管理人の九兵衛です。

今週も喧嘩稼業が休載なので久々に掲載回以外の記事をアップしようと思います^^

 

喧嘩稼業の掲載のないヤンマガ発売日に
当ブログで記事にして欲しいネタなどありましたらお気軽にコメントなどもらえると嬉しいです。

できれば喧嘩稼業か関連の内容(別漫画や格闘技など)のほうが良いですが、気になるネタなどあれば検討させて頂きます。

 

今週は目前に迫った第五試合のポイントをまとめました。

陰陽トーナメント第五試合「上杉均VS芝原剛盛」

上杉均 

人物メモ

空手を中学生のときに始める。当時の師匠は名護夕間。

ヤクザに絡まれ空手の技で相手を殺害してしまい中学生だったのと

相手の素性もあり逮捕などはされなかったが名護夕間からは破門された。

 

破門してすぐに同じ名護の弟子だった山本陸とともに進道塾を立ち上げる。

(上杉が殺害してしまったヤクザは実は山本陸の弟で陸とも仲が良かった)

 

フルコンタクト空手進道塾を開いた後は山本陸と共に二大王となった。

喧嘩王として上杉は空手の世界では有名となった。

正義感が強く、熱血な上杉に憧れて多くの者がついてきた。

 

トーナメント開催よりも10年ほど昔、当時は山本陸が最強の格闘家としてメディアで取扱われていた。

最強の山本陸に勝てる可能性のある相手として富田流の「入江無一」の名前が上げられた。

入江と山本陸の試合が正式に決まってしばらくした後、山本陸が何者かに襲われ片目を失う。

上杉は山本陸を襲ったのが入江無一だと勘違いし、入江宅へ乗り込む。

その際にタイマン勝負以外での使用を禁止されていた進道塾の秘技「煉獄」を無一の息子文学が見る前で使用してしまう。

上杉は結局、無一の金剛で倒され、煉獄を人前で使用したことにより進道塾も破門された。

 

約10年の歳月が流れ、最強を決めるトーナメントが開催されることになる。

このトーナメントでは各競技のトップたちが流派や競技を背負い出場する。

進道塾も今回ばかりは出場するしかなくなった。

しかも主催は山本陸の片目を潰した真犯人の田島彬で、トーナメントで優勝すれば田島と戦うことになる。

 

田島に襲われた後に姿を消した山本陸に変わり長男の海が進道塾の二代目となったが、

海からは人が離れていき進道塾は分裂していた。

10年の歳月を経て、二代目山本海から上杉均の破門が解かれた。

進道塾最強の男山本陸と肩を並べ2強と呼ばれた男が進道塾の看板を背負って最強の格闘技を決めるトーナメントに出場する。

上杉均に関する伏線

・芝原との試合後に田島を襲撃することになっている

・十兵衛が「上杉と板垣組をぶつけれる」と言っており、山本陸の弟関連で板垣組とは現在も問題がある模様

注目ポイント

・完璧の形で打てる煉獄と未完成の煉獄との違い

---スポンサーリンク---

芝原剛盛

人物メモ
合気道の達人で伝説的な格闘家

かつて田島彬が国内の3強として「山本陸・入江無一・芝原剛盛」の3名の名前を上げた

入江無一と梶原隼人の真剣勝負の立会人も努めた

 

10年前に田島は山本陸を襲撃し、入江無一を実質死に追い込み、その後すぐに芝原との闘いを直訴しに自宅にも行っている

そのときは芝原が逃げる形で田島の襲撃は失敗に終わった

 

10年の歳月が流れ、芝原は末期がんだと宣告された

芝原の余命は残すところ半年、余命宣告され、生きたいと強く願うと同時にかつて田島彬から逃亡したことを後悔した。

 

そんな中、陰陽トーナメントの出場依頼のため再び田島彬が芝原の自宅を訪れる

トーナメントを優勝し、最強を証明し、最強のまま田島彬と共に死ぬことを決意した

芝原の医師として金田にドーピング薬を提供していた後藤ドクターも同行している。

末期がんで余命残りわずかな状態で年老いているが、伝説の格闘家である芝原が最後の戦いに挑む。

芝原に関する伏線

芝原が優勝した場合のみその場で田島と対戦

陰陽トーナメントの必勝法を用意しており十兵衛を引き込むニンジンを持っているという

後藤ドクターが芝原に用意しているであろうドーピング薬の効果

注目ポイント

ドーピングで強化されるであろう技

実戦での合気道をどう表現するのか

「陰と陽」を使い分ける戦術

この試合のアンケート結果

喧嘩商売の個別エピソードが100円以下で買えます


喧嘩商売 最強十六闘士セレクション(5) (ヤングマガジンコミックス)

まとめ

最初は上杉が圧勝すると思ってましたが、作中の人物も上杉が圧勝と思っている感じなので、ちょっと分からなくなってきましたね。

刃牙の地下トーナメントでは合気道が経験の差で勝利しましたが、、、喧嘩稼業ではどう表現されるのか楽しみですね。

 

伏線的には芝原のほうがやや多くて十兵衛との絡みもあるので、敗けた後の動きが気になるのも芝原の方ですかね。

芝原はどのみち余命が短いので試合や場外戦で死亡するような展開にはならないような気がしますが・・

第四試合の後なので力を越えるテクニックというのも見たいですね。

 

どっちが勝つか見えなくなってきましたが、個人的にはやっぱり上杉が勝つのかなーって思ってます。

3年ほど前にブログ開設当初にも予想しています。

陰陽トーナメント一回戦第五試合の予想

このときは上杉の圧勝だと思いましたが、瞬殺されると思った梶原も見せ場ありましたし、同じく瞬殺されると思った関もここへきて持ち上げられまくってますからね。

 

個人的には梶原、関、芝原の3人はネタキャラのように捉えていましたが、結局トーナメント選手は全員大事に扱いそうですね。

今の話の流れだと里見や三代川あたりが噛ませ犬臭を出してますね。

いい加減に三代川の追加の話が見たいです^^;

---スポンサーリンク---