたが、今までの結果を見て考えを変えたわけですが、これはすでに木多先生に思考操作されているのかもしれませんね^^;

      • のぶりん より:

        九兵衛さん

        格闘技の掘り下げをあまりしないのはこれまでの描き方を見る限り今後もありそうですよねー。
        木多先生が格闘技を掘り下げるのがあまり好きじゃない(得意じゃない?)から敢えてそこは省き割り切って自分の土俵で勝負するのかなとも思いました!

        ただ、時折見せるこの漫画の技の掘り下げや解釈が大好きなのでちと期待してしまいます^_^;

        一応最強の格闘技云々の有名無実な看板を掲げてせっかく様々な格闘技のトップを揃えてますから笑

        仰る通り競技では見せない各格闘技の禁じ手となるような真の強さというか奥深さを見せてくれたら胸熱です!

  7. 櫻井 より:

    もしも残り5試合で興行を組むとしたら

    第一試合 反町対三代川
    第二試合 芝原対上杉
    第三試合 カブト対里見
    第四試合 関対睦夫
    メインイベント 金隆山対川口

    しかし期待してるカードは
    現段階では、関対睦夫 です。

    睦夫はこれまで一番目立っているキャラだから
    やはり気になります!

  8. ほね より:

    更新お疲れ様です。ほねです。
    川口対金隆山が今んとこ一番期待大ですね。結果見ると上杉対芝原をみなさん期待しているようですね。この対決を妄想すると独歩対渋川を連想させますね。皆さんもあれを想像してんのかな?ちなみに私は独歩ちゃんが勝つと思ってたら渋川先生が勝ってしまって驚いた派です。木多さんはバキ好きなようですし、あの試合を意識していることは間違いないと思います。
    関係ないですけど、アリが何らかの形でトーナメントにかかわってほしいんですよね。誰でもいいからアリと戦ってほしい。

    • 九兵衛 より:

      ほねさん
      コメントありがとうございます!

      上杉と芝原の戦いは楽しみですよね。刃牙のアンチテーゼになることを期待はしていますが、ストーリー的にはやはり上杉が若干有利なのかと思いますね。

      アリの参戦はどうでしょうかね。櫻井を尊敬していたので世界編でまた櫻井と絡むかとは思います。

    • まだかまだか より:

      ほねさま 久兵衛さま

      ほねさんお久しぶりです。 自分は渋川独歩なら芝原陸を連想しますねー。 上杉が陸の下位互換かは、殺された実弟より名護夕間時代の弟弟子を取った実力の掘り下げエピ次第かな。それよりか、橋口擁護の破邪の拳や早とちり陸兄貴敵討ちの無一への煉獄、大人の対応ではない所に喧嘩商売稼業のタイトルを体現するキャラだと思います。芝原は合気道代表というより、陸世代代表かつ富田流・梶原剛流の親子の野試合に価値観が近い人間代表と描かれているように思えます。あんまりバキしてないというか。オニギリ持参ヤクザ襲撃師弟側の人間というかw なので、この試合は異種格闘技漫画やバキの呪縛から既に放たれているように感じ、陸・無一と並ぶ田島の標的が過去にそれに値するどんな稼業商売的物語があったのか、新道塾元兄弟子の喧嘩王は名護夕間を関して田島とどう繋がるのかの方に妄想が行っちゃいます。(^^;)
      陰陽試合での攻防展開で期待するのは関睦夫、川口金隆山は本物が居るとして一番見たい異種格闘技戦です。アリが戦う時は、まず格闘技スタイルの出自を明らかにしてから、櫻井きっかけとして田島の空白の過去を語る時期まで待たなければならないような気がします。そうなるとアングラ方面も絡むのでまだ先かもしれませんね。(^_^)

  9. 佐倉絢 より:

    石橋みたいな変なのが好きなので、反町の試合が見たいですw

  10. つまぶきくん より:

    はじめまして!
    この漫画が好きで前から拝見していました!
    個人的には三代川とカブトには頑張ってほしいです!
    上杉もいい人なだけに心配ですが応援したいと思います!

    ワンデーに山本陸ありそうですね!
    不意打ちで目をつかれた過去から皆が弱ったところに不意に来るような展開に期待したいです!

九兵衛 にコメントする

このページの先頭へ